ホーム>Ai設計室ブログ

名古屋市美術館|設計者:黒川紀章

名古屋市美術館|設計者:黒川紀章

2017219162428.jpg

2017219182235.jpg

愛知県出身の設計者「黒川紀章」さん設計の「名古屋市美術館」について、簡単にご紹介します。


【目次】

  1. 建築物の概要
  2. 名古屋市中区の白川公園内にある美術館です
  3. 南北に長い、三角形の形状をしています
  4. 日本の伝統的な手法
  5. 常設展示品
  6. 設計者は、黒川紀章さんです。
  7. コーヒーショップ

建築物の概要

昭和63年(1988年)に開館した建物です。

美術館のテーマは「西欧と日本の文化、あるいは歴史と未来の共生」。

 

設計者の黒川紀章が、「名古屋の伝統的な建築物の意匠や、日本の伝統的手法と色彩」を取り入れて、考えたそうです。

名古屋市中区の白川公園内にある美術館です。

2017219164557.jpg

車を近隣の駐車場へ停めて、東の方角から美術館へ向かうと、地球儀が見えてきます。

(写真で見ると、汚れが目立ちますね。たまに役所の方が、掃除しているらしいです)。

 

この地球儀、コンクリート製なんだそうです。

 

その奥に見えるのが「名古屋市美術館」です。

南北に長い、三角形の形状をしています

2017219165627.jpg

グーグルマップで見ても、かなり特徴のある形状だということが、よく分かります。

すごく広い敷地にゆったり建っているようなイメージがありますが、公園内ということで、建ぺい率、容積率については、かなり厳しい制限があり、1層は地下、地上階は2層に抑え、南北の主要な軸と、北西に開いた副軸とで構成されています。

主軸である南北の軸は、ぴったり名古屋城へとつながります。

日本の伝統的な手法

201721917452.jpg

特徴的な入口の井桁状の意匠は、アプローチグリッドといって、「鳥居の引用」だそうです。

コンクリート製でかなり高さがあり、また屋根がないのでより伸びやかに見え、建物が空と一体になったような錯覚を受けます。

これがあるのとないのとでは、建物の印象が随分変わってきます。

 

201721917116.jpg

企画展示室へ入る手前に前室があり、高い吹抜になっていて、トップライトから柔らかな光が降り注ぎます。

このトップライトには、完全遮光パネルと半遮光の乳白パネル(紫外線カット)が装備されています。

簡単な展示もされています。

2017219171550.jpg

 

その他にも、内部のドア枠、窓に西欧の建築様式や江戸の天文図等が引用されています。

(エレベーターの枠などは特徴的でした)

 

梅鉢の紋や茶室の模擬などが取り入れられているそうです。

(全部は確認出来ませんでした)。

 

屋外にも、木曽川の風景や名古屋城の石垣、桂離宮御腰掛前二重枡形の手水鉢を引用したパーゴラなど、物語性をつくりだす為の記号が配置されているそうで、今度またじっくり見てこようと思います。

常設展示品

2017219182521.jpg

2017219182745.jpg

(画像はお借りしました)

常設展示室のピンクの部屋へ入ると、真っ正面にモディリアーニのおさげ髪の少女が目に入ります。

やっぱり名古屋市美術館といえば、おさげ髪の少女だよね~、と思います。

 

その他に、シャガールの下絵っぽいものが、沢山展示されていました。

色がついていなくても、「あ、シャガールの絵」って思います。

 

その他に、地元の画家の「三岸節子」さんがとても良かったです。

機会があったら、三岸節子美術館へも行ってこようと思います。

設計者は黒川紀章さんです

黒川紀章(くろかわきしょう:本名 くろかわのりあき) 

1934年(昭和9年)愛知県海部郡蟹江町生まれ、平成19年73歳で逝去

東海高校、京都大学、東京大学出身の建築家で、東大では丹下健三研究室に所属し指導を受ける。

 

東大在学中に「株式会社黒川紀章建築都市設計事務所」を設立。

 

晩年、よくテレビに出られていましたよね。

取材の中で「お昼ごはんはバナナ一本」と言っていて、ええっと驚いた記憶があります。

それであんなに細身なんだ~。

しばらく影響を受けましたが、続きませんでした。

コーヒーショップ

2017219185444.jpg

美術館の1階エントランスの奥にある、コーヒーショップの内部の雰囲気です。

 

