ホーム>Ai設計室ブログ

海抜450mの美濃の秘湯|あさひ荘|一泊例会|同友会

とても緑豊かな山の中で、勉強会が行われました。

201682523339.jpg

行く道中、どんどん山の中に入っていくわ、山道だわ、だんだん暗くなっていくわで、とても不安でしたが、何とかたどり着きました。

 

この写真は次の日に撮ったので、実際は真っ暗でした。

201682614832.jpg

一番左の茶色いの、いなごちゃんです。初めて食べたけど、カリッとしていて美味しかった。

201682614934.jpg

皆さん、経営者の方々は、本当に元気で、楽しい一泊を過ごしました。私は途中で気分が悪くなって、そのまま寝てしまい、次の日に温泉に入りました。女性の先輩方と温泉のお風呂上がりにいろんな話を聞けたことは、とっても刺激になりました。

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

突然のお別れ|寂しくなります

先日、何気なく見ていたフェイスブックで、大変お世話になったお客様が亡くなられたことを知りました。つい、先日までお元気だったので、冗談だろうかと思ったくらいです。いつお会いしても、朗らかで、ダンディーなお客様でした。これから寂しくなります。心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

エスキーナ

201671823535.jpg

設計を担当した戸建て住宅が着工しました|知立市

今日は知立市で地鎮祭が執り行われました。朝から少し曇り空でしたが、丁度終わった頃に少し雨がぱらついたくらいで、カンカン照りより、良い日になりました!

随分なが~くお付き合いをさせて頂いたお客様で、とうとう、今日の日を迎えることが出来ました。色々、土地から悩まれて今に至ったので、後悔のないお家になると思います。周辺のお家を見ると、サイディング系のお家が多いので、きっと吹付の白いお家は目立つと思います。楽しみにしています。

 

※最近バタバタしているので、ブログ更新さぼり気味です(>_<)でも、文字だけなら、何とか続けられるかも。良かったら、覗いてみてくださいね~。

 

※後に画像追加。ヤフーでイメージに近いものをダウンロードしてみた。

2016718235529.jpg

アンコールワットへのみち|名古屋市博物館

先日、ぎりぎりになって観に行ってきた「アンコールワットへのみち」のお話です。行こう行こうと思いつつ、すっかり忘れていたのですが、誘ってくれる人がいたので思い出して急いで行ってきました。

20166230726.jpg

石造の展示がメインでした

上の広告のイメージから、世界遺産のアンコール・ワットの展示なのかと思っていたのですが、8世紀以前の小国乱立の時代(プレ・アンコール時代)から、アンコール・ワットが繁栄した時代までを、その彫刻美術を展示することで、たどっていくものでした。「インドシナに咲く神々の楽園」というサブタイトルから、楽園のような展示のイメージしていたので、ちょっと地味だった。

実は、こういうのをイメージしていた。

201662222320.jpg

アンコール・ワット様式は12世紀から

2016622223042.jpg

2016622223151.jpg

9世紀のクレーン様式から始まって、アンコール・ワット様式は12世紀くらいだそうです。意外と新しいんだなという印象です。それにしても、建物と一緒で、やっぱり年代によって、様式があるんですね。

印象に残った彫刻をご紹介します

2016622223212.jpg

プラジュナーパーラミター(般若波羅密多菩薩)10世紀後半|砂岩

ほとんどの像が砂岩で出来ているので、柔らかいせいか、腕はとれてしまっている。「パーラミター」が仏教だと「波羅密多」になるんだ~、と感心。すごくやさしそうな、お姿ですね。

