ホーム>Ai設計室ブログ>土地探しのポイント

後悔しない!土地探しのポイント|目次

2017224123349.jpg

2017224123414.jpg

2017224123436.jpg

2017224123459.jpg

2017224123521.jpg

後悔しない!土地探しのポイント|その5|東海湖の上にある名古屋市

【目次】


  1. 650万年前~500万年前まで、名古屋は湖の中にあった
  2. 東海湖の変遷
  3. 名古屋台地の出現
  4. 名古屋城は名古屋台地に
  5. 大名古屋ビルヂングの地盤補強
  6. 東海湖は地震が起きたらどうなるか
  7. まとめ

      (全体の目次へ戻る)


201712003728.jpg

名古屋市~知多半島、四日市、伊勢湾にかけて、「東海湖」という大きな湖の中にあったというお話です。

1.650万年前から500万年前まで、名古屋市は湖の中にあった

後悔しない!土地探しのポイント|その4|古代の海岸線」の記事で、

6000年前は、現在の大垣市付近まで、海だったんですよ~、というお話をしました。

更にもっと歴史を遡って、650万年前から500万年前くらいまでは「東海湖」というとても大きな湖がありました。

その大きさは、名古屋市がすっぽり入ってしまうような大きさです。

今では、全く想像もつかないですね。

その後の地殻変動などで、現在のような地形になりました。

2.東海湖の変遷

20171212032.jpg

「東海湖」が最も大きかったのは、矢田川期の500年前~300年前で、現在の琵琶湖の5倍近い大きさだったことが分かっています。それから、徐々に徐々に移動して、80万年前に三重県の桑名の西の方に、残骸を残して消えていったようです。

では、現在の琵琶湖はというと、伊賀上野の小さな湖が、どんどん北上して現在の位置になり、現在も北上を続けているので、50万年後には日本海へ抜けていくという説もあります。

そのぐらい、地殻はどんどん変わっていくんですね。

3.名古屋台地の出現

2017121202546.jpg

その後東海湖に土が堆積したり、一部が隆起し(東海層群)、更にその「東海層群」の上に、「海部・弥富累層」が重なり、「熱田層」が重なります。その上に「沖積層」が重なって、現在のような形になっています。

201712123657.jpg

「沖積層」とは、最終氷期最盛期以降に堆積した、約2万年前の比較的新しい地層で、あまり強い地盤とは言えません。

4.名古屋城は名古屋台地に

名古屋城は、地盤が丈夫な「名古屋台地」に建てられています。

織田信長が造った清洲城を、徳川家康の時代に名古屋へ移したのは(清須越し)、清須は木曽川や海に囲まれているので、治水に悩まされていたことからだと言われています。1586年の天正地震の際にも、清洲城はかなりの被害を受けたそうです。

5.大名古屋ビルヂングの地盤補強

上部の地図でも分かるように、名古屋駅周辺は沖積層の上にあり、都市開発が進んでいます。

どんどん「背の高いビル」が建っていますが、大丈夫なんでしょうか?

そこで、最近出来たばかりの「大名古屋ビルヂング」の地盤補強について調べてみました。

201712123753.jpg

これをみると、高層部の支持杭底面は、地盤面より70m下の「東海層群」のすぐ上に堆積した、「海部・弥富累層」という頑丈な地盤へ打ち込まれていることが分かります。70mの杭って、相当深いですね。ビルにすると23階建てくらい。

硬い支持層に届くように支持杭を打ち込んでいるので、大名古屋ビルヂングは、多分大丈夫なんでしょうね。

6.東海湖は地震が起きたらどうなるか

名古屋大学の福和教授のお話です。

「500万年ぐらい昔、名古屋の辺りは全部が湖でした。馬鹿でかい東海湖と呼ばれる湖でした。この湖の中に溜まった泥の上に私たちは今住んでいます。そのため名古屋では地震が起きた時にとても怖いことがあります。それは揺れ始めたら止まらないということです。ちょうど東海湖というたらいの中にある水と同じです。たらいの中の水は1回揺れたら止まりません。だから揺れ続けるのです。揺れ続けて困るのは超高層ビルです。とても強く、何10分間も揺れ続けることになります。」

 

7.まとめ

台地の部分も昔は東海湖の底でしたが、特に揺れるのは、台地より西側にある沖積層の部分だろうと想像出来ます。

そこで私たち設計者に出来ることは、「揺れに強い」建物を造る、ということだと思います。


【後悔しない!土地探しのポイントの目次】

  1. 後悔しない!土地探しのポイント|その1|全体の流れ
  2. 後悔しない!土地探しのポイント|その2|自分達の生活をイメージする
  3. 後悔しない!土地探しのポイント|その3|土地の歴史
  4. 後悔しない!土地探しのポイント|その4|古代の海岸線
  5. 後悔しない!土地探しのポイント|その5|東海湖の上にある名古屋市