白川公園に面した大きなガラスから、緑と日差しを楽しむことが出来、とてもリラックス出来ます。

 

美術館へ行くと、集中して見るせいか、結構どっと疲れるので、この空間はとても気持ちがいいです。

(今日は天気が良かったので、光がきらきらとまぶしかったです)

201721919123.jpg

ランチは、サンドイッチやパスタなど、喫茶店らしいメニューが揃っています。

そして、すべて手作りで、自然素材を使って、体に優しいものを提供してくれているそうです。

 

写真は昔ながらの?だったかな、ナポリタンセット。これに、サラダとコーヒーがついて、900円という、お得なセットです。

(コーヒーも、こだわりのコーヒーのようです)

201721919351.jpg

こちらの「栗白玉ぜんざい ほうじ茶 昆布付き」セットは、美術館へ入る前にひいたくじ引きで当てたものです。

なので、タダ!

本当は900円するものなので、結構ボリュームがありました。おいしかったけど、お腹一杯。


2017219223155.jpg

〒460-0008 名古屋市中区栄二丁目17番25号(芸術と科学の杜・白川公園内) 
電話 052-212-0001 Fax 052-212-0005

開館時間 午前9時30分~午後5時(入場は4時30分まで) 金曜日(祝日を除く)は午後8時まで(入場は7時30分まで)

休館日 毎週月曜日(祝日の場合は直後の平日)、年末年始

 


 

2017219102825.jpg

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

菱田春草の「黒き猫」に癒やされました|名古屋市美術館

名古屋市美術館 特別展「永青文庫 日本画の名品」

201721516161.jpg

パンフレットより

「恐るべき慧眼、旧熊本藩主細川家の16代目細川護立が集めた、日本美術史に残る名品の数々」

永青文庫とは、その細川家に伝わった文化財を保存、研究、公開しているところです。

元総理大臣の細川護煕は、18代目ですね。

前期と後期に分けて展示

今回の展示は、「永青文庫」所蔵品の展示なので、菱田春草だけではなく、横山大観、上村松園、鏑木清方、小林古径など、沢山の画家の展示がされています。

特にその中でも重要文化財、菱田春草「落葉」と「黒き猫」は、前期と後期に分けて展示されています。

前期が「落葉」、後期が「黒き猫」です。

 

「黒き猫」については、少し前にテレビで放映されていたということもあり、「クロちゃん見たい!」と思っていたので、後期の方へ出掛けました。

菱田春草「黒き猫」とは

菱田春草の「黒き猫」とは、2000x600の掛け軸です。

 

第4回文展に出品された作品で、当初は違う絵を出すつもりだったのが、着物の色が上手くいかなかったためあきらめて、締めきり直前の5日間で描き上げたということです。

猫って、知らない人をみると緊張して耳を反り返らせて身構え、毛が少し立ったりしますが、その様子がよく描写されていますよね。

 

このふんわり感は、「裏彩色」と言って、裏からも黒い色を塗ることにより、黒に輝きが加わる技法なんだそうです。

このふわふわ感、なんだか癒やされますよね~

 

柏の木は1日もかけずに描き上げて、残りの日にちを黒猫の表現に使ったそうです。

猫の目、柏の葉には金泥が用いられていて、緑青のぼかしが青味を残す柏の葉の質感の表現に効果を上げているんだそうです。

「黒き猫」で評価を高めた春草は、翌年36歳の若さでこの世を後にしたので、この作品は、春草の文展最後の出品作となりました。

その他に印象に残った絵画

展示されていた順番に、

●「山荘無月」横山大観

2017215163910.jpg

月明かりのない夜の闇の表現と、山荘で読書をする人の部屋の明かりの表現が、おもしろいと思った。

●「柿紅葉」横山大観

2017215162459.jpg

柿の葉っぱの柔らかくて半透明で、いずれ散ってしまうはかなさというか、本物の柿の葉っぱは、もっとガサガサしているのではないか、と思うのですが、大観はこういう表現をしたんだなあと。

●「寒山拾得」横山大観、下村観山

2017215163128.jpg

細川護立がお酒の席で「大観と観山は仲が悪いのではないか」と聞いたところ、「そんなことはありません」というので、「それなら、合作を作ってみろ」というような紆余曲折あって出来た作品なんだそうです。仲がいいと見せるためだとしても、画家の世界にもコラボってあるんだ~。各々、観山と大観の名がうってあるところも、おもしろい。

●「月影」上村松園

2017215164539.jpg

上村松園の作品は、これのみでした。子供がいる女性は眉を剃り落とすんだそうです。

●「三蔵・悟空・八戒」今村紫紅

2017215164852.jpg

猪八戒や孫悟空は、そのままの豚や猿の姿なのに、沙悟浄だけは人間の姿だなあ、と。沙悟浄って、かっぱだったよね?