2016622223222.jpg

ガネーシャ

ガネーシャはシヴァとパールヴァティーの息子で、富と知恵、あるいは障害を取り除く神だそうです。なんで象の頭かというと、パールヴァティーがお風呂に入っているところを見張るように言われていたガネーシャは、シヴァが入ろうとしたときに止めたんだとか。その時、ガネーシャはそれがお父さんだとは知らなかったんだそうで。それを激怒したシヴァは、ガネーシャの首を切り落として遠くへ投げ捨ててしまいます。後にそれが自分の息子だったと知って、首を探しにいくのですが見つからず、そこで旅の最初に出会った象の首をくっつけたんだとか。実際にあったとしたら、すごい話だな~と、感心。

 

2016622223229.jpg

シヴァ

こちらがそのシヴァ神。額に第3の目が刻まれている。

2016622223236.jpg

ガルーダ

ヴィシュヌという神様の乗り物。聖鳥ガルーダ。単純に私の干支がトリなので、印象に残った。

2016622223245.jpg

アルダナーリーシュヴァラ

シヴァとパールヴァーティーの合体神。右半分がシヴァ神で、左半分はパールヴァーティー。シヴァ神側には、第3の眼が半分、額に刻まれている。この頃から、プリーツスカートってあったんだなと、変なところに感心。

まとめ

結構沢山の展示で、ひとつひとつ見ていくと時間がかかりました。見に来ている人は、若い女性も多かったのが印象的でした。「アンコールワット」ついての展示は珍しいのでは、と思います。カンボジア方面の歴史に触れることが出来ました。仏教につながっていくところも、興味深かったです。

 

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

無料設計相談会に参加します|三井ホーム

無料設計相談会に参加します 
皆様お気軽に会場にお越しください


三井ホーム建築家による

個別設計相談会 
 

開催日:6月12日(日)

時  間:13時~17時(ご予約優先。事前のご予約をお勧めします。)
   
  ご予約、お問い合わせは下記フリーダイアルまで!   



●お問い合わせはコチラまで●

 TEL : 0120-40-6131
 
 

「決算書の見方」|2回目|経営者の集まり:同友会

先々週参加させて頂いた、「決算書の見方」学習会の、本日は2回目の講義についてです。

一回目の記事はこちら→「決算書の見方を勉強してきました

20166523833.jpg

今日の内容は、「主要数値の把握、資金について」です。

自己資本比率

自己資本/負債・資本合計で出します。会社がつぶれやすいかどうかがこの数値で分かるそうです。

どうも売上をあげればいいというものではなく、利益もきちんと出すようにしないと、いけないそうです。当たり前のようで、難しいのかも。

流動比率

流動資産/流動負債で出します。会社の短期的な支払い能力を見るんだそうです。

回収出来ない売掛金がないかどうか、チェックが必要。

売上高経常利益率

経常利益/売上高で出します。

だんだん、訳が分からなくなってきて、何だか気分が悪くなってきた・・・

総資本経常利益率

経常利益/総資産で出します。

Ai設計は点数悪いし、だんだん疲れてくる。

その他

収益フロー、経常利益増加率、自己資本額、売上高、債務償還年数、について、学びました。

この数字を出したところで、今後どうしていけばいいのか分からず、何だかめまいがしてきた。

何となく、部屋の空気が淀んでいるように感じる。

まとめ

Ai設計の顧問税理士さんは「とにかく売上を上げることだけ考えていればいい」とおっしゃるのですが、どうもそうではなさそうです。

一番会社のお金を分かっているのは、顧問税理士さんなので、色々質問するといいですよ、との事です。今度、突っ込んで聞いてみようと思います。思ったような回答が得られなかったら、税理士さん変えたほうがいいと、セミナーでは教えられました。

「遠慮は貧乏のモト」だそうで、どんどん聞いた方がいい。

「数字に興味を持つ」領収書の管理も、税理士さんに渡す前に自分で整理しているので、これだけでも結構手間がかかります。その上で、全体を把握しなければいけないんですね・・・

色々な方からご指導を頂く内容としては、とにかく利益が出ないように、色々と、する訳です。あ、脱税ではないですよ。きちんと必要な物を買ったりして、調整するんだけど、結局、そうすると、財務の「成績」が悪くなってしまう。Ai設計、点数つけたら、ほとんど0点で、どうしたらいいのか、訳が分からなくなりました。

