ホーム>Ai設計室ブログ>リノベーション

家からシェアハウスへ|リノベーション|構造の確認

家からシェアハウスへ|リノベーション

201748134148.jpg

在来木造の住宅をシェアハウスへリノベーション。

既設建物の構造の確認をしてきました。


【目次】

1.昭和53年に新築した建物

2.小屋組の確認

3.2階の床の確認

4.基礎の確認

5.耐震改修の際、参考にした書籍


昭和53年に新築した建物

今回リノベーションをする建物は、昭和53年(1978年)に新築されました。

昭和53年ということは、旧耐震基準になります。

(新耐震基準は昭和56年|1981年に制定)

 

20174819268.jpg

(画像はお借りしました)

 

旧耐震基準の建物は、中地震(震度5強程度)に耐えるように設計されていて、大地震(震度6強から7)に対するチェックはされていません。

 

本当は耐震診断等をして、それ相応の補強をするのが望ましいです。

 

今回はご予算等の関係により耐震補強はせず、現況をチェックして、抜いてはいけない柱等を確認しました。

小屋組の確認

201748161358.jpg

小屋組の様子です。天井を一部開けてもらって、脚立にのって背伸びして確認しました。

 

約40年前の建物にしては、部材もきれいですし、雨漏り等の跡もありません。

 

地鎮祭の際の「棟札」が掲げられています。

この棟札をみると、40年前の建物に携わった方々の「想い」みたいなものを感じます。

 

201748162649.jpg

棟木を支える束の下には、しっかりした松丸太の小屋梁が入っていました。

その松丸太を支える大きな梁が間口一杯に飛んでいて、その下の柱、壁はかなり荷重を受けているようなので、

その下の柱や壁は大切にすることにしました。

2階の床組

20174816473.jpg

1階の天井の一部をめくってもらったので、2階の床組の確認も出来ました。(全体ではありませんが)

上に見えているのが2階の床、下に見えるのは、1階の天井です。

小屋裏からの荷重が2階のどの柱に伝わって、2階の床梁に伝わり、そして1階のどの柱へ

伝わっているかを確認しました。

 

基礎の確認

201748165253.jpg

基礎はブロックではない基礎でしたが、無筋基礎のようです。(人通口の開口より)

住宅基礎が鉄筋コンクリートが主流となったのは、昭和56年の新耐震の翌年、昭和57年の住宅金融公庫の標準仕様の改訂以降からなので、この頃の基礎が無筋基礎というのは、結構普通に見られます。

今回は敷地の外側からみることが全く出来ないので、2箇所ほど床に穴をあけてもらって確認しましたが、

特にひび割れ等は無いように見えました。

20174817284.jpg

土台に関しては防腐防蟻処理がしてあり、居室の床には防湿シートが貼られていました。

なので、床下は比較的乾燥していて、じめじめした感じはありませんでした。

ここの基礎もひび割れ等はしておらず、全体的にきれいでした。

耐震改修の際、参考にした書籍

今回は耐震改修はしませんが、以前、耐震改修をさせて頂いた際に参考した書籍です。

「愛知県木造住宅耐震改修マニュアル」

20174818852.jpg

無筋コンクリート基礎を有筋にする方法もこちらにかかれています。

その他、よくテレビでもやっていますが、アラミド繊維シートや炭素繊維シートを巻く方法もあります。

 

床水平構面を構造用合板に替える方法などは、実際には胴差しへ掛ける必要があるので、

全部めくってしまわないと、なかなか耐震性をアップさせることは難しいです。

 

(こちらの書籍は、愛知県建築士事務所協会にて購入出来ます。)

 

今回は耐震補強はしませんが、必要な柱を取ってしまわないようなチェックをさせて頂きました。

全部めくってしまう訳ではないので、確認にはかなりの時間を要します。

今回も2時間くらいかけて部材を確認し、図面へ落とし込んで、上部構造からの力の流れを確認しました。

 


2017313225957.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームって、どう違うんですか?!というご質問を頂くことがあります。

「リフォーム」と「リノベーション」、どんな違いかを簡単にご紹介します。

リフォームとは

リフォームとは、古くなった建物を、新しい状態に戻すことを「リフォーム」と言います。

あまり大きく間取りを変えずに、古くなったクロスを新しくしたり、キッチンやお風呂も、同じ位置で器具のみ新しくするような場合は「リフォーム」です。

 

リノベーションとは

リノベーションとは、元の間取りやイメージを大きく変えるような場合、「リノベーション」といいます。

住む人のライフスタイルが変わってきて、改めて間取りも含めて大きく改修するような場合は、「リノベーション」です。

単純に壁紙、床材を新しくするだけではなく、新しい価値を生み出す場合は、これに当たります。

 

 

※また時間をみて、少しずつ詳しく解説していきます。

 

2016122232338.jpg

 

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵 Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12 電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353 新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

