ホーム>Ai設計室ブログ

1102:ブログカスタマイズ

10年前から綴っているlivedoorブログを、少しカスタマイズしました。

2014112225941.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



昨日までのブログ

2014112225824.jpg

 

 

 

 

 





簡単にカスタマイズできるライブドアブログを気に入っているので、
なかなか手放せません。

ちなみに、うちのテンプレートは「 buena suerte! 」さんのものを
使わせて頂いています!
すごく見やすいし、写真も簡単に変更出来るので、とても気に入っています。

また、暇を見つけて、ちょこちょこ変更していきます

10/24:11/1(土)~11/2(日)無料設計相談会開催します!

20141024203225.jpg

場所:三井ホーム 大府モデルハウス

〒474-0011
大府市横根町前田40-1『中京テレビハウジングプラザ大府』内

TEL 0562-44-7010

 

「お問い合わせはこちらをクリックしてください!」



 

 

 

 

 


 

1016:長良川の鵜飼

先週、長良川の鵜飼を見学してきました!

古事記にも記述されていて、1300年以上の歴史を持つ、長良川鵜飼。

近くに居ながらなかなか見る機会が無く、初、鵜飼見学です。

実際の漁を見学する前に「うかいミュージアム」で、鵜のお勉強。

鵜は、ウミウで、茨城県で捕獲されるそうです。

てっきり卵から育てるんだと思っていたので、意外!

2年程かけて、漁が出来るように仕込むんだそうです。

あと、決まった伴侶とずっとペアで一生添い遂げるんだとか。

ちょっとうらやましい。

・・・話を元に戻して、今年の長良川鵜飼は昨日の夜が最終日でして、

今朝の中日新聞に記事が掲載されていました。

鵜は、川の中で鮎を捕らえたら、一度水面へ出て、くるっと鮎を回して

頭から呑み込むんだそうです。そのリアルな写真が掲載されていた!

20141016234227.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(中日新聞より)

すごい!さすがプロ!

ちなみに下は私が撮った写真。

初めて見る鵜飼いに感動して、何枚も写真を撮ったのですが、暗いせいか、うまく写っていなくて、

唯一、優雅に浮かんでいる鵜が3羽撮れたのみでした。

・・・漁していないし。

実際は!

かがり火の迫力や、鵜が何度も川へ潜って、でも手ぶらで帰ってくるところとか、

間近で見ることが出来、感動。実際に鮎を捕まえたところが見れなかったのは残念でしたが、

中日新聞で見ることが出来て、「あの子達、ちゃんと仕事してるじゃん!」とちょっと安心しました。

この日は川が濁っていて(噴火の影響でしょうか)見えづらかったせいか、あまりとれなかったようです。

20141016233558.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の最終日は、六隻の鵜舟が横一列に並んで、下流の浅瀬にアユを追い込む「総がらみ」も

見れたそうです。また機会があったら、訪れたいです。

 

 

1002:建築総合展

吹上ホールで開催されている、建築総合展へ行ってきました!

 

201410305715.gif藍色に染めた和紙を使った照明。

色がきれいです。

分かりづらいですが、その後ろの壁は、

ヒノキの粉をつかった塗り壁です。

優しい色合いで、木の良い香りがしました。

体にも良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201410305651.gif天然木を0.23ミリに削ったもので、クロスのように

貼るそうです。石膏ボードの上にも、普通のクロスの

糊で貼れるそうですよ。

色々なところへ使えそうですね。

 

 

20141030573.gif貼ったところ。

 

 

 

 

 

 

201410305724.gif石膏による、3Dプリンターで造られた模型です。

ついにここまで来たか!という感じでですね。

すごいな~

 

 

 

201410305735.gif家具もすべて反映されるそうです。

なんと、この3Dプリンターのお値段、1000万だそうです。

他のブースでは、家庭用の3Dプリンターは、20万円くらいで

展示されていました。

そのうちに、CADをおこせば、簡単に3D模型が造れる時代が

来るんですかね~

もっとお値打ちにならないかな。

 

 

 

 

あまり時間がなかったので、全ては回りきれませんでした。

建築総合展、4日(土)まで開催されています。

 

 

 

