ホーム>Ai設計室ブログ

バレンタインデー

うちの事務所の男子に、チョコをあげました。





 

 帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!
名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

土地の選び方|敷地に対する道路の位置による違い

敷地に対して、道路がどちらの方向についているかで
プランニングも変わってきます。
色々なケースがありますが、簡単な目安をお伝えします。

1.敷地に対して北に道路がある場合

通常は、玄関を北に持ってくる。
そうすると、南側にお部屋が一杯とれる。
北側には窓の少ない水廻りを配置することが多いので、
外観のデザインをとるのに、工夫が必要。

2.敷地に対して南に道路がある場合

通常は、玄関を南に持ってくる。
間口が狭い場合は、その分、南に面するお部屋が
小さくなる。
間口の広い敷地の場合は、玄関が南に来ると、
デザインがとりやすく、かっこいいお家になる

3.敷地に対して東に道路がある場合

通常は南にお部屋を配置したい為、北東方向に玄関を
持ってくる事が多い。
間口によっては、鬼門にかかる場合があるので、
気になる方は注意。
間口が広いお家の場合は、北東に配置しても、
鬼門は避けられる。

4.敷地に対して西に道路がある場合

こちらも、やはり南にお部屋を配置したい為、
北西方向に玄関を持ってくる事が多い。
西側に持ってくる部屋の配置次第で、外観の
デザインに工夫が必要。

その他、敷地の高低差や、地盤の関係などもありますが、

簡単な目安でした!

 

 帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!
名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

建築家|杉下均さん講演会|ナディアパーク|光と影のある住宅

IMG_9255
地元名古屋では有名な方らしいです。

建築士会で講演会があると知り、早速申し込みました。
運良く、通過。(講演会は先週行われました)
久しぶりにナディアパークに行ってみると、聴講者は若い方が多く、
「若い方向け」と案内しているのを聞いて、少し肩身が狭くなる。

一枚の絵のような、何ともすっきりした、という印象の住宅です。

「絵のような」印象を受けたのは、杉下さん自体、絵や、映画のワンシーン
または一枚の写真などから影響を受けておられるようです。
(修道院など)

感銘を受けた絵などについて、自分の作品に取り込む、ということは、
出来そうで、なかなか出来ない。

そこを若い頃から、努力して取り込んできたからこそ、
今の集大成があるんだろうなあと思いました。

お部屋がすっきりして見えるのは、極端に照明が少ない。
窓からの自然光と、食卓テーブルの上にポツンとペンダントがひとつ。

ここまでそぎ落としたからこその、美しさなんでしょう。

ただ、実務に置き換えてみると、照明を極端に少なくする、というのは
出来そうで出来ない。

あとで、「暗い」と言われると、工事のやり直しは相当大変なので、
明るめに設計することが多いです。
(明るすぎて苦情になることはまず、無い)

お施主さんを説得させるのは大変だったのでは、と思うのですが、
杉下さんに依頼する時点で、承知の上なんでしょうね。

LEDを使わない、というお話も驚きました。
確かに白熱灯の良さというのは良く分かります。

私は、文明の利器は使わないと損、という考え方なので、
新しい物、使っちゃうな~、と思いましたが、
確かに修道院にLEDはちょっと似合わないですもんね。
そこも、説得するのは大変ではないんですかね~

実際に杉下さんの建物の現場に伺ったことはないですが、
竣工写真に興味を惹かれた理由として、
その陰影にあるんだ、感じました。

そこでふと子供の頃を思い出す。

私が小学校低学年のころ、常滑の土管などの廃工場を
探検するのが流行ってました。

木造の工場の大きな歯車のような所をよじ登り、
2階に上がると、暗い所から急に視線が開けて、
何も無いガランとした工場に、窓から光が差し込んでいる。

それが何だかドキドキしたのを思い出します。

工場と一緒という訳ではないのですが、何となく、
天井を低くして、光と影のコントラストというか、
確かに住宅って、そんなに全部明るくて天井高くなくても、
十分過ごせるんじゃないか、逆にその方が
何となく落ち着くのではないか、と思いました。

私もいつか、こんなフェルメールの絵のような、光と影のある住宅を
造ってみたいと思いました。

(建築士会の方には、よい講演会を開いて頂いて感謝です。)

 帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!
名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

笠寺観音(笠寺台地)|名古屋市南区|星まつりのお札を取りにきた

2/3の節分の日、今年は南南東が恵方ということで、
笠寺観音に行ってきました。



その際、いつもだと、「開運お祓い」というのをして頂くのですが、
今年は、ご祈祷の申し込みをしようと並んでいたところ、
隣に並んでいる方が「星まつりでお願いします」、と言っているのを聞いて、

気になってしまいました。

そこで、「星まつり」って何ですか?と聞くと、どうも、私は厄年でもないし、
今年一年無事に過ごせますように、という願いであれば、
ご祈祷じゃなくても良さそうだったので、星まつりのお札を申し込みました。

星まつりのお札は、ご祈祷してからお渡しするので、2/10過ぎに取りに来てください
(郵送も可)とのことで、今日、取りに行ってきました。

先日のすごい賑わいは何だったのか、というくらい、だーれもいなくて、
普通は取りにいかないのか・・と。郵送にすればよかった、と少し後悔。

まあ何はともあれ、無事に受け取って、事務所の神棚におかせて頂きました。




さてさて、その笠寺観音がご鎮座する「笠寺台地」のお話です。

先日の節分の際、少し早めに出て、近くのデニーズの駐車場に
停めようとしたけど、今年は警備が厳しくて、停められない。

そこで、笠寺観音のすぐ近くにある「見晴台考古資料館」の
駐車場に行きました。20分程並びましたが、まだ時間が早かった
こともあり、人出の割には、割とすんなり、停められたと思います。

その見晴台を見た写真がこちらです。


この見晴台もそうですが、この笠寺付近は、小高いところにあるのが

お分かり頂けると思います。


笠寺台地はむかーし、「島」だったんです。
なので、周囲は海に囲まれていました。
周辺からは貝塚などが発見されています。

笠寺観音の横を走る環状線を車で走るとよく分かるのですが、
笠寺を頂点に南へ下り、そして新瑞橋の方へ下っているのが
よく分かります。

そうか、ここは昔、島だったんだ、と思いながら走ると、面白いですよ。

そして、縄文時代には既に台地だったところなので、この辺りの地盤は頑丈です。

以前、この辺りで計画した際も、やはり地盤は硬くて、補強は不要だった覚えがあります。

何となく地形の成り立ちなども知っていると、この辺りは地盤補強に
費用が発生しそうだな、とか、多分この辺りは、補強不要だろう、とか
大体の想像が出来るので、結構おもしろかったりするんですよ。

※とはいうものの、都度、地盤調査は必要ですよ~

 

 帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!
名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

医院建築 研修

28日~29日の二日間に渡り、医院建築を70棟~80棟くらい手掛けている方の講義を受けました。
周辺環境の調査や(競合など)消防、保健所へのヒアリング、また科によって
必要な機材や部屋が違ってきます。

外観デザインをかっこよくすれば患者さんが入ると言うわけでは無く、
やはり使い勝手や、各々の部屋のつながりも考えないといけません。

「人気のクリニック!」を造るのは、とっても難しいと言うことが
分かりました。


行きの新幹線では、富士山がきれいに見えました


2016.01.28~01.29


 帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!
名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

プロフィール写真

プロフィール写真、変更しました

撮って頂いたのは「使える写真館」の岡本さん。

今度こそ失敗しないように、事前に何度も撮影方法を伺っての撮影でした。

撮影した場所は、事務所近くの「鶴舞公園」の噴水塔。



こちらの時間的負担も少なく、プロとして色々アドバイスを
頂いて撮影に臨んだ為、自然な仕上がりの写真になったと思います。


小2DSC03319

100枚近く頂いた写真の中から、これがいいかなあというのを
選びました。

最近、ちょっと太ってしまったので、また痩せたら撮影お願いしま~す




 帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!
名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

柴田先生 新春講演会

個性学で有名な、柴田先生の新春講演会に
5,6年ぶりくらいに、参加させて頂きました。

どういうものだったか、すっかり忘れてしまっていましたが、
少しずつ、思い出しました。

ちなみに私は個性学では、内面「城」悠然、外面「大物」挑戦 です。
(分かる人には分かります)

そして、今年の運気はあまりよくなくて、「浪費」

今までの過去を振り返ってみると、丁度10年前、新たな取引先と
契約したりしてました。

そんなに悪い年ではなかったはずなんですが、
それ程、実入りはなかったかも。

そして今年は、無駄だと思っても、思い切って、どんどん行動していいそうです。

私は個性学の中の性格診断にも出てますが、「腰が重い」

当たってる!