●「孔雀」小林古径

2017215165212.jpg

遠目で見ても、色の鮮やかさが目を惹きます。わあ、きれい!という感想です。今年は酉年だし、絵はがきがあったら買いたかったんですが、売ってなくて、残念。

後期は2月26日まで、です。

2017214225826.jpg

「黒き猫」、まだ間に合いますよ~

クロちゃん、ぜひ見に行ってください!


場所:名古屋市美術館 

  〒460-0008 名古屋市中区栄二丁目17番25号(芸術と科学の杜・白川公園内) 
   電話 052-212-0001 Fax 052-212-0005

  開館時間 午前9時30分~午後5時(入場は4時30分まで) 金曜日(祝日を除く)は午後8時まで(入場は7時30分まで)

  休館日 毎週月曜日(祝日の場合は直後の平日)、12月29日~1月3日


201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

空き家の有効活用|シェアハウス|建築基準法

寄宿舎に係わる規準の合理化

2017212222754.jpg

「寄宿舎」は法律的には規制内容が厳しく、平成25年に「シェアハウスを寄宿舎に該当する」という見解が出てからは、規準に合わない「脱法ハウス」が多数続出しました。

空き家を再利用した「シェアハウス」はとても合理的な方法だと思うんですが、実際には法の壁があって、造りづらい状況になっていました。

また「グループホーム」は「寄宿舎」に該当するとされ、平成25年、長崎市における認知症高齢者グループホーム火災(死者5名)を契機とし、法律の見直しがされました。


【目次】

1.合理化に至った背景

2.防火上主要な間仕切り壁について

3.小規模で直接屋外へ避難するケース

4.避難経路が短いケース


合理化に至った背景

昭和40年に建てられた、鉄骨造一部木造・地上4階建ての認知症グループホームの複合施設で大規模な火災が発生し、グループホームの入居者さん13名のうち死者5名という痛ましい事故がありました。

この火災を契機に消防法令が見直され、認知症高齢者グループホーム等の高齢者施設について、原則全てにスプリンクラーの設置を義務づけることになりました。(平成25年12月27公布、平成27年4月1日施行)

その際に、「スプリンクラーを設置した場合には、建築基準法の防火規制を合理化すべきではないか」という意見が出て、

  • スプリンクラー設備を設けた場合
  • 小規模で避難が極めて容易な構造とする場合

においては、防火対策の規制を合理化することになりました。

※グループホーム等については、住宅からの転用を容易にするため、従来、防火規制の緩和の要望があった。

防火上主要な間仕切壁(令第112条第2項、令第114条第2項)について

【現行】

居室と廊下の間や一定規模毎の居室間の壁等を防火性能の高いもの(準耐火構造)とし、小屋裏又は天井裏に達せしめること

【規制緩和後】

下記参照ください(国土交通省の資料より引用)


以下のいずれかの場合は、間仕切壁の防火対策を適用除外とする。


A:床面積200㎡以下の階又は床面積200㎡以内毎に準耐火構造の壁等で区画した部分に、スプリンクラー設備を設けた場合

B:小規模※で、各居室に煙感知式の住宅用防災報知設備若しくは自動火災報知設備又は連動型住宅用防災警報器が設けられ、①又は②のいずれかに適合する場合

①「直接屋外等へ避難するパターン」
…各居室から直接屋外、避難上有効なバルコニー又は100㎡以内毎の他の区画(屋外及び避難上有効なバルコニーは、幅員50cm以上の通路その他の空地に面するものに限る。以下「屋外等」という。)に避難ができるものであること


②「避難経路が短いパターン」
…各居室の出口から屋外等に、歩行距離8m(各居室と通路の内装を不燃化した場合は16m)以内で避難でき、かつ、各居室と避難経路とが間仕切壁及び常時閉鎖式の戸(ふすま、障子等を除く。)等で区画されているものであること


※ 居室の床面積の合計が100㎡以下の階又は居室の床面積の合計100㎡以内毎に準耐火構造の壁等で区画した部分

 


