ホーム>Ai設計室ブログ>部屋の防音について

お部屋を防音室にする|ピアノ、ドラムなど|オススメの防音室

防音効果のかなり高い防音室

201731319937.jpg

ピアノ室などの音楽室を計画させて頂く際、ご要望として、

  • しっかり防音したい。
  • 夜遅くまで弾く(練習する)ので、近隣の人には迷惑をかけたくない
  • ボックスタイプの防音室は、部屋が狭くなるので、気が進まない
  • 防音+良い音で響くようにしたい
  • 出来るだけ、コストを抑えたい

というお声を多く頂きます。

 

今回は、かなりレベルの高い防音工事をしてくださる方をご紹介します。


【目次】

1.今の環境を変える必要がない

2.きちんと響く

3.信頼出来る防音技術

4.ボトムラインの工事もされています


今の環境を変える必要がない

かなりレベルの高い防音工事をしてくださる方、それは星ヶ丘にショールームを持つ

株式会社KOTOBUKI」さんです。

 

お客様の家で、ワンルームマンションから実現出来ます

 

好きな時間に好きなだけ思いっきり演奏出来る環境を、提案してくださいます。

 

私もショールームで体験しましたが、その防音効果は、メーカー製のものより断然優れていると感じました。


賃貸でもOK!

近隣の方にもご迷惑はお掛けしません。

 

どんな構造(木造戸建て、RCマンション、S造住宅、ビルのテナント等)でも、構造特性を理解した上で、お客様の防音目的、ご予算に応じて、又、使用する機材や楽器に合わせて、カラオケから本格的な演奏まで提案しています。

(社長は一級建築士でいらっしゃいます)

きちんと響く

よくお聞きするのは、「防音は確かに出来たけど、音の響きが変わってしまったのよね・・」

ピアノのプロの方などは、特に微妙な響きを気にされます。

 

株式会社KOTOBUKI」さんは、音を壊すことなく、防音しながら響きを持たせる技術があります。

 

私も防音室で体験しましたが、音がまろやかな響きになったように感じました。



そんな演奏する楽器からボイスレッスンまで、目的に合わせて演奏(歌う)する立場から響き過ぎず、響かさせ過ぎない工法で音楽空間を創作してくれます。

信頼出来る防音技術

社長が趣味でドラムをされるので、実際に体験してきました。

 

まずは室内~室内に関していいますと、KOTOBUKIさん独自の防音ドアにより遮音をし、更にメーカーの防音ドアを二重に設けると、あのドラムの音が全く聞こえなくなる、という衝撃の体験をしました。

 

室内の騒音源が88dBの場合、外部のサッシを通して、

 

防音する前が79dBのところ、防音工事をした後は46dBという結果でした。

 

ピアノの防音に関しては、防音工事前が78dB、防音工事後は46dB、

ギター防音については、防音工事前が81dB、防音工事後は47dBでした。

 

50dB前後まで落ちれば、十分静かな環境になっていると思われます。

ボトムラインの工事もされています。

音響設計の難しい、ボトムラインの工事もされています。

当然、外部にも音もれのない防音工事、演奏者が気持ちよく演奏出来る音の感動をプロデュースしています。

 

これだけのクオリティでありながら、メーカーの防音室よりもお値打ち!

 

ぜひ、まずはショールームでその防音効果を体験なさってください。

2017313185038.png

2017318114034.jpg

 

〒464-0095 名古屋市千種区天満通2-35-2
[TEL] 052-721-9994/[FAX] 052-721-9990


2017313225957.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

A i 設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

 

お部屋を防音室にする|ピアノ、ドラムなど|壁の防音の方法

戸建住宅、マンション、いずれの場合も「防音」は、悩ましいテーマです。

201731318416.jpg

ピアノ室などの音楽室を計画させて頂く際、ご要望として、

  • しっかり防音したい。
  • 夜遅くまで弾く(練習する)ので、近隣の人には迷惑をかけたくない
  • ボックスタイプの防音室は、部屋が狭くなるので、気が進まない
  • 防音+良い音で響くようにしたい
  • 出来るだけ、コストを抑えたい

というお声を多く頂きます。

 

今回は、壁の防音の方法について見ていきます。


【目次】

1.音の伝わり方の種類

2.材料ごとの遮音について

3.開口部の遮音性能

4.ドアの遮音基準

5.換気口の防音装置


音の伝わり方の種類

音の伝わり方には、主に3種類あります。

  • 反射 (跳ね返った音)
  • 透過 (遮蔽物を通り抜けた音)
  • 吸収 (遮蔽物によって消滅した音)

 

2017313152232.jpg

 

