ホーム>Ai設計室ブログ

0914:岐阜県現代陶芸美術館

昨日訪れた、岐阜県現代陶芸美術館です。

磯崎新の設計で、12年前に造られた建物です。

タイルと水盤、緑のコントラストがきれい。

2014914231155.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014914231337.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物本館へ行くまでのアプローチの天井には、地元の陶磁器が埋め込んであります。

プレキャストのようなので、工場でコンクリートを流し込んだ上へ、割れた陶磁器を

置いて、ひっくり返したのかな~

201491423926.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陶磁器を床に埋め込むのはよくある手法ですが、天井に埋め込むっていうのは、

意外性があって、おもしろいなあと思いました。

 

201491423101.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ミュージアムショップの柱には、陶器で出来た蝶々が舞っています。

本物の蝶々のような、躍動感があります。

 

2014914231214.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示品を見終えた後、多治見のゆるキャラ、「うながっぱ」くんが、

見送ってくれました。

よーく見ると、手がうなぎのひれになってる。

カメラを向けると、こんなポーズをとってくれて、なかなか気のいいやつ!でした。

2014914234159.jpg

0913:大織部展

日本で焼かれた茶碗で国宝に指定されているのは、二つしか無いそうです。

そのうちの一つ、「志野茶碗 銘卯花墻(うのはながき)(三井記念美術館所蔵)」

多治見の岐阜県現代陶芸美術館にて、展示されています。

国宝と聞いて、早速観に行ってきました。

201491402342.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お目当ての国宝は、やわらかな色合いで、ずんぐりしていて、いびつな形でした・・・

こちらの国宝の展示は15日までだそうなので、興味のある方はお早めに(^^)

古田織部展は10/26まで開催されています。

こちらの国宝だけではなく、千利休とのゆかりの品やその他の焼き物、書など、

盛り沢山です。

 

0913:玄関引戸(防火戸)partⅡ

玄関引戸の防火タイプは、実は三協立山アルミさんが

一番乗りで販売されたと聞いて、長久手のSRを訪れました。

防火タイプそのものの展示はなかったので、少し残念。

デザインがリクシルさんに比べて、少ないのかな?

でも、三協さんの方が、多少お値打ちなようです。

そして段差は7.5㎜。リクシルさんより0.5㎜段差は少ない。

ちなみに、ykkさんなどは、まだ販売予定はないそうです。

せっかく訪れたので、他にも色々見学しました。

ステンド風のガラスを使った玄関ドアや、内部建具が素敵でした~

201491305459.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0911:樹脂サッシ

YKKapさんの樹脂サッシの研修を受けました。

樹脂サッシのイメージは、紫外線に弱くて、しばらくすると

パリパリになるイメージを持っていましたが、

(何となくベランダに出しっ放しの洗濯ばさみのイメージだった)

上下水道の管に使われているものと同じPVC(塩ビ)で

出来ているので、耐候性は相当高いんだそうです。

熱に弱いイメージがありますが、防火対応の樹脂サッシもあり、

何より断熱性はアルミの比ではありません。

これからのゼロ・エネルギー化住宅には、欠かせないものかもしれません。

見た目も、思ったより質感があり、「プラスチック」という感じはしませんでした。

もちろん、室内と室外色も変えることも出来ます。

一度使ってみたいなあと思いました。

0908:中秋の名月

ふと空を見上げると、曇り空。19時頃は、まだ月にも雲がかかっていた。

「今年の中秋の名月は曇りだなあ・・残念」なんて思っていたのですが、

打合せを終えての帰り道、ふと空を見上げると、きれいなお月様が!