0926:スイッチプレート展

スガツネさんのスイッチコンセントプレート展へ行ってきました。

本当に色々なデザインがあって、選ぶのが楽しくなります。

こちらに掲載させて頂くのはほんの一部で、豪華バージョンや和風、フェミニンなもの

シンプルモダン系のステンレスのものなど、全部で100種類あるそうです。

これで「壁紙にあるスイッチプレートがな~い」なんて、悩む必要はなさそうですね。

201410305631.gif

0914:岐阜県現代陶芸美術館

昨日訪れた、岐阜県現代陶芸美術館です。

磯崎新の設計で、12年前に造られた建物です。

タイルと水盤、緑のコントラストがきれい。

2014914231155.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014914231337.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物本館へ行くまでのアプローチの天井には、地元の陶磁器が埋め込んであります。

プレキャストのようなので、工場でコンクリートを流し込んだ上へ、割れた陶磁器を

置いて、ひっくり返したのかな~

201491423926.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陶磁器を床に埋め込むのはよくある手法ですが、天井に埋め込むっていうのは、

意外性があって、おもしろいなあと思いました。

 

201491423101.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ミュージアムショップの柱には、陶器で出来た蝶々が舞っています。

本物の蝶々のような、躍動感があります。

 

2014914231214.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示品を見終えた後、多治見のゆるキャラ、「うながっぱ」くんが、

見送ってくれました。

よーく見ると、手がうなぎのひれになってる。

カメラを向けると、こんなポーズをとってくれて、なかなか気のいいやつ!でした。

2014914234159.jpg

0913:大織部展

日本で焼かれた茶碗で国宝に指定されているのは、二つしか無いそうです。

そのうちの一つ、「志野茶碗 銘卯花墻(うのはながき)(三井記念美術館所蔵)」

多治見の岐阜県現代陶芸美術館にて、展示されています。

国宝と聞いて、早速観に行ってきました。

201491402342.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お目当ての国宝は、やわらかな色合いで、ずんぐりしていて、いびつな形でした・・・

こちらの国宝の展示は15日までだそうなので、興味のある方はお早めに(^^)

古田織部展は10/26まで開催されています。

こちらの国宝だけではなく、千利休とのゆかりの品やその他の焼き物、書など、

盛り沢山です。

 

0913:玄関引戸(防火戸)partⅡ

玄関引戸の防火タイプは、実は三協立山アルミさんが

一番乗りで販売されたと聞いて、長久手のSRを訪れました。

防火タイプそのものの展示はなかったので、少し残念。

デザインがリクシルさんに比べて、少ないのかな?

でも、三協さんの方が、多少お値打ちなようです。

そして段差は7.5㎜。リクシルさんより0.5㎜段差は少ない。

ちなみに、ykkさんなどは、まだ販売予定はないそうです。

せっかく訪れたので、他にも色々見学しました。

ステンド風のガラスを使った玄関ドアや、内部建具が素敵でした~

201491305459.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0911:樹脂サッシ

YKKapさんの樹脂サッシの研修を受けました。

樹脂サッシのイメージは、紫外線に弱くて、しばらくすると

パリパリになるイメージを持っていましたが、

(何となくベランダに出しっ放しの洗濯ばさみのイメージだった)

上下水道の管に使われているものと同じPVC(塩ビ)で

出来ているので、耐候性は相当高いんだそうです。

熱に弱いイメージがありますが、防火対応の樹脂サッシもあり、

何より断熱性はアルミの比ではありません。

これからのゼロ・エネルギー化住宅には、欠かせないものかもしれません。

見た目も、思ったより質感があり、「プラスチック」という感じはしませんでした。

もちろん、室内と室外色も変えることも出来ます。

一度使ってみたいなあと思いました。

0908:中秋の名月

ふと空を見上げると、曇り空。19時頃は、まだ月にも雲がかかっていた。

「今年の中秋の名月は曇りだなあ・・残念」なんて思っていたのですが、

打合せを終えての帰り道、ふと空を見上げると、きれいなお月様が!

雲の切れ間から、ピカーッと光るきれいなお月様。

思わず「今年も無事に一年過ごせました。どうもありがとう」と、手を合わせました。

「来年もまた無事に、中秋の名月を拝めますように」

201498225931.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Nikon DMC FZ70で撮影)