ちょっと暖かくなって、体調が良くなったら、動いてみようかなあ

2016.1.25(平成28年1月25日)




 帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

経営者の集い

今日はある方に、経営の勉強会に参加してみない?と言われ、
思い切って伺いました。

10人くらいが集まって、討論するのかな?と想像していたら、
何の何の、40人~50人くらいかな?の方(みんな会社の経営者)
が集まって、経営について、色々な方のお話を伺う事が出来ました。

女性は私含めて、3人くらい?(まあ私は経営者ってほどじゃないけど)

その数少ない女性の経営者の方で、80人くらいの社員を抱えてらっしゃる
社長さんがいて、女性が仕事を続けていくために、家事、育児、介護などと、
どううまく両立させていくか、ということを考えて、経営してらっしゃると
いうお話に、私は感銘を受けました。

私も若い頃、こういう方に知り合っていたら、バツイチになることも
なかったかな・・・とか。

若い頃、無理して無理して、睡眠時間が1週間で8時間なんて時もあったり、
一回ご飯つくりに家に帰って、また事務所に戻って朝まで、とか、とにかく
何とか両立したくて頑張ったけど、やはり仕事の比重が多すぎた・・・
でもだからこそ、今があるんだとも思うんだけど、
やっぱり本当は、両立したかったよね~

その勉強会の後の親睦会では、もう一人の女性の方が隣に
なりましたが、その方は製造業で、若い男の子を10人くらい、
雇ってみえるそうです。

若い男の子を10人

女の子ならともかく、男の子の気持ちを理解して雇うのは、
さぞかし大変だろうなあ、と、思いました。

私なんて、今日初めておじゃましたのに、
皆さん真剣にお話してくださって、
私はとても感激しました

よい機会を頂いたIさんに、感謝感謝です

またの機会を楽しみにしています。

2016.1.20(平成28年1月20日)※今日は名古屋は初雪でした



 帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!
名古屋の女性建築家はAi設計*山内智恵

一宮市役所 役所調査 斬新な設計

すごーく久しぶりに訪れた一宮市役所が、とても斬新な造りに
建て替えられていました。



左側に少し見えるのがエレベーターホール。
中間が空洞になっていて、上階へは、
色取りどりの窓を見ながら上がります。

急ぎ足だったので、あまりゆっくり滞在は出来ず、写真はこの一枚だけ

 

2016.01.19(平成28年1月19日)


 

 帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!
名古屋の女性建築家はAi設計*山内智恵

国宝 金蓮寺 弥陀堂の修復工事 説明会

国宝 金蓮寺 弥陀堂の修復工事 説明会に行ってきました。

愛知県には金蓮寺、犬山城天守、如庵と3つの国宝があり、
金蓮寺は県内最古の建造物です。


(上の写真は解体前)

檜皮葺(ひわだぶき)の屋根の傷んでいるところを解体して、
葺きなおしています。
(昭和28年の解体修理前は瓦でした。昔は瓦の方が
豪華だったんですね)

材料の檜(ひのき)は、山から採取する際、上の皮を一枚だけ
はがすんだそうです。檜の場合は、しばらくすると、また再生するので、
そういうことが出来るんだそうです。(他の木は再生されない)

材料を採取するところから、材料を同じ大きさに整え、
そして、実際に竹くぎを使って葺くところまで、機械は使わず
全て手作業です。

職人さんは皆さん若くて(といっても、この道20年以上だそうです)
日本の伝統的手法がきちんと受け継がれていくんだなあと
ホッとしました。

金蓮寺(国宝・弥陀堂)

  • 住所/〒444-0523 西尾市吉良町饗庭七度ケ入1
  • TEL/0563-32-2063
  • 営業時間/9:00~17:00(TELで要予約)

 

2016.1.9(平成28年1月9日)


 帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!
名古屋の女性建築家はAi設計*山内智恵)