100万利益が出たら、目安として、税金30万だそうです。

やっぱり、もったいないよね。。。

それに、私達の仕事は「夢」を形にする仕事なので、あんまり売上売上っていうのもどうかと思ったりします。

今度、顧問税理士さんに、今後どうしたらよいのか聞いてみよう。

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

経済センサス・活動調査|インターネットで回答しました

今回で2回目となる「経済センサス・活動調査」の回答をしました。(平成24年が第1回)

2016630028.jpg

対象者

全ての事業所、企業が対象になります。

大企業だけではなくて、うちのような零細企業もぜーんぶ対象になります。

回答の方法は

調査員さんが、事務所まで「調査票」を持ってきてくれるので、その用紙に回答してもいいのですが、「インターネット」での回答も可能なので、私はインターネットにしました。

2年前は、うっかりインターネット回答の時期を逃してしまって、調査票に記入する形で回答しました。調査票に回答した場合は、回答した頃を見計らって来てくれる調査員さんに手渡すのですが、やっぱり情報漏洩が気になるので、今年は、しっかりインターネットで回答しました。(情報が漏れることは絶対ないそうですが)

(インターネットの回答は、6/7までです。)

昨年度の売上額や経費等、きちんと入力しないといけないので、ここでも「決算報告書」を見ながら、回答しました。

何に使われるのか

パンフレットによると「あなたの暮らしや身近な地域、そして日本の「未来」のために役立てられます。」

とあります。

しっかり売上の額や、従業員数なども記入するので、どの業種が儲かっていて、雇用が増えているとか、そんな事が分かるんでしょうかね。

 

平成29年に結果が出るらしいです。アベノミクスの効果なども分かるかもしれません。建築業界全体としては、どんな結果になっているのか、楽しみですね。

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

「建築確認のポイントQ&A+建築物省エネ法」セミナーに参加しました|日本ERI

先週の月曜日、23日に参加させて頂いた日本ERIセミナーのお話です。 少し時間が経ってしまいましたが、内容をアップしておきます。

セミナー開催

日本ERIが出している「目からウロコ」本の改訂版の出版にあたり、セミナーが開催されています。

2016523225754.jpg

「目からウロコの建築確認のポイントQ&A(改訂版)」Amazon

発売と同時に購入。主な仕事は住宅なので、そんなに見ることもないのですが、迷った時にすぐに開くことが出来るので、一冊あると安心です。

開催日時、開催場所

【日時】 5/9~6/17の毎週月曜日 9:15~12:00
【場所】 ERI名古屋支店会議室 (各回定員8名様)

という案内を、担当者の方から頂いたので、早速23日に応募しました。すぐにOKのご返事を頂きました。

 

第一部 建築確認のポイントQ&A

担当者の方が、直接説明されるのかなと思っていたのですが、DVDによる説明でした。

そんなに目新しいことは無かったですが、参考になった内容を少しだけ。

1.ホームエレベーターのサイズの改定。1.1㎡以下から、1.3㎡になった。

→これは、住宅の高層化や、車椅子のサイズアップに対応する為に、改正されたようです。

2.仮使用認定が、指定確認検査機関でも認定可能になった。

→うちは住宅が主なので、仮使用認定受けなくても、法律上は、使用出来るので、あまり関係ないかも。

3.検査済証がない建築物の増改築について、確認済証を取得出来るルートが出来た。

→既存建築ストックを有効に活用するために、改正されたようです。

4.令112条2項及び114条2項で、防火上主要な間仕切壁を小屋裏又は天井に達せしめなければならないとしていますが、次の部分にある間仕切壁については、小屋裏又は天井に達することが不要となります。H28年6.1施行

→①天井の全部を強化天井とした階 ②準耐火構造の壁等で区画された部分の天井が強化天井であるもの(強化天井=強化せっこうボード2枚貼りで計36㎜)