雲の切れ間から、ピカーッと光るきれいなお月様。

思わず「今年も無事に一年過ごせました。どうもありがとう」と、手を合わせました。

「来年もまた無事に、中秋の名月を拝めますように」

201498225931.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Nikon DMC FZ70で撮影)

 

 

 

 

 

 

0905:玄関引戸(防火戸)

待ちに待った玄関引戸の防火タイプが10月に発売されるそうです。

準防火地域で、玄関引戸が必須の方のお家の場合、敷地条件やその他の条件にも

よりますが、防火壁など造れない場合、玄関引戸をつけて、さらに、防火シャッターを

つけないと申請が通らない、という状況が改善されます。

(どう考えてもシャッターなんて使わない)

現在設計中のお客さまにも、丁度間に合うので、本当に運が良いです。

本当に待っていたので、感動した~。

→LIXIL 玄関引戸 防火戸 エルムーブ

 

他にも色々あると思います。(YKKさんとか)

0824:高校野球

私はプロ野球は見ませんが、高校野球は好きです。

最後まであきらめず、必死に戦う姿を見て、毎年感動しています。

なかなか時間的な都合で、少ししか観戦出来ませんが、

岐阜の大垣日大の8回くらいだったからかTV観戦して大垣日大が勝ち、

本当に感動して、涙が出ました。

そして、なんと、東海三県のひとつ、三重が決勝まで残りました。

三重が決勝まで残るのは、50何年ぶりらしい。

絶対三重を応援したいところですが、決勝相手の大阪桐蔭も、実は密かに応援していました。

たまたま監督のインタビューを見ていて、西谷監督が、何だか年齢が近い

気がして、ネットで調べてみたら、何と同い年。

ウィキペディアによると、平成の名将になりつつあるらしい。

同い年の名将にも勝って欲しい!

明日はいよいよ決勝です。どちらが勝つか、楽しみです。

 

 

0818:(8/24)無料設計相談会開催します!

8/24(日)三井ホーム 大府モデルハウス にて、無料設計相談会を開催します。


●何から始めたらいいか分からない

●大体の金額が知りたい

●具体的な相談がしたい

●他社との比較対象が欲しい

●もっと良いプランはないの?

●リフォームと新築で迷っている

・・・という方は、ぜひ一度遊びに来て下さい

当日会場でお待ちしておりますお気をつけてお越し下さい!



〒474-0011
大府市横根町前田40-1『中京テレビハウジングプラザ大府』内
TEL 0562-44-7010

0524:東洋一の水晶宮のお色直し(東山植物園温室前館保存修理工事)

子供の頃、母に連れられて見たキラキラしたまぶしい建物、そんな東山植物園の温室前館が、

実は重要文化財で、この度保存修理工事に伴い、一時的に一般公開されると聞き、

早速見学に行ってきました。

温室前館は現存する最古の温室で、我が国最初期の鉄骨造温室、全溶接工法が評価され

平成18年に重要文化財に指定されたそうです。

2014524232748.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃にみた熱帯の植物は既に移されていて、ガランとした温室内は、

随分と痛みが激しいなと感じました。

温室の中からふと空を見上げると、白い鉄骨や三角形のトラス組の間から青空が広がっていて、

空がより高く感じます。

2014524235147.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな洒落た建物が戦前からあって、伊勢湾台風や戦争をくぐり抜けてきたと思うと、

何だかいとおしく感じます。

一旦工事が始まると、5年は続くそうなので、ご興味のある方は、

外からだけでもご覧になってください。

久しぶりに訪れた植物園は、合掌造りの建物や和風の庭園など、見所満載で、

子供の頃とはまた違った見方をすることが出来ました。

0331:竣工パーティ

先週、春らしいポカポカ陽気の中、土岐市の賃貸「エスキーナ」の竣工パーティにお招き頂きました。

離れのお庭で、五平餅を焼いて頂いたり、肉厚のしいたけ、鯛の塩焼きなど、
手作りの料理が本当においしくて、すっかりごちそうになってしまいました。

44
五平餅を焼いて頂いているところです。裏と表と違うタレの味が、絶妙でした
五平餅がこんなにおいしいとは・・・
21
食べるのに夢中で、写真を撮るのを忘れ・・・
緑の粉はサンショウで、より風味が増します。
このサンショウも手作りと聞いて、びっくりです

18
焼き豆腐もおいしかった

頂くのに夢中で、写真があまりありません・・・

楽しい時間はあっという間に過ぎ、私は仕事で途中退席をせざる終えなかったのが残念でしたが、皆様にお会い出来て、とても良かったと思います。

P1120310
「エスキーナ」の方は、雪の影響でヤシが大打撃を受けた他は、変わらずの佇まいです。
春になって、ますます賑やかな街角になることでしょう