特にグループホームのような場合には上記の「A」が使えそうです。

小規模な空き家を改装して「シェアハウス」にするような場合は「B」が使えそうです。

小規模で直接屋外へ避難するケース

「各居室から直接屋外、避難上有効なバルコニー又は100㎡以内毎の他の区画(屋外及び避難上有効なバルコニーは、幅員50cm以上の通路その他の空地に面するものに限る。以下「屋外等」という。)に避難ができるものであること」の、

「避難上有効なバルコニー」とは、例えば、お庭にバルコニーが設けられていたらOKね、というものではなく、例えば南側にお庭があって、道路が北側にあったとします。

その、隣地境界線とのスキマは、50㎝以上必要ですよ、ということを言っています。

最近の住宅は、民法上、隣地境界線と外壁面との距離を50㎝以上確保するのが通例になっていますが、昔の建物は、隣地境界線ぎりぎりに建てられているケースをよく見かけます。

その場合、南側に「バルコニー」があって、北側に道路があっても、「避難上有効なバルコニー」とはならないので、注意が必要です。

避難経路が短いケース

小規模な住宅の場合、使えるのがこの「各居室の出口から屋外等に、歩行距離8m(内装を不燃化した場合は16m)以内で避難でき・・・

というところで、各部屋の「ドア」から廊下の中心線で距離を測って、玄関ドアまでの距離が、8mまたは不燃化した場合は16m以下であれば、間仕切り壁等で仕切らなくても良い、ということです。

要は小さな住宅の場合、玄関まで近いんだから、火災が発生したらすぐに逃げてね、ということらしい。

小規模な住宅の場合、1階は問題ないケースが多いですが、2階は、階段の高低差の距離も考慮しないといけないので、プランによっては、16m超えてしまう場合もあるので、注意が必要です。

「内装を不燃化した場合」の「不燃化」とは

この、「内装を不燃化した場合」の「不燃化」には、二通りの方法があります。

1.各居室及び当該通路の内装の仕上げを難燃材料でした場合→

難燃材料(令1条6号)・・・5.5㎜以上の難燃合板、7㎜以上の石膏ボード(平12建告1402号)

【条文】→建築材料のうち、通常の火災による加熱が加えられた場合に、加熱開始後5分間第108条の2各号(建築物の外部の仕上げに用いるものにあっては、同条第一号及び第二号)に掲げる要件を満たしているものとして、国土交通大臣が定めたもの又は国土交通大臣の認定をうけたものをいう

108条の2→①燃焼しないものであること有害な変形、溶融、き裂その他の損傷を生じないものであること③避難上有害な煙又はガスを発生しないものであること

2.令第129条第1項第1号ロに掲げるものとした場合→難燃材料に準ずるものとして、国土交通大臣が定めたもの

 

通常、室内側は石膏ボード厚12.5㎜を使用することが多いので、ここでいう「不燃化」は、それほどハードルは高くありません。

 

常時閉鎖式の戸とは

通常のドアに「ドアクローザー」をつければ、常時閉鎖式のドアになります。ここでは、防火ドアにすることまでの要望はないので、扉を開けたら自動的に閉まるドアであれば、問題ありません。

ちなみに「ドアクローザー」とは、こんなものです。(画像はお借りしました)

2017213232644.jpg

まとめ

「寄宿舎」というと階段の勾配や、間仕切り壁など、住宅とは違った規制がかかるので構えてしまいがちですが、平成26年の法改正により、かなり身近な物となりました。ただ、階段については、既存不適格建物でない限り(新築する場合)、寄宿舎の勾配にする必要があります。

 

201727232737.jpg

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

無料設計相談会(予約制)

201761181932.jpg

 

Ai設計では、女性一級建築士による設計相談会を開催しています。

設計相談はもちろん、法規制や土地探しなど、

住まいや建築、インテリアに関することなど、お気軽にご相談ください。

〈例えばこんなこと〉
・何から始めればいいですか?
・建物を建てようと思ってるのですがプランニングをお願いしたい。
・お店を始めようと思っている、アドバイスが欲しい。
・購入しようとしている土地があるのですが、希望の建物が建つかどうか分からない。
 

などなど・・・

まずは、Ai設計まで「設計相談したいんですが・・・」とお気軽にお電話下さい。

予約制とさせていただいております。
お問い合わせフォームか電話にて受け付けております。
ご希望の時間と相談内容をお知らせください。

電話番号と相談時間

時間:AM10:00~PM18:00
場所:Ai設計にて

TEL:052-731-3317

2017113221447.jpg をクリックし、簡単な相談内容をご記入ください。

※ご希望日時を、3つ4つ上げて下さい。

※出来る限り、ご希望日時で調整させて頂きます。

 

 


帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

Twitter



2019218225826.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

2019219151044.jpg

2019219151110.jpg

2019219151130.jpg

2019219151155.jpg

2019219151224.jpg

2019219151241.jpg

 

趣味のブログ

 

<女性建築家・神社仏閣巡り>

神社仏閣、美術館に立ち寄ったりするのを、仕事の合間の楽しみにしてます。

 

2005年の独立当初からのブログで、当初は設計監理の「監理記録」として、

当時のお客様に勧められて始めたブログです。

良かったら、覗いてくださいな~(^^)/


2019218225826.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

2019219151044.jpg

2019219151110.jpg

2019219151130.jpg

2019219151155.jpg

2019219151224.jpg

2019219151241.jpg

 

確認申請が必要な用途変更|建築基準法

建築基準法の用途変更とは?

最近よく耳にする「民泊」や「シェアハウス」。

国土交通省も空き家利用を推進しているので、古い家を「民泊」や「シェアハウス」としてリニューアルケースも増えています。

その場合、法律的にどういう手続きをすればいいの?という疑問にお応えするお話です。


【目次】

1.建築基準法の用途変更とは?

2.確認申請が必要な用途変更

3.類似の用途間の変更は、確認申請不要


20172622728.jpg

 

例えば、「一戸建ての住宅」として建てた建物を、数年後に「シェアハウス」など、住宅とは違う別の用途で使用する場合、これは「用途変更」に値します。

ちなみに「シェアハウス」の様な「貸しルーム」は、平成25年9月6日、国土交通省により「寄宿舎」と位置づけられました。

→国土交通省資料より引用(外部リンク:資料

① 用途判断について
・今般、事業者が入居者の募集を行い、自ら管理等する建築物に複数の者を居住させる
貸しルーム」の実態が明らかになったが、こうした「貸しルーム」は、従前用途や改修の
有無等にかかわらず、建築基準法の「寄宿舎」の用途に該当する

確認申請が必要な用途変更(法第6条第1項、法第87条第1項)

・法6条第1項第一号、別表第1(い)欄に掲げる用途に供する特殊建築物で、その用途に供する部分の床面積が100㎡を超えるもの

    →この別表第1(い)欄の中に、「寄宿舎」「共同住宅」「ホテル」「旅館」が含まれます。

※ここで注意する必要があるのは、100㎡未満は確認申請不要なので、法適合させなくていいのかというとそうではないという事です。

類似の用途間の変更は確認申請不要(令第137条の18)

・次の各号の類似用途間への変更の場合は、確認申請は不要です。

一 劇場、映画館、演芸場
二 公会堂、集会場
三 診療所(患者の収容施設があるものに限る) 、児童福祉施設等
四 ホテル、旅館
五 下宿、寄宿舎
六 博物館、美術館、図書館
七 体育館、ボーリング場、スケート場、水泳場、スキー場、ゴルフ練習場、バッティング練習場
八 百貨店、マーケットその他の物品販売業を営む店舗
九 キャバレー、カフェー、ナイトクラブ、バー
十 待合、料理店
十一 映画スタジオ、テレビスタジオ

※ただし、三、六の用途で第一種低層、第二種低層にある場合、又は、七の用途で一・二種中高層住専地域、工業地域内にある場合は、上記例外はないので注意。

 

上記より、最近よく耳にする「一戸建ての住宅」から「シェアハウス」などの「寄宿舎」に用途変更をする場合で、100㎡をを超える場合は、確認申請が必要ということになります。

 

次回は、用途変更をする場合の法令の準用について、お伝えします。

 

201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

長年住んだお家に、ホームエレベーターを増設する場合|確認申請

家をご新築した当時は想像もつかなかったことだけど、お家を建てて20年、30年経つと

ご家族の状況、お体の状態も変わってきます。

だんだん、2階に上がる階段を昇るのがつらくなってきた。

エレベーターがあると楽なのになあ。

 

何年か経ったお家にエレベーターを付ける際、確認申請関係はどうなるかというお話です。


【目次】

長年住んだお家に、ホームエレベーター(昇降機)を増設するケース

エレベーター(昇降機)の申請は、どうなるか

構造的な補強

懐にやさしい金額になってきてます


長年住んだお家に、ホームエレベーター(昇降機)を増設するケース

20171312038.jpg

元々床があったところへエレベーターを設置するので、「増築」にはなりません。

2階部分は床を抜いて吹抜を造り、昇降路にしますが、この部分は「減築」にはなりません。

床面積に含まれるので、こちらも床面積の増減は無し、ということになります。

ただ、昇降路部分は「容積率の緩和」の対象になるので、マンション等で高層の場合、かなり有利になってきます。

エレベーターの申請は、どうなるか

木造2階建ての住宅のような4号建築物の場合、エレベーターの申請は不要です。(増設の場合)

2号になってくると(例えば、木造の住宅で3階建ての場合など)エレベーターの申請が別途必要になってきます。

4号建築物でも、新築の場合は、エレベーター(昇降機)の確認申請は、併願申請にする必要があります。

構造的な補強

ロープ式の場合、上から吊る形になるので、2階の天井部分へ梁が必要になってきます。

あと、1階の床下のスペースを確認する必要があります。

(通常の床下より、多少高さが必要です)

懐にやさしい金額になってきてます

数年前に比べて、ホームエレベーターはかなり金額的にも「懐にやさしく」なってきてます。

最初にプランする際、「将来のエレベーターの位置」を気にしておくのも、ポイントの一つかもしれません。

ただ実際は、そんなに気にしなくても何とかなってしまうので、問題はありません。

 

201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

既存不適格建築物の制限緩和|建築基準法

2017129231511.jpg

既存不適格建築物の制限緩和の条文について、掘り下げてご説明します。

法86条の7 既存の建築物に対する制限の緩和

条文には、こんな形で書かれています。(一部省略)

 第3条第2項の規定により、

「第20条、第26条、第27条、第28条の2,第30条、第34条第2項、

第47条、第48条第1項から第13項まで、第51条、第52条第1項、第2項若しくは第7項、

第53条第1項若しくは第2項、第54条第1項、第55条第1項、第56条第1項、

第56条の2第1項、第57条の4第1項、第57条の5第1項、第58条、

第59条第1項若しくは第2項、第60条第1項若しくは第2項、第60条の2第1項若しくは第2項、

第61条、第62条第1項、第67条の3第1項若しくは第5項から第7項まで又は

第68条第1項若しくは第2項」

の規定の適用を受けない建築物について政令で定める範囲内において増築、改築、

大規模の修繕又は大規模の模様替(以下、「増築等」という)をする場合

第3条第3項第三号及び第四号の規定にかかわらず、これらの規定は適用しない。

各条文について

適用を受けない建築物について、条文を分かりやすく書きます。

・第20条(構造耐力)→高さが60mを超える建築物、

              木造3階建て以上又は延べ床500㎡超えで高さが13m、軒高9m超えるもの

              木造以外で2階建以上、延べ床200㎡超えで、RC階数4,高さが20mを超えるRC又はSRC

・第26条(防火壁)

・第27条(耐火建築物等としなければならない特殊建築物)

・第28条の2(石綿その他の物質の飛散又は発散に対する衛生上の措置)

・第30条(長屋又は共同住宅の各この界壁)

・第34条 第2項(非常用昇降機)

・第47条(壁面線による建築制限)

・第48条 第1項~第13項まで(用途地域)

・第51条 (卸売市場等の用途に供する特殊建築物の位置)

・第52条 第1項、第2項若しくは第7項(容積率)

・第53条 第1項若しくは第2項 (建ぺい率)

・第54条 第1項(外壁の後退距離)

・第55条 第1項(建築物の高さの限度)

・第56条 第1項(建築物の各部分の高さ)

・第56条の2 第1項(日影)

・第57条の4 第1項(特例容積率適用築内における建築物の高さの限度)

・第57条の5 第1項(高層住居誘導地区)

・第58条(高度地区)

・第59条第1項 若しくは 第2項(高度利用地区)

・第60条第1項 若しくは 第2項(特定街区)

・第60条の2 第1項 若しくは 第2項(都市再生特別地区)

・第61条(防火地域内の建築物)

・第62条第1項(準防火地域内の建築物)(外壁及び軒裏)

・第67条の3 第1項 若しくは 第5項から第7項まで(特定防災街区整備地区)

・第68条第1項若しくは第2項(景観地区)

の適用を受けない建築物について、「増築等」をする場合、これらの規定は適用しない。

既存不適格建築物と違反建築物の違い|建築基準法

【目次】


・既存不適格建築物とは?