この図から、

入遮波=反射波+吸収(熱エネルギー)+透過波

ということが分かります。

 

遮蔽物である「壁」が完全な剛体ならば、音波の振動エネルギーは、全て反射されます。

(音は重量がある物ほど、防音効果が高い)

 

逆に、壁が弱くて振動すると、音波は反対側に「透過波」として伝わってしまいます。

 

音波は壁を通過するときに、振動エネルギーは熱エネルギーとして吸収される量があります。

 

なので、反射しなくても、吸音率が高ければ、防音効果は高いと言えます。

材料ごとの遮音について

<コンクリート壁>

質量が大きくなると、オクターブあたり5dBの勾配で遮音性能は大きくなる。

コインシデンス効果が生じる周波数も、計算値と一致する。

 

コンクリート系の住宅の外周壁として使用する場合、120㎜~150㎜の厚さの壁で、500Hzで50dBの遮音性能があり、騒音に対しては、十分な性能といえます。

※コインシデンス効果→特定の周波数において、壁等の屈曲振動と音波の波長が一致すると、振動が大きくなり、遮音性能が下がる現象。

<コンクリートブロック>

表面処理をせずにそのまま使用すると、質量則より遮音値は小さくなる。

 

しかし、表面に合成樹脂塗料、モルタル、プラスターなどを塗って通気性をなくすと、ほぼ質量則通りの遮音値が得られる。

コインシデンス効果による遮音値の落ち込みは少ない。

<中空二重壁>

中空二重壁は、基本的には下記の図のような遮音性能を示すが、表面の材料によって変わる。

2017313163841.jpg

●表面材

表面材の質量を増すと遮音性能は増加する傾向にあり、表面材を複層にすると特定の周波数での遮音性能の落ち込み(コインシデンス効果)は緩和される。

●中空層

中空層の厚さを増すと、低音域の遮音性能は改善される。(上部の表、第Ⅱ領域)中空層にグラスウールやロックウールなどの吸音材を挿入することでも、遮音性能は良くなる。

 

木造系の住宅は、コンクリートの壁に比べると、遮音性能は劣りますが、この中空層の壁、ロックウールなどの吸音材の組み合わせにより、コンクリート壁と同等くらいの遮音性能を得ることが出来ます。

●間柱

表面材の間柱への取付方法や、間柱を独立(千鳥で配置など)するかしないかによっても、遮音性能は変化する。

●GL工法

コンクリートの壁の仕上げ工法として、集合住宅などによく用いられる。

コンクリート単体と比べると、実際には低音域、高音域で、遮音性能は小さくなる。これは、表面材とコンクリート壁との間にある空気がバネになって表面材を振動させる為です。

開口部の遮音性能

どんなに部屋と部屋の間にある壁を遮音しても、窓の遮音性能が低いと、窓を通して音は伝わってしまいます。

そこで、窓の遮音性能について、見ていきます。

<窓(防音サッシ)の遮音基準>

JISで、窓(サッシ)の遮音性能について、4つの等級を定めています。

数値が大きいほど、遮音性能は高いといえます。

2017313171634.jpg

騒音レベルと、サッシの性能によって、どのくらいの遮音性能があるかを示した図です。

T-1レベルでも、街の騒音レベルなら、かなり改善されることが分かります。

2017313171935.jpg

 

ドアの遮音基準

今の所、住宅用のドアに関しては、集合住宅の界壁で規定されているような遮音設計基準は無いです。

一般的に、ピアノ室のような音楽室には、メーカーのスチール製「防音ドア」を採用することが多いです。

ヤマハ防音ドア

ダイケン防音ドア

東洋シャッター防音ドア

 

換気口の防音装置

今は、24時間換気が義務付けられているので、換気口の問題は避けられません。

せっかく壁、サッシで遮音をしても、24時間換気の換気口から音が漏れることも、十分にあり得ます。

そこで、ロスナイという熱交換型の同時給排の換気扇を使用します。

これに、防音フードを付ければ、合計で約40dBの遮音性能があります。

ロスナイ(三菱)

 

40dBの遮音性能では足らない!と言う場合は、換気ダクトを設けて、少し離れた所と給排気をする、という方法もあります。

その場合、換気ダクトの防音も検討する必要があります。

 

 

※次回は、床の防音の方法を見ていきます。


2017313225957.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

お部屋を防音室にする|ピアノ、ドラムなど|音の知識

戸建住宅、マンション、いずれの場合も「防音」は、悩ましいテーマです。

2017310224148.jpg

ピアノ室などの音楽室を計画させて頂く際、ご要望として、

  • しっかり防音したい。
  • 夜遅くまで弾く(練習する)ので、近隣の人には迷惑をかけたくない
  • ボックスタイプの防音室は、部屋が狭くなるので、気が進まない
  • 防音+良い音で響くようにしたい
  • 出来るだけ、コストを抑えたい