①②のいずれかの部分に設置する防火上主要な間仕切り壁については、小屋裏等に到達させる必要がない。

→→これは使える!と思ったのもつかの間、令112条第2項や114条2項は、500㎡超えるものや、学校、病院、建築面積300㎡を超える小屋組が木造の建築物対象なので、あまり日頃の業務には、関係が無かった。

→→令112条第2項については、500㎡超えるような建物ですが、114条2項は、長屋、共同住宅が対象なので、200㎡くらいの間仕切り壁を小屋裏まで達せしめなければいけませんでしたが、強化天井にすれば、達せしめなくても良くなりました。(お詫びして訂正します。)(訂正2017・1/17)

第二部 建築物省エネ法

私が建築を始めた頃に比べると、断熱材はどんどん「ぶ熱く」なっていき、随分と高断熱になった、と思っていたが、世界的規模からみると、どうも日本のレベルはかなり低いらしい。でもそれは、日本が比較的暖かい国だから、別に樹脂サッシや、トリプルサッシでなくても、全然問題ないのよ~と思っていたが、今後はどうもそういう訳にはいかなくなるらしい。

1.平成27年7月8日に「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」(=建築物省エネ法)が公布。

→「省エネ法」から建築物部門を独立させ、建築物全体の省エネ性能を向上させようとする新たな法律。

2.2017年から大規模非住宅建築物の新築で義務化

3.2020年までに戸建住宅を含む全ての建築物が対象になる予定

→300㎡超えると省エネ法がかかる、という程度の知識しかないので、この時点で既に頭が混乱している。

第三部 その他身近な変更等

1.宅造規制区域内での、合議方法が変更になった→参考資料

→今まで即日交付だったのに、事前審査が必要になり、かなり面倒になる。

2.指定確認検査機関への建築相談について、相談窓口が一本化される→参考資料

→今までは、指定確認検査機関でNGと言われても、愛知県でOKをもらえれば、それをネタに説得することが出来たのに、それが出来なくなるらしい。ということは、多分、グレーゾーンは厳しめになる予感。

→愛知県が特定行政庁になるものに限るので、名古屋市はセーフ

3.小さな倉庫の取扱について→参考資料

災害用に小さな鋼製物置等を備蓄倉庫として活用する事例があるので、ある一定の基準を満たしたものは、建築物として取り扱わないことになった。なので、申請も不要。

まとめ

分かりやすい資料もまとめて頂けるので、オススメのセミナーです。

費用もお手頃です。(私は事前に本を購入した上で臨んだので、セミナー代、1000円でした)

2016523225311.jpg

日本ERI 名古屋支店

セミナーのお知らせ

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

愛知建築士会の場所が変わっていたお話|昭和ビルから商工会議所ビルへ

一応、私は「愛知建築士会」というところに所属しています。ここに所属していると、建築に関する情報を毎月冊子にして、送ってくれます。あまり、事務所を訪れることはないのですが、今日はちょっと用事があり、久しぶりに名古屋市中区にある「昭和ビル」を訪れました。

昭和ビルに愛知建築士会がない

ご存知の方も多いと思うのですが、昭和ビルの前の道の一通って、よく混むんですよね。今日も、渋滞。いつもよく停めていた駐車場は30分300円。今回はサービス券が出る訳ではないので、やっぱりちょっともったいないなあと、裏にある30分200円のところに回り込んだところ、全部満車です。仕方なく、もう一回ぐるっと回って、別の30分200円のところに停めました。やっと昭和ビルにたどり着き、念のため、入り口の表示板の所で、階数を確かめます。「確か5階だったよね~」。・・・じっと確認するも、5階の欄に「愛知建築士会」は無い。あれ、6階は?4階は?と確認しても、どこにも「愛知建築士会」がない!そこでやっと、「もしかしたら場所が変わった?」と気が付きました。手元の書類をよくみると「商工会議所ビル」と書いてある。念のため、電話をして確認すると「昨年の6月に変わりました~」と女性の方。知らなかった~。連絡ってあったっけ?