 



 

201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

後悔しない!土地探しのポイント|その4|古代の海岸線

【目次】


  1. 名古屋標高マップを読む
  2. 古代の海岸線
  3. まとめ

      (全体の目次へ戻る)


2017224124417.jpg

1.名古屋標高マップを読む

先日アップした「名古屋標高マップ」、熱田台地より西側はかなり低くなっていることが分かると思います。

201711015027.jpgのサムネイル画像

 なぜかというと、6000年くらい前まで、この辺りは海だったからです。

2.古代の海岸線

以前訪れた、「海津歴史民俗資料館より引用です。」

 

「海に面していない海岸線に、なぜ海の貝や魚を中心とした庭田貝塚や

河口部の貝や魚を中心とした羽沢貝塚があるのでしょうか。

 実は、縄文時代の初め頃は気温が高く、海面も現在より高くなっていて、

海が内陸にまで入り込んでいました。これを縄文海進と呼び、最も海面が

高くなったのは、約6000年前の縄文時代前期で、東海地方では伊勢湾が

現在の大垣市付近にまで入り込んでいたのです。

 その後、伊勢湾は後退していき、現在の海岸線が出来ますが、この海岸線

の移動をはっきりとしめしているのが、庭田貝塚や羽沢貝塚の存在なのです。」

2017116233826.jpg

3.まとめ

元々台地だったところと、海岸線が移動して出来たところは、随分高低差が違うと思います。

貝塚があるってことは、大昔はこの辺りまで海だったのね~と考えると、色々な想像が出来ますね。


【後悔しない!土地探しのポイントの目次】

  1. 後悔しない!土地探しのポイント|その1|全体の流れ
  2. 後悔しない!土地探しのポイント|その2|自分達の生活をイメージする
  3. 後悔しない!土地探しのポイント|その3|土地の歴史
  4. 後悔しない!土地探しのポイント|その4|古代の海岸線
  5. 後悔しない!土地探しのポイント|その5|東海湖の上にある名古屋市

 



 

201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

後悔しない!土地探しのポイント|その3|土地の歴史

【目次】


  1. 地盤の簡単なチェック
  2. 古地図をみる
  3. 地名をみる
  4. 遺跡をみる
  5. 活断層をみる
  6. 名古屋標高マップ
  7. まとめ
  8. 外部参考リンク

      (全体の目次へ戻る)


1.地盤の簡単なチェック

日本は、いつどこで地震が起こるか分かりません。

 

そこで今回は「地震」に的を絞って土地選びをするポイントを、建築士の観点からお伝えします。

 

特にこの東海地方は、東海地震がいつ起きてもおかしくないと言われています。

その為、地盤の強い土地を選ぶ事や、地盤に応じた建物の対策をとることは、とても重要です。

 

実際に建物を建てる前には、地盤調査を行う事が当たり前の時代になっていますが、

候補地全ての土地を地盤調査する訳にもいかないので、一般的な知識として、

簡単にチェックできる方法をご紹介します。

2.古地図をみる

201719225514.jpg

名古屋市でいいますと、昭和初期の地図をインターネットで見ることができます。

それより前の地図ですと、図書館などで調べる方法があります。

下記は、愛知県付近の江戸時代の地図です。

おおざっぱな地図ですが、海の位置や川の位置は大体分かります。

 

Ai設計は「御器所」にあるのですが、「御器所台地」の中央にあり、川や海で無いことが分かります。

熱田神宮の南側は海だったことが分かります。

やはり元々「海」だったところや「川」だったところは、地盤が弱いです。

お城は地盤が丈夫なところへ造ることが多いので、この地図を見ても、それが分かります。

 

3.地名をみる

地名には、古い歴史が隠されている事が多いです。

最近は町の統廃合や大規模開発などにより、古い地名が失われてしまう場合もありますが、

地名により、その土地の由来の手掛かりにはなります。

 

例えば、Ai設計がある「御器所」。

「御器所」は熱田神宮に献ずる土器を造っていたところから「御器所」という地名がつけられたそうです。

ということは、あまり水とは関係がないようです。

 

地盤が弱いところというのは、低地を埋め立てたような所、例えば「窪」「谷」「溝」などの地名がつく

ところや水を連想させる「さんずい」が付く地名「沢」「河」「池」は、弱い可能性が高いです。

4.遺跡をみる

例えば先程お話しした「城」があるような場所というのは、地盤が強い場所が多いです。

昔の人はよく知っていて、名古屋城は平地にありますが、すぐに水につかったり、地震で

壊れたりするような場所にお城は建てません。

 