というお声を多く頂きます。

 

では、まず音の基本的な内容から見ていきましょう。


【目次】

1.音の強さのレベルについて(dBデシベル)

2.音圧(音圧レベル)

3.周波数

4.音の強さのレベルについて(dB)

5.参考までに、身近な音の大きさです。

6.楽器の大きさ


音の強さのレベルについて(dBデシベル)

音の大きさとは、人間の聴覚が感じる音の強さの事です。

 

音の強さ」は音波の進行方向に垂直な単位面積を単位時間に通過する、音のエネルギーをいいます。

単位記号はW/㎡

 

音の強さのレベル」は基準の音の強さ(最小可聴音)と対象音の比の常用対数の10倍をいいます。

 

音の強さを表す単位として、dB(デシベル)を使い、音圧レベルと同じ数値を表します。

音圧(音圧レベル)

人の声や楽器の音など、音が出ると少しだけ空気の圧力が変動します。

この変動した空気の圧力を音圧といい、単位はパスカル(Pa)で表します。

 

音圧レベルとは、成人の最小可聴音(p0 = 20×10−6 Pa)を基準の音圧とし、対象音圧との比の常用対数の20倍をいいます。実際パスカルで表すと、桁が多くなりすぎて実用になりません。

 

そこで、単位はdB(デシベル)を使います。

周波数

音はある速さで空気が振動する現象をいい、その振動の速さを周波数といいます。

具体的には、1秒間に振動する回数(繰り返される波の数)のことです。

 

単位は、ヘルツ(Hz)で表します。

 

数値が小さい(振動がゆっくり)と、低い音、数値が大きい(振動が速い)と高い音に聴こえます。

人間の耳に聴こえるのは、一般的には20Hz~16000Hzと言われています。

 

音の強さのレベルについて(dBデシベル)

音の大きさとは、人間の聴覚が感じる音の強さの事です。

 

音の強さ」は音波の進行方向に垂直な単位面積を単位時間に通過する、音のエネルギーをいいます。

単位記号はW/㎡

 

音の強さのレベル」は基準の音の強さ(最小可聴音)と対象音の比の常用対数の10倍をいいます。

音の強さを表す単位として、dB(デシベル)を使い、音圧レベルと同じ数値を表します。

 

音の大きさの例として、

  • 美術館、博物館→40dB
  • 普通の会話→60dB
  • 交通量の多い道路→80dB

となり、大きな数値ほど、大きな音ということになります。

 

ここで、美術館と普通の会話のdBの差は、20dB(デシベル)(60-40)になります。

この20dBの差は、実際に測定器を使って測定すると、10倍の違いになります。

(下記は資料をお借りしました)

【dB(デシベル)と倍率の関係】
   dB(デシベル)の差            倍率
   0dB(デシベル)              1倍
   6dB(デシベル)              2倍
  20dB(デシベル)             10倍
  40dB(デシベル)            100倍
  80dB(デシベル)           10000倍

つまり、dB(デシベル)同士の引き算(60-40=20dB)は、倍率(10倍)を表すことになります。

そして、これらは、対数という計算式を使って求めます。

参考までに、身近な音の大きさです。

10dB 聴こえる音の限界、ほぼ無音
20dB 寝息、呼吸する音
30dB ラジオスタジオ、特別病室、夜の住宅、ささやき声
40dB 美術館・博物館・図書館、閑静な住宅街、小雨の音、寝室・客室
50dB 待合室、静かな事務所、静かな室内、
60dB 普通の会話、静かな乗用車
70dB 掃除機の音、大きな声、テレビ中音、新幹線内
80dB 地下鉄の車内、大型幹線道路
90dB 犬の鳴き声、カラオケ、パチンコ店内
100dB 電車が通るときのガード下
110dB 自動車のクラクション
120dB 新幹線鉄橋通過音
130dB 飛行機のエンジン音

一般的に、室内で快適な暮らしができる許容騒音レベルは、40dB以下といわれています。

楽器の音の大きさ

10dB 無響音
30dB 録音スタジオ
80dB 生ギター、ヴァイオリン子供
90dB ピアノ低学年、クラリネット、フルート
100dB ピアノアマ、ファゴット、オーボエ、ハープ
110dB ピアノプロ、アルトサックス、
120dB テナーサックス、ライブハウス、吹奏楽演奏
130dB 生ドラム、ロックバンド、パーカッション

 

 

※次回は、実際の防音の方法を見ていきます。


 

2017313225957.jpg

 

 ポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353