伏見にある「商工会議所ビル」

昭和ビルから商工会議所ビルは、地下鉄で一駅くらいなので、まあまあ近いです。早速また車で移動しました。商工会議所前の道はパーキングエリアがあるので、めんどくさいので、そこへ停めました。結局、300円。

2016521214523.jpg

あ~、ここだ。

2016521214537.jpg

今度は9階の欄に「愛知建築士会」とあります!

2016521214531.jpg

ここだ~。やっと辿り着いた。何だか、こじゃれたエントランスになってます。

 

多分、毎月送られてくる冊子に移転の情報は載っていたのでしょうが、全部細かく見ているわけではないので、気が付かなかった(>_<)

久しぶりに「愛知建築士会」へ行かれる方は、間違って「昭和ビル」に行かれないよう、新しいビルは「商工会議所ビル」ですよ~

 

 

愛知建築士会

〒460-0008 名古屋市中区栄2丁目10番19号 名古屋商工会議所ビル9階

TEL(052)201-2201(代) FAX(052)201-3601

 

 

 

 帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

経営指針の実践活用による企業再生|講演会|同友会

今週は2回目の同友会研修です。今日は起死回生した経営者「丸正精工㈱」の今吉社長のお話です。

同友会に誘って頂いた方のお話なので、楽しみにしてました。

私は苦労知らずだった

同友会に所属する経営者の方は、お父さんの会社を継いだ、というような方がとても多いなという印象です。順風満帆にいく人もいれば、リーマンショックなどの影響を受けて、というケースもあるようです。今吉社長のすごい所は、すぐそこに「がけが見えた」という不況の中でも「あきらめず」に立ち向かう強さを持っていたというところです。色々智恵を貸してくれた仲間がいたというところも、大きかったようです。私の場合は「なんだか、どんどん売り上げが下がっていくな~」と思いながらも、「決算書」に目を通すこともなく、とりあえず目の前の仕事をこなせば何とかなるさ、という、お気楽な考えでした。

企業理念の必要性

2年~3年程前、別の経営コンサルタントの方の勉強会に参加し、その際にも、「企業理念」を作った記憶があります。何を書いていいのか分からないので「お客様に喜んで頂けるプランを書く」というような、内容だったような気がします。一人事務所でも、「企業理念」は必要なんだと感じました。これから、少しずつ企業理念、まとめたいと思っています。

経営者ではなく、職人だった

私は、図面を書くことが好きなので、経営者というより、どちらかというと職人気質なんだろうと思います。(自己分析)これからは、人を採用することも視野に入れながら、経営者になる必要があると感じました。

望んでいなかった独立

そもそも、一級建築士に合格した後、師匠から「設計事務所として独立しろ」と言われても、全く気乗りがせず、所員のままでいいやと思っていました。結局気乗りしないまま、平成16年度の7月の一級建築士学科試験の時期がきて、この年はそれまでと違って試験が超簡単になり、(超簡単というのは、受けた人に聞いた話ですよ)いつもの2倍以上の合格者を出しました。そこでやっとおしりに火がついて、「本当に独立するんだったら、早くしないと、H16年組に先を越される」と危機感を持ち、H15年12月25日の合格発表から8か月後のH16年8月に、独立の手続きをしました。その後、結局元の「並松設計」を引き継ぐような形になり、今に至るという感じです。

今後のAi設計

望んでいなかったとはいえ、「事務所の経営」という道に乗っかってしまったのは事実です。もう、後戻りは出来ません。今日の今吉社長のお話にもあったように「覚悟」を持って、これから来るであろう不況に備える必要があると感じました。

 

今日の同友会研修も、刺激的な良いお話でした。

 

 

 帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