その他には笠寺観音のある「見晴台遺跡」。ここは太古の昔から人々が暮らしているので

約2万年前の石器や、縄文時代、弥生時代のものまで出土しています。

と、いうことは、昔から海ではなく、台地だったことが分かります。

 

この辺りを車で通ると、坂道のてっぺんに笠寺観音があって、さらに北へ行くと、

新瑞橋の方に向けて下っていきます。

昔の地図をみると、笠寺観音附近は島状になっているので、そこからも現在の土地の形状について

納得がいくのです。

5.活断層をみる

まだまだ発見されていない活断層もありますが、新しい活断層がどんどん発見されています。

現在検討されている土地が、活断層の上にないかどうか、調べておきましょう。

真上の土地だと、やはりリスクが高いですよね。

6.名古屋の標高マップ

これをみると、昔どこが台地だったか、よく分かります。名古屋駅周辺も、低いですね。

 

201711015027.jpg

 

7.まとめ

「土地選びのポイント:土地の歴史」はいかがでしたでしょうか。

土地の歴史について、他にもまだまだありますので、引き続きご紹介します。

8.外部参考リンク

今昔マップ(全国)

今昔マップ(中部圏)  ← 昔、海だったのか川だったのか分かります。

活断層(名古屋) ← 名古屋市内の活断層。2,3年前に発見されたものです。

 名古屋高速の下を活断層が通っていることが分かり(全部ではありませんが)衝撃でした。

活断層(国土地理院)


【後悔しない!土地探しのポイントの目次】

  1. 後悔しない!土地探しのポイント|その1|全体の流れ
  2. 後悔しない!土地探しのポイント|その2|自分達の生活をイメージする
  3. 後悔しない!土地探しのポイント|その3|土地の歴史
  4. 後悔しない!土地探しのポイント|その4|古代の海岸線
  5. 後悔しない!土地探しのポイント|その5|東海湖の上にある名古屋市

201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

後悔しない!土地探しのポイント|その2|自分達の生活をイメージする

【目次】


  1. まず見に行きましょう
  2. 実際住んでいる近所の人に、話しかける
  3. 駅や、通う事になる小学校などから、土地まで歩いてみる
  4. 学校の評判
  5. スーパーやコンビニ、警察、病院の場所
  6. まとめ

      (全体の目次へ戻る)


2016122823287.jpg

 

1.まず見に行きましょう

気になる土地が見つかったら、当たり前の事ですが、まず、土地を見に行きましょう。

第一印象の土地のイメージは、確かに大事です。

ですが、畑などで手を入れていない場合、結構荒れ地になっていることがあります。

「え?ここ?」と思っても、建物が建ってきれいになると、意外とそれは気にならないので、

そこはあまり気にしなくても良いかと思います。

 

土地を見に行く際、出来れば、朝の様子、昼の様子、夜の様子、平日と休日の様子、と出来る限り近隣の様子を、何回も見に行くといいでしょう。

 

お休みの日に見に行って、「ここなら閑静な住宅街でいい!」と思って購入し、実際建てて住んでみたところ、信号にほど近い敷地だった為、平日の朝は土地の前の道路がかなり渋滞することが分かり、車で出勤しにくい、なんて事もあったりします。

 

2.実際に住んでいる近所の人に、話しかける

実際、近隣に住んでいる方に、直撃取材するのが情報収集としては、手取り早い方法です。

良い情報が得られれば安心出来ますが、建替の場合など、「実は昔住んでいた人はね・・・」なんて情報も聞けるかもしれません。

それが、許容範囲なのかどうかも、購入する決め手になると思います。

 

3.駅や、通う事になる小学校などから、土地まで歩いてみる

一度土地を購入すると、ずーっと長く住むことになります。

車での移動の時には気にならなかった坂道や、お子さんがいらっしゃるお宅では、信号の有無、道路幅、交通量など、危険がないかどうか、確認するといいでしょう。

 

4.学校の評判

お子さんが公立小学校、中学校へ通う場合、住んでいる土地によって学区が決められています。

失礼ながら荒れている学校もあるようなので、確認はしておきましょう。

出来れば、平和な学校がいいですよね。

 

5.スーパーやコンビニ、警察、病院の場所

田舎でのんびり暮らしたい!という方は、あまり関係ないかもしれませんが、

子育て世代の方ですと、近くに24時間営業のスーパーやコンビニがあるに

越したことはないと思います。

すぐに診てもらえる小児科など、医院の位置もチェックしたいものです。

何かあった際すぐに駆けつけてもらえるよう、どこに交番や警察署があるかも確認しましょう。

 

6.まとめ

手間はかかりますが、やはりご自分の足で歩いて、確認することが一番です。

より、生活が具体的にイメージ出来るようになるでしょう。


【後悔しない!土地探しのポイントの目次】

  1. 後悔しない!土地探しのポイント|その1|全体の流れ
  2. 後悔しない!土地探しのポイント|その2|自分達の生活をイメージする
  3. 後悔しない!土地探しのポイント|その3|土地の歴史
  4. 後悔しない!土地探しのポイント|その4|古代の海岸線
  5. 後悔しない!土地探しのポイント|その5|東海湖の上にある名古屋市

201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

後悔しない!土地探しのポイント|その1|全体のポイント

【目次】


  1. はじめに
  2. 自分達の生活を具体的にイメージする
  3. 土地の歴史
  4. 土地の法的規制
  5. まとめ

      (全体の目次へ戻る)


201612260337.png

1.はじめに

お家を建てるには、まずは「土地」が必要です。

お家を建てられる方の状況は、様々です。先祖代々からの土地を利用したり、ご実家の建替、という方もいらっしゃいますし、土地があっても、立地条件などから、他の土地を探したい、という方は結構多いです。

お家を建てるきっかけになるのは、「お子さんが小学校に上がる前に」という方が多いので、学校の状況なども、重要な土地選びのポイントになります。

2.自分達の生活を具体的にイメージする

新しい土地、新しい家で、どんな暮らしをしたいかをイメージしておくことが重要です。

新婚さんや小さなお子さんを持つご夫婦の方は、いずれ入るであろう小学校や中学校の情報も重要です。あまりに人数が少ない地域より、やはりお友達が多い方がよいと考える方は多いようです。

ある程度、お子さんが大きくなられていて、お仕事を中心に生活されたい方は、あまり学校の事は考えなくてもよさそうですし、お子さんが完全に巣立っておられて、ご夫婦でゆっくりしたいとお考えの方は、駅からは少し遠くても、閑静な住宅街で、ゆっくり畑仕事でもしようかと、少し広めの土地を探される方もいらっしゃいます。

ご自分のお城という考えで、おひとり様のお家も増えてきています。

私もおひとり様なので、自分が土地を買うんだったら~、と考えると、別に駅から近くなくても車が停められればいいなあ、友達が遊びに来たときに、周囲に気兼ねなく停められるような環境があるといいな、土地はそれほど広くなくてもいいな、ほとんど仕事で家にいないし。将来家で仕事をすることも考えて、仕事部屋は必要だなあ、とか考えます。

土地の広さ、駅までの距離、周囲の環境、通勤時間、など、人それぞれに優先順位が違ってくるので、きちんとイメージをしておくことが大切です。

3.土地の歴史

今、この名古屋近辺では、いつ地震がきてもおかしくないと言われています。

例えば、昔海だったところや、川の周辺はどうしても地盤が弱い傾向にあります。その場合、適切な地盤補強をすれば問題はないのですが、その分費用がかかることにもなりますし、液状化などの心配も出てきます。ただ、昔海だったところは、土地の金額が安いというメリットもあるので、どちらを優先させるか、重要なポイントとなってきます。

昔ながらの遺跡があるところは、何万年も前からそこにあるということなので、地盤が強い場合が多いですし、住所に沢、谷、池、沼、などの水にかかわる名前が付いている場合は、軟弱な場所かもしれません。

(不陸がある場合もあるので、一概には言えません)

4.土地の法的規制

土地には様々な法的規制があります。都市計画法、建築基準法、地方公共団体の条例などです。

用途地域でいうと、第一種低層住居専用地域は、建物の高さの規制があるので、高いビルが家の前にどーんと建ったりするようなことはありません。自分が建てる際にも、近隣に影を及ぼさないようにしないといけないので、北側斜線という制約があり、屋根のかけ方など、工夫が必要になってきます。

一番規制が少ないのは準工業地域ですが、工場を建てられる地域なので、住宅を建てる場合は、実際現地に見に行って周辺の環境を確認するといいでしょう。それ程工場等は無く住宅街の所もありますし、比較的工場が多いところもあります。

5.まとめ

良い土地に巡り会うには、根気が必要です。

早く、希望にあう土地に巡り会うことを、祈っています。
 


【後悔しない!土地探しのポイントの目次】

  1. 後悔しない!土地探しのポイント|その1|全体の流れ
  2. 後悔しない!土地探しのポイント|その2|自分達の生活をイメージする
  3. 後悔しない!土地探しのポイント|その3|土地の歴史
  4. 後悔しない!土地探しのポイント|その4|古代の海岸線
  5. 後悔しない!土地探しのポイント|その5|東海湖の上にある名古屋市

201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら