ホーム>Ai設計室ブログ

京都市美術館|設計者:前田健二郎

先日訪れた、京都市美術館について調べてみました

201612601721.jpg

【京都市美術館】

京都市京都府の岡崎公園にある美術館で、すぐ前に「平安神宮」があります。

201612921956.jpg

20161277161.jpg

1933年(昭和8年)開館。1928年(昭和3年)に京都で行われた昭和天皇即位の礼を記念して計画が始まったため、当初は大礼記念京都美術館という名称だったそうです。

建築概要

  本館 別館
敷地面積 24,331m2
構造 鉄筋コンクリート2階建 鉄筋コンクリート一部鉄骨
建築面積 4,657m2 892m2
延床面積 9,349m2 1,967m2
陳列面積 5,039m2 916m2
展示室数 24室 2室
総壁面長 1,832m 372m

 

  収蔵庫 事務別棟 美術教室
建築面積 1,465m2 274m2

377m2

  ※ロームシアター京都の敷地内にあるため算定不能

 

内部の様子

内部は撮影禁止なので、入口の扉の写真を一枚。装飾が見事です。

20161292223.jpg

正面入口を入った所のイメージは、丁度、名古屋市役所の内部に似ていると思いました。

201612922237.jpg←名古屋市役所内部

トイレ入口ホール前の写真

天井の装飾が見事で、近くにあったソファに座って、しばらく見とれてしまいました。

201612922742.jpg

20161292299.jpg

201612922934.jpg

 

設計者は前田健二郎さんです

前田健二郎(まえだけんじろう) 

明治25年福島生まれ、昭和50年83歳で逝去

東京美術学校出身の建築家で、はじめは逓信省に勤務。戦前の数々のコンペに入選し「コンペの前健さん」の異名を取る。
戦後もモダニズムとは一線を画した作品を造る。紫綬褒章、日本芸術院賞、勲三等瑞宝章受賞

というすごい方です。

京都市美術館は「日本趣味を基調とすること」というコンセプトでコンペが行われ、一等をとった前田健二郎の設計図案を基に造られました。(京都市営繕課と共同)

岡田信一郎の教え子で、岡田の弟・捷五郎とコンビを組んで、 神戸市公会堂および早稲田大学大隈記念講堂のコンペでも1等入選を果たしています。(両方とも実施はされていないようです。)

【主な作品】
武州銀行浦和支店(1927、埼玉)、資生堂化粧品部・パーラー(1928、銀座)、資生堂本社(1929、銀座)、風雲堂本社(1931、東京)、日本生命台北支店(1933、台湾)、高島屋日本橋店(1933、東京)京都市美術館(1933、京都) 野依辰治邸(1934、東京)、共立講堂(1934、東京)( 実施されなかった大隈講堂コンペ案に手を加えたものらしい)、日興証券本社(1937、東京)、武州銀行川越支店(1938、埼玉) 川越市商工会議所、熱海富士屋ホテル(1951、静岡)、共立女子学園(1953)、共立講堂改修(1953)(火災後)、私学研修福祉会館(1958、東京)、自転車会館新館(1961、東京)、千疋屋(1961、銀座)、黒沢ビル(1963、銀座)、妙本寺釈迦堂(1964、鎌倉)、正則学院総合体育館(1965、東京)

当時の設計図です。

「京都市美術館」の掲示板へ貼られていた設計図書の一部です。現在、建物図面はそのほとんどをCADで描くことが多いのですが、昔の図面は手描きです。この図面から、当時の建物に対する熱意が伝わってきます。

201612923122.jpg

この図面を描くのは、きっと楽しかったに違いありません。

 

 

 

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

若冲の京都 KYOTOの若冲|京都市美術館|伊藤若冲 生誕300年

実は12/4で終わってしまったのですが、京都市美術館で「若冲展」が開催されていました。

ギリギリで観に行ってきました。

樹花鳥獣図屏風

まず、最初に目に飛び込んでくる絵が、こちらの大きな屏風です。(横にずらっと6枚x2並んでいます。)

全体的に細かいマス目が入っていて、そこに色を入れているという変わった描き方をしています。

西陣織の下絵でもあり設計図でもある「正絵(紋図)」はいわゆる「桝目描き」をするそうで、大きさも同じ1.2センチ四方であることから、そこからヒントを得たと言われています。近くで見ると薄い色の墨でびっしりマス目が描かれていて、そこに線を消さないように色が入っています。普通に描いた方が断然早いのに、気が遠くなるような作業です。

2016125223115.jpg

2016125224117.jpg

動物の楽園、楽しそうです。

花卉番鶏図(かきばんけいず)

先日安城で見た「雪中雄鶏図」とちょっと似てますね~。雄と雌の鶏だけでなく、よく見ると真ん中ほどにすずめもいたりします。

2016125225328.jpg

箒に雄鶏図

実際はもっと箒や尾っぽの色などは、ぼてっとした黒い色です。若冲は、墨絵の鶏図も多く残しています。鶏の尾っぽがとてもうまく描けていて、この箒と雄鶏のアングルも、よくこの方向から鶏の顔を描いたなあと感心する作品です。柔らかそうな羽の質感が伝わってきて、やっぱりすごいと思います。

2016125232038.tif

老松鸚鵡図(ろうしょうおうむず)

今回の展覧会のポスターにもなっている絵です。展示品の中でひときわ目を引いていました。きれいというより、「高貴」と感じる絵で(背景が金色だからかな?)、回りからため息が聞こえてきます。絵に凹凸感があるというか、鸚鵡の白い羽の質感がすごいなと思いました。松の木にとまる足がリアルで、枝のつかみ方の表現がすごいと思いました。

201612523352.jpg

百犬図

こちらも人気の絵です。80歳を過ぎた晩年に描かれた絵です。この絵の中に「86歳図」と描かれているが、若冲は85歳で没しているので、計算が合わない。歳が明けるごとに、だったか、数え方がちょっと違うようで86歳ということになっているらしいです。いろんなポーズがかわいらしい仔犬・・・かわいいポーズはとっているけど、全員眼の形が同じでこちらを向いているところが、ちょっとこわい。前に垂れている耳の形も全員一緒です。

若冲は、これだけワンチャンやら鶏やら沢山動物の絵を描いているのに、「猫」の絵はほとんどない。音声ガイドで、猫が雀だったか鶏だったかををつかまえて咥えているのを見たとかで、鶏好きの若冲としては、それが許せなかったらしい。

ちなみに「百犬図」ですが、実際は59頭しかいません。ぜひ数えてみてください。

20161260139.jpg

果蔬涅槃図(かそねはんず)

さすが青物問屋の主人だった、若冲。発想がすごいなあと思います。

大根がお釈迦様で、釈迦の入滅に嘆き悲しむ者を野菜や果物で描いています。

母の成仏と引き替えに家業の反映を願ったものだそうです。

20161260753.tif

花卉図

京都の石峰寺にある観音堂の天井画として描かれたものが、最後の方に展示されていました。数枚あったのですが、その中でもこのシャクヤクの花のふわっとした表現はとても見事で、本物よりもはかなげで、ちょっと消えてしまいそうな(色が薄くなってきているからかもしれませんが)、この世のものではないような、うわっ、さすが若冲、こういう表現もするんだ、と思わせる作品です。

間違えてスキャンしちゃいました。これはアジサイです。

201612601338.jpg

結構、並んでました

土日に比べれば、かなり空いていたみたいです。でも30分待ちで中へ入りました。実際、展示の数はちょっと少なめです。音声ガイドを聴きながらゆっくり回っても、割と早く出てこれます。酉年生まれの私としては、もっとカラーの「鶏」を見たかったな~。墨絵は多くあったんですがね・・「群鶏図」とかどこに行けば見られるんでしょう?

201612601721.jpg

京都市美術館

こちらの展示は12/4まででした。

 

 

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

 

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建て、リノベーションのお問い合わせはこちら

17年前のリノベーション|変わらず気に入って頂いています。

17年前、リノベーションを担当させて頂いたお客様の家へ、おじゃましました。

プランニングを担当した当初は、私が29歳~30歳くらいで、今回のご計画のメインである奥様は、最初お伺いした際は、めがねをきりっとかけておられてちょっと怖かったのですが、お話してみると、とても気さくでお茶目な方です。

ご結婚と同時にご新築されたお家のリフォームです。

ご新築後25年くらい経って、子育ても一段落したので元々1階にあった主寝室を2階へ移して、その主寝室をアトリエにされたいというご要望でした。

当初現地調査で、クロゼットから天井点検口を開けて、小屋裏を覗かせて頂いた記憶があります。

設計のポイント

東西に広いお土地で、南側はあまり距離がとれないということと、クロガネモチの木は残されたいというご要望から、部屋の中から見た時に、窓の一つ一つが額縁になるような設計にしてみました。元々の主寝室から、ちょっとだけアーチ状に増築するだけでも、随分と広がりが出ます。

私の拙い絵を、すぐに受け入れてくださったのを覚えています。(東南のアーチ状が増築部分)

201612222148.jpg

17年前のリノベーション直後の写真

【アーチ状に増築した部分】

天井部分の梁は、当初流行っていた発泡スチロールに木のような模様をつけたものか、木調のクロスと悩んで、最終的にクロスになりました。窓は、輸入木製サッシ、マーヴィン社の物で、枠の塗装をするのになかなか思うように色が入らなくて苦労しました。入口の外部ドアは、奥様のお兄様から頂いたものです。

増築したアーチの床は、本当にプランニング通り、テラコッタ風のタイルを斜め張りにしました。

アーチ上のカウンターの下の収納も、画材等を入れて頂いていて、このちょっとした収納が大活躍!

この収納の扉は、造作で造りました。

201612222829.jpg

 

【和室から、増築したウッドデッキを見る】

このウッドデッキは、和室~アトリエ~庭をつなぐ中間的な役割です。

2016122231216.jpg

 

【増築したウッドデッキを、外側から見る】

写真には写っていませんが、柱の上には、パーゴラ風の梁があって、アーチ状に増築したバルコニーの床へと繋がります。

このパーゴラがまた味があって、いいんですよね~

この玄関ドアは、奥様のお兄様から頂いたものです。

201612223134.jpg

 

【キッチンはキッチンセットを変えて、壁、天井、床を張り直しました】

キッチンは、白を基調に、床は深い少し緑がかったタイルです。入った正面へニッチをつけて、色々なものが飾れるようにしました。

2016122231333.jpg

現在も変わらない雰囲気です

【アーチ状増築部分】

現在も、変わらずステキにお使い頂いています。

201612223233.jpg

 

【洗面コーナー】

こちらは丁度、筆を洗う為の洗面コーナーです。「筆」ということ、コストを抑える、手作り風にする、という理由から、このシンクは小学校の理科教室用のものです。造作カウンターの上へ設置しました。

この頃私は、三角形の出窓をよくご提案していました。ちょっとした小物を置くスペースとして、また明かり取りとして、役立っています。

細身ながら設けた埋込の飾り棚も、木の塗装した物を使ったので、よく雰囲気になじんでいます。

アトリエの壁は、全体的に漆喰を塗りこんでいます。

201612223245.jpg

 

【リビングの暖炉

】リビングのコーナーへ、暖炉スペースを設けました。レンガは、当時流行った「レンガ風」のタイルでして、軽くて本物のようにみえます。この柱は、発泡スチロールに木の塗装をしたもので、当時とても流行りました。(最近、見かけないなあ・・)全然劣化もしてなくて、採用して良かったです。置いてある鋳物の暖炉は、奥様ご自身で探してこられたものです。

2016122232428.jpg

 

【アトリエの壁面は、漆喰】

アトリエの壁面の腰板は、当初から設計に入っていましたが、バッテンは、奥様のアイデアです。工事途中で追加になりました。バッテン、バッチグーです。漆喰の壁とよく合います。

2016122232534.jpg

 

【アトリエと和室~庭をつなぐウッドデッキ】

お兄様から頂いた輸入の外部ドアも、良い色になりました。

2016122235412.jpg

 

【和室からアトリエをみる】

和室の飾り棚、奥様の見立てがステキです。

2016122235521.jpg

 

【和室の床の間~ウッドデッキ】

元々あった床の間と、増築したウッドデッキとうまくなじんでくれています。

2016122235646.jpg

 

【お庭の様子】

こちらは、リノベーションの数年後、増設された壁泉です。

2016122235731.jpg

 

まとめ

長年住んだお家を、壊して建て替えてしまうのも一つですが、こんな風に手を加えながら一緒に歳を重ねていく、というのもまたステキな暮らし方だと思っています。

201612302332.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

 

Ai designroom 住所:〒466-0006 

愛知県名古屋市昭和区北山町3-12 電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建て住宅、リノベーションのお問い合わせはこちら

杭基礎の設計施工の要点と「基礎ぐい工事監理ガイドライン」の講習会|愛知建築士会

昨年おきた分譲マンションの杭工事データ偽装問題は、かなりショッキングな出来事でした。

建築士会で杭に関する講習会が行われるということで、参加してきました。

2016112913829.jpg

杭基礎の要求性能や施工監理、地盤調査の基本から杭の許容支持力の計算式、内容はかなり濃かったと思います。

DVD講習はテンポ良く進められていくので、ついていくのが大変。

 

今回の杭施工データ偽装事件の再発防止の為、国土交通省が対策委員会を設け、色々な取り決めをしました。施工記録に対するデータの取り方も、かなり綿密に、今後偽装が絶対おきないように、誰が何を確認するのか、誰が立ち会うのか、施工記録の即日報告(最悪翌朝)など、すごく細かく取り決められたようです。

「技術者倫理」

組織が問題を起こすとしたら、その責任は主として経営者にあり・・・(略)・・・しかし、技技術とそれによる製造物との関係をきちんと把握できるのは経営者ではなく技術者であることを忘れてはならない。技術が災害を引き起こすことを防止できるのは、やはり技術者なのである。

大臣認定を取得した杭メーカーの責任

例の杭施工データ偽装事件、最初は三井不動産レジデンシャルの名前が大きく報道されて私もガーンとショックでしたが、途中から、旭化成さんに名前が変わっていったのは、発注者と下請けの関係だからなのかと思っていたら、どうも、大臣認定の責任施工で、杭メーカーに限定されていた為らしい。なるほど~、そういうことだったのか!

201611292322.jpg

工事監理と施工管理

建築士法に基づいて工事監理者が行う業務が「工事監理」ですが、「施工管理」と混同されることがよくあります。

施工上の品質管理などは「工事監理」ではないんですが、この辺りの建築主さんへの説明は、難しい・・

2016112921523.jpg

今後は何か分かりやすく表を作成して、1時間くらい説明した方がいいんじゃないかとさえ、思ってしまう。でも、あんまり言うと、責任を誰かに押しつけてるみたいで、その辺りは言い回しが難しい所です。

半日かけての講習会でしたが、受けて良かったです。

 

講習会へ向かう途中の、イチョウ並木が黄金色できれいでした。

20161130151450.jpg

 

 

基礎ぐい工事の適正な施工を確保するための大臣告示とガイドライン  ←クリックすると、国交省のHPへ飛びます

 

 

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

 

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建てのお問い合わせはこちら

インテリアコーディネーターの資格更新手続|インテリア産業協会

インテリアコーディネーターの資格は5年ごとに更新が必要です。今年、その更新時期がやって参りました。

 

こういう封書が自宅に届きます。前回の更新から、もう5年も経つのか~

20161124192541.jpg

確か、おぼろげな記憶ながら、前回の更新時にはネットで簡単な小テストがあったのですが、ナント、資格取得から15年以上経っている人は、研修が免除!だそうです。10年程前は確か、国際会議場で更新の研修を受けた覚えがあるので、随分ラクになりました。要するに、お金だけ払ってね、ということらしい。

20161124192826.jpg

一体、資格を取得してから何年経つんだ?と計算すると、20年も経っている!

必死だった20代が懐かしい。

丁度この頃、消費税が3%から5%に上がるということで、設計事務所もむちゃくちゃ忙しくて、家に帰れない、朝になって帰ったら、2時間程家に滞在したあと、すぐに出社という、不良主婦でした。よく、元夫は我慢してくれていたな~、なんて、思い出しました。

 

そして、久しぶりに、インテリア産業協会のホームページを覗いてみました。

20161124193432.jpg

画像をクリックすると、HPへ飛びます。

ステキなサイトになっています。興味のある方は、ぜひ一度覗いてみて下さい。

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

 

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建てのお問い合わせはこちら

ミサワホームを子会社化|トヨタホーム|中日新聞より

ミサワ+トヨタが、業界2位になるらしい。

20161123192159.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建てのお問い合わせはこちら

経営の勉強会(あいち経営フォーラム)|同友会|国際会議場

経営の勉強会で、熱田の白鳥にある国際会議場を訪れました。

20161124223520.jpg

青空の下、半日ずーっと缶詰でお勉強です。

まずは「基本公演」

まずは基本公演で、黒瀬先生という、大学の先生のお話でした。

私自身、少人数の小さな会社なので、黒瀬先生の小さな企業の起死回生のお話は、とても参考になりました。

大手の下請けが主だった会社が、新しい部品を作り出し「独立中小企業」になる。

自分の仕事は自分でつくりだす、というところに、共感しました。

「得られる企業」にするには。

他の人がやってないニッチなところを探って、「得られる企業」になるには、どうしたらいいんでしょうね~

改めて、色々と考えるきっかけを頂きました。

分科会のお話

私は、同じ建築業界の先輩のお話を選択しました。お父様から引き継ぐ経緯など、様々なドラマがあります。「バブル」「リーマンショック」など、立ち止まるきっかけがあるようです。

そして、住宅部門に参入される際、最初は三千円、五千円の仕事から始められたそうです。

見習わなければと思いました。

今のAi設計は、のれん分けのはずだったんですが、元の事務所を継ぐような形になっています。

今後、20年、30年後、どういう事務所の形態にしようか・・・

100年企業とまではいかなくても、私が70歳くらいまで(希望は100歳ですが)、無理無く仕事を続けるには、やはり一人事務所では難しいですよね~。

話は変わって、元所長は男性ですが、ずっと女性の設計士を育てたかったそうです。

23年前、私が面接に訪れた際にもそう言っていたのを覚えています。

最終的には事務所を継ぐような形になった訳ですが、それまでにも数十人の所員の入れ替わりがあったと聞いていて、後進を育てるのがいかに大変かということが分かります。

大体、私は腰が重い方なので、色々悩みます。・・悩んでばかりいて、時だけ過ぎ去っていきます。

でも今日は、色々な方とお話をして、力も頂いたし、少しずつ方向性が見えてきたような気がしました。

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建てのお問い合わせはこちら

俺たちの国芳、わたしの国貞|名古屋ボストン美術館

名古屋ボストン美術館所蔵の「歌川国貞、歌川国芳」展へ、行ってきました。

201611200344.jpg

 

歌川国芳の構図や、斬新なアイデアに引き込まれます。個人的に、猫、好きなので、この作品はおもしろかった。

【国芳もやう正札附現金男野晒悟助】

2016112001446.jpg

どくろ部分をアップすると、沢山の猫が集まって、真剣にポーズをとっているところに思わず笑ってしまいます。

2016112001824.jpg

 

こちらは歌川国貞が74歳のときの作品です。色使いが目を引きますよね。この時代にこの構図と色使いは、かなり斬新だったのでは?斬新なアイデアというのは、年齢は関係ないんだなあと、思わせる作品です。線もとても繊細で、年齢を重ねても、努力次第で技術は衰えることはないんだなと思いました。

2016112002532.jpg

他にもたくさーんの作品がありました。12/11までやってますので、まだ観に行かれていない方はぜひ。

名古屋ボストン美術館、良い展示を行っていますが、平成31年3月で閉館してしまうのは、残念です。

いまひとつ、儲からなかったらしい。。。場所が少し分かりづらいからかな?

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

 

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建てのお問い合わせはこちら

博多駅前の道路陥没|ホントに怖いですね~

今日は朝から、テレビで信じられないような映像が流れていた。

道路が大きく陥没して、そこへ吸い込まれるように、電柱や標識、信号が呑み込まれていく。

映画のワンシーンか、はたまた海外の映像かと一瞬頭をよぎったが、「博多駅前」と聞いてびっくり、本当に驚いた。

朝、早かったので、けが人が出なかった事は、奇跡に近いと思います。

 

セブンイレブンが入っているビルは大丈夫なんだろうか

基礎や杭が見えてるけど、建物は大丈夫なんだろうか?

杭は、摩擦杭でないことを祈る。

20161181519.jpg

今地震がきたら、と思うと怖いですね。

 

しばらくすると、水が溜まって池みたいになっていて、街中にある光景とはとても思えない。

すると、ポンプ車みたいなのが登場して、水たまりに何かを入れ出した。

2016118234247.JPG

細い管が2本。土にスレートって言ったかな?(セメントの聞き間違いでした)を混ぜた物を入れているらしい。

 

この様子を見て、「暖簾に腕押し?・・・ぬかに釘?・・・沼に杭?」

気が遠くなるような作業に思いますが、時間かければ固まるんですかね?

 

古地図によると

この辺りは、古地図によると、川に挟まれた田畑で、湿地帯だったとか。

元々、地盤が弱かったらしいです。

 

地下鉄の延伸工事が原因との事です。

土木の事はよく分かりませんが、陥没したところは、シールド工法という部分とナトム工法という部分のつなぎ目のところらしいです。

延伸工事自体は、大成建設さんと他数社のJVらしい。今回のことで大成建設さんの株が急落してるとか・・

(実際にはどこが工事したのかはまだ分かってない)

名古屋は大丈夫なんだろうか?

名古屋も地下街や地下鉄が沢山あるので、大丈夫なんだろうか、と不安になりますよね~

夕方のニュースでは、名古屋もナント!年間500件くらい、陥没が発生しているらしい。

え~?!そうなの?!

しばらく地下街に行くのは、やめておこうかな・・

 

とにかく、これだけ大きな陥没で、けがをされた方がいなくて、本当に良かったです。

 

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建てのお問い合わせはこちら

12年前の設計|新築マンション|HERMITAGE2005

12年前に設計をした、新築マンションの施工例を書き直しました。

最近、ちょっと入居者様離れが進んでいる!とオーナーさんからお聞きしたので、多少でもお力になれれば!という思いです。

少しずつ、この建物の魅力をお伝えしたいと思います。

 

とりあえず、少し分かりやすく記事を書き直したので、見てやって下さい(^^)/

 

downwardright 画像をポチッとお願いします。

2016118095.jpg

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

 

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建てのお問い合わせはこちら