17年前のリノベーション|変わらず気に入って頂いています。

17年前、リノベーションを担当させて頂いたお客様の家へ、おじゃましました。

プランニングを担当した当初は、私が29歳~30歳くらいで、今回のご計画のメインである奥様は、最初お伺いした際は、めがねをきりっとかけておられてちょっと怖かったのですが、お話してみると、とても気さくでお茶目な方です。

ご結婚と同時にご新築されたお家のリフォームです。

ご新築後25年くらい経って、子育ても一段落したので元々1階にあった主寝室を2階へ移して、その主寝室をアトリエにされたいというご要望でした。

当初現地調査で、クロゼットから天井点検口を開けて、小屋裏を覗かせて頂いた記憶があります。

設計のポイント

東西に広いお土地で、南側はあまり距離がとれないということと、クロガネモチの木は残されたいというご要望から、部屋の中から見た時に、窓の一つ一つが額縁になるような設計にしてみました。元々の主寝室から、ちょっとだけアーチ状に増築するだけでも、随分と広がりが出ます。

私の拙い絵を、すぐに受け入れてくださったのを覚えています。(東南のアーチ状が増築部分)

201612222148.jpg

17年前のリノベーション直後の写真

【アーチ状に増築した部分】

天井部分の梁は、当初流行っていた発泡スチロールに木のような模様をつけたものか、木調のクロスと悩んで、最終的にクロスになりました。窓は、輸入木製サッシ、マーヴィン社の物で、枠の塗装をするのになかなか思うように色が入らなくて苦労しました。入口の外部ドアは、奥様のお兄様から頂いたものです。

増築したアーチの床は、本当にプランニング通り、テラコッタ風のタイルを斜め張りにしました。

アーチ上のカウンターの下の収納も、画材等を入れて頂いていて、このちょっとした収納が大活躍!

この収納の扉は、造作で造りました。

201612222829.jpg

 

【和室から、増築したウッドデッキを見る】

このウッドデッキは、和室~アトリエ~庭をつなぐ中間的な役割です。

2016122231216.jpg

 

【増築したウッドデッキを、外側から見る】

写真には写っていませんが、柱の上には、パーゴラ風の梁があって、アーチ状に増築したバルコニーの床へと繋がります。

このパーゴラがまた味があって、いいんですよね~

この玄関ドアは、奥様のお兄様から頂いたものです。

201612223134.jpg

 

【キッチンはキッチンセットを変えて、壁、天井、床を張り直しました】

キッチンは、白を基調に、床は深い少し緑がかったタイルです。入った正面へニッチをつけて、色々なものが飾れるようにしました。

2016122231333.jpg

現在も変わらない雰囲気です

【アーチ状増築部分】

現在も、変わらずステキにお使い頂いています。

201612223233.jpg

 

【洗面コーナー】

こちらは丁度、筆を洗う為の洗面コーナーです。「筆」ということ、コストを抑える、手作り風にする、という理由から、このシンクは小学校の理科教室用のものです。造作カウンターの上へ設置しました。

この頃私は、三角形の出窓をよくご提案していました。ちょっとした小物を置くスペースとして、また明かり取りとして、役立っています。

細身ながら設けた埋込の飾り棚も、木の塗装した物を使ったので、よく雰囲気になじんでいます。

アトリエの壁は、全体的に漆喰を塗りこんでいます。

201612223245.jpg

 

【リビングの暖炉

】リビングのコーナーへ、暖炉スペースを設けました。レンガは、当時流行った「レンガ風」のタイルでして、軽くて本物のようにみえます。この柱は、発泡スチロールに木の塗装をしたもので、当時とても流行りました。(最近、見かけないなあ・・)全然劣化もしてなくて、採用して良かったです。置いてある鋳物の暖炉は、奥様ご自身で探してこられたものです。

2016122232428.jpg

 

【アトリエの壁面は、漆喰】

アトリエの壁面の腰板は、当初から設計に入っていましたが、バッテンは、奥様のアイデアです。工事途中で追加になりました。バッテン、バッチグーです。漆喰の壁とよく合います。

2016122232534.jpg

 

【アトリエと和室~庭をつなぐウッドデッキ】

お兄様から頂いた輸入の外部ドアも、良い色になりました。

2016122235412.jpg

 

【和室からアトリエをみる】

和室の飾り棚、奥様の見立てがステキです。

2016122235521.jpg

 

【和室の床の間~ウッドデッキ】

元々あった床の間と、増築したウッドデッキとうまくなじんでくれています。

2016122235646.jpg

 

【お庭の様子】

こちらは、リノベーションの数年後、増設された壁泉です。

2016122235731.jpg

 

まとめ

長年住んだお家を、壊して建て替えてしまうのも一つですが、こんな風に手を加えながら一緒に歳を重ねていく、というのもまたステキな暮らし方だと思っています。

201612302332.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

 

Ai designroom 住所:〒466-0006 

愛知県名古屋市昭和区北山町3-12 電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建て住宅、リノベーションのお問い合わせはこちら