・そのまま、使っていいの?

・違反建築物とは?

・どんな時に適合させるのか?

・既存不適格建築物に対する制限緩和の条文について

・建築基準法 第3条(適用の除外)第2項

・建築基準法 第86条の7(既存の建築物に対する制限の緩和)


既存不適格建築物とは?

元々建っていた建物を、ちょっとリフォームしたり、増築したりする場合、法律的にどうなの?と迷う事があると思います。

まず、昔のお家(建物)は、適法になるかどうか、というお話です。

既存不適格建築物とは、現に存する、又は工事中は適法だったが、その後の法改正やによって、現在の法律に適合しなくなってしまった建築物のことです。(建築当時、確認申請が通って完了検査を受け検査済証が発行されている建物が該当します)

※改正前の従前の規定に適合していなかったものは違反建築物として取り扱われます

2017122192229.jpg

既存不適格建築物は、そのまま使っていいの?

既存不適格建築物を、そのまま継続して利用する場合は、特に問題ありません。(合致させる必要はない)

例えば、クロスを張り替えたり、古くなったキッチン・浴室・洗面などを入れ替えるだけの場合、

継続して利用する、に該当します。

違反建築物とは?

違反建築物は、既に建てた当初から当時の法律に適法していない場合と、建てた時は適法していたのに、その後の増築等で違反となった場合があります。

「違反建築物でない状態」を確認する方法は、建物を建てた当時の「確認済証」と「完了検査済証」が必要になります。

昔は、確認申請だけを通して、完了検査を受けていない建物が多くありました。完了検査を受けていない建築物は既存不適格ではなく、確認申請した図面と異なる建物を造っている可能性があり、それはすなわち、違反建築物である可能性が高いと言えます。

違反建築物は既存不適格と違い、現在の法令に適合していないことはもとより、建てた当時の法律にも適合していない建物になります。そうすると、現行法規に適合していないことは勿論、建てた当初から当時の法律にも適合していない建物になります。従ってこの種の建物はこの状態のままでは、増改築の申請はできません。

こういった様々な問題を解決するためには、建物を「違法ではない状態」にする必要があります。

「違法ではない状態」というのは、建物を建設したときの法律に適合している、あるいは現行法規に適合しているということを、法的に証明されている状態のことをいい、一般的に完了検査済証が必要になります。違法建築の物件を、違法ではない状態にしなければならなくなったときには、その時点での現行法規に則った改修を行うことが必要になります。

どんな時に適合させるのか?

1.既存不適格状態にある建築物について、増築、改築、大規模修繕・大規模模様替等を実施する場合

  →原則として建築物全体を現行規定に適合させることが必要です。(原則既存部分も遡及適用されます)

   しかし、遡及しなければいけない部分は計画の内容によって様々な緩和があります。

2.既存不適格状態にある建築について、一定の用途変更を実施する場合

  →法令で定められた規定について現行規定に適合させることが必要です。

    現行の法令に全て適用する必要もなく、それについて、法87条で取り決めています。

既存不適格建築物に対する制限緩和の条文について

・法第3条第2項 (適用の除外)

・法第86条の7 第1項~第3項 (既存の建築物に対する制限の緩和)

・法第87条 (用途の変更に対するこの法律の準用)

・令第137条~137条の15 (既存の建築物に対する制限の緩和等)

建築基準法 第3条(適用の除外)第2項

(条文を引用します)

この法律又はこれに基づく名利若しくは条例の規定の施行又は適用の際

現に存する建築物若しくはその敷地又は現に建築、修繕、若しくは模様替えの

工事中の建築物若しくはその敷地がこれらの規定に適合せず、又はこれらの

規定に適合しない部分を有する場合においては、当該建築物、建築物の敷地、

又は建築物若しくはその敷地の部分に対しては、当該規定は適用しない。

(要するに、建築基準法令の規定を受けない建築物をいう)

→内容については、後日詳しく書きます。

建築基準法 第86条の7(既存の建築物に対する制限の緩和)

法86条の7は、法第3条第2項の規定を適用しない「範囲」を定めたものです。
→こちらも内容については、後日詳しく書きます。

 


201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこち