ホーム>Ai設計室ブログ>インプット

トーヨーキッチンさん|新商品発表会

トーヨーキッチンさんの新商品発表会へ行ってきました。

201810522735.jpg

昔は10年~15年くらいだったキッチンの寿命も、きちんとメンテナンスをすればもはや30年。

耐久性は向上したが、ライフスタイルに合わなくなって、買い変えることの無いよう、

変化するライフスタイルに合わせられるキッチンです。

「iNO PLUG-IN[イノ・プラグイン]」

パラレロシンク

このシンクは面白いです。

横へ移動するのではなく、奥行き方向に使う。

調理台とシンクを兼ねています。使いやすそうと思いました。
2018105221736.jpg

また、お久しぶりな方とおしゃべり出来て、楽しい新商品発表会でした。

→トーヨーキッチン 名古屋ショールーム


 

201761225559.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

北海道胆振地震:構造塾

「構造塾」第3期:横架材の設計演習・断面欠損あり、なしの場合

先回の構造塾、ブログをお休みしてしまったので、今回は後回しにせず、早めにアップ!

今日は、横架材計算の演習でした。

私は意匠設計屋なので、実際の構造計算は構造計算屋さんに外注します。

が、プランニングの際、この構造で成り立つかどうかの簡易検討の際、今日の授業は役立ちます!

実際の実務の際、疑問に感じたところを質問をしたところ、丁寧に教えて頂けました。

2018925202322.jpg

「大阪部北部地震」のブロック塀被害

テレビでも何度も放映された、ブロック塀倒壊の痛ましい事故。

ブロック塀の状況は、テレビや雑誌でも何度もやっていますが、改めてこういう状況だったということを確認。

2018925203035.jpg

ブロック塀の外側にはかわいらしい絵が描いてあり、道路は歩道を示す為に緑色に塗られていて、ここを歩けば安心、というような印象を受けます。

が、実際は、こんな怖い構造になっていたんです。

改めて、二度とこういう事故が起こらないように、ブロック塀の点検は必要です。

北海道胆振(いぶり)東部地震

つい先日の「北海道胆振東部地震」

特に印象的だった清田区の液状化。

この辺りは昔「谷」だったところを埋め立てて、住宅地にされたというのは、テレビや雑誌でも知られるところです。

2018925203941.jpg

昔の地形図や現在の航空写真でみると、分かりやすい。

ちょうどブルーの谷になっているところが、液状化で家が斜めになってしまったところです。

201891023749.jpg

ここから外れているところは、すぐ隣の家でも、無事だったとか。

次は、液状化の説明。

2018925204242.jpg

普段は水と土粒子(砂粒子)は混じっているのですが、地震などで揺すられると、水だけ上の方に浮いてきます。

一番右の図の、土粒子が沈下して水位の上の方が水だけになると、そこへ地盤面が落ちてしまって、現地のような状況になってしまうんです。

2018925204550.jpg

(すみません、このイラストちっくな挿絵の犯人は私です)

実際に業者も、きちんと地盤調査をしているとおもうのですが、やっぱり、昔からの地形を読み取って土地の購入をするなど、必要かもしれませんね。

本のご紹介

一緒に構造塾に通っているお友達に、下記の様な本を教えてもらいました。

kindleで売っていたので、早速購入。

(本の方が見やすいけど、kindleだとスキマ時間に読めるのがメリットかな?)

まだ全部読んでませんが、欠陥住宅を造らないために、一緒に勉強しましょう~!

201892521036.jpg

講師の先生のご紹介です。

構造の講習会というと小難しいイメージがありますが、佐藤先生はユーモアも交えながら、とても分かりやすく教えて頂けます。(こちらの講座はプロ向け講座です)

今大人気の講座で、全国にどんどん広がっています。

設計者の方、工務店の方にオススメの講習です!一緒に学んで、地震で倒壊しない建物造りをしましょう!

株式会社M's(エムズ)構造設計
エムズ構造設計事務所

2018523231351.jpg


 

201761225559.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

 

APWフォーラム2018|樹脂サッシ|YKKap

YKKapさんの「APWフォーラム2018」へ参加しました

2018629215017.jpg

今までも何度か開催されていたようです。

今年初めてYKKさんからご案内を頂いて、「樹脂サッシ」について興味があったので参加しました。

松尾設計室 松尾和也さんのセミナー

住宅断熱の第一人者の方です。

非常によく研究されていて、とても勉強になりました。

各メーカーの断熱性と気密性、耐震等級

2018629222935.jpg

一番下の行に「三井ホームをセキスイハイムより下にしているのは、C値が1を超えている可能性があるからです。」

確かにカタログを見ても、UA値は書いてあるが、C値は書かれていない。

長年、三井ホームに携わっている私としては、もっと三井を応援したいが、

「一条工務店さんは数値をきちんと謳っているメーカーということで評価が高く、今とても売れている」というお話には納得です。

熱貫流率当たりのコストが最重要

2018629223815.jpg

スライドの撮影失敗(泣

上がネオマフォームで、下がグラスウールです。

グラスウールの分厚いものを使えば、ネオマフォームとほぼ同じ熱貫流率となりコストも抑えられるので、その分、

樹脂サッシなど窓に力を入れましょう、というお話でした。

薄くて断熱性能の高いネオマフォーム好きの私としては、少し考え方を変える必要があると感じた内容です。

樹脂サッシの劣化について

2018629224339.jpg

YKKの方からも、今の樹脂サッシは劣化しませんよ、とは聞いていたのですが、そこは実は不安でした。

11の300倍近い強度を4000時間照射して確認している、というお話に、安心しました。

4000時間÷24時間=166日 x300倍=50000日  ÷365=136年 ?

と考えていいものなのかどうか。

家の寿命が尽きるまで、樹脂サッシも大丈夫と判断していいという事でしょう。

樹脂アルミでもいいじゃん

2018629225331.jpg

「樹脂アルミでも、U値2.33だから樹脂アルミでいいじゃん」

私も、そう思ってました。

アルミに比べれば、枠の部分も結露しにくくはなったというものの、全くしないということではなく、

エアコンによる乾燥に対して加湿すると、やはり多少結露は発生してきます。

2018629225912.jpg

■樹脂の熱伝導率はアルミの約1000分の1

樹脂の熱伝導率は、熱を伝えやすいアルミに比べて約1000分の1です。

外気温の影響を抑えるので、結露が生じにくいというメリットがあります。

お施主様向けチェックリスト

20186292343.jpg

「モデルハウスにエアコンの室外機が少ないほど良い」

松尾さんのお話によると、最大13台?(11台だったかも)置かれていたメーカーさんもあったそうです。

13台も置ける敷地って、ある意味すごいな~

建物西と北、ぐるっと室外機なのか?と想像してしまいました。

木目仕様の樹脂サッシ

201862923953.jpg

2018629231116.jpg

本当に木のような質感で、素敵でした。

少し残念なのは、木目柄は外部のみで、内部はホワイト一色だそうです。

松尾和也さん執筆書籍のご紹介

201862923166.jpg

早速、アマゾンのキンドルでダウンロード購入しました。

ホントは安いエコハウス」←アマゾン

2018629231914.jpg

こちらは予約しました。

これからのリノベーション」←アマゾン

トークセッション

2018629232334.jpg

松尾さんの前にYKKの石川さん、後に工務店さんの石川さんのお話でした。

YKKの石川さんは、プレゼンの仕方がアップルの新商品発表会のようで、斬新だなーと思いました。

工務店の石川さんは、ご自身の体験なども交えながら、面白くお話して頂けました。

APWフォーラム2018、とても身になる半日でした。


201761225559.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

 

 

キューブ|トーヨーキッチン

201852794623.bmp

トーヨーキッチンさんの新商品を見て来ました。

キューブは1200x1200サイズ、今までにはない新しい形です。

丁度I型キッチン2400幅の物を二つに割って、くるっと回してぺたっとくっつけたサイズ。

取っ手はkartellらしく、おしゃれです。

色々なおもしろい提案が出来そうです。

201852795043.jpg

こんな木目スタイルもあるそうです。

201852795113.jpg

201852795140.jpg


201761225559.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

柱直下率・偏心率の検討:構造塾

「構造塾」第3期:柱直下率・偏心率の検討

今日から構造塾の第3期が始まりました!

今日は、熊本の地震等でも問題になった「柱の直下率」についてです。

私は日頃2x4の設計がほとんどなので、耐力壁をきちんと基準に沿って合わせていれば、特に構造的に問題になることはありません。

在来木造の場合は、基準がないから自由だよと良く聞きますが、自由だ自由だと本当に自由な設計をしてしまうと、熊本の地震のように倒壊につながります。

「直下率」と事故事例の割合

2018524112356.jpg

上記の表より、上下階の柱位置、耐力壁位置を考えていないプラン=特に直下率が50%を切ると、事故率(倒壊等)が急に上がる事が分かります。

下屋付きプランの場合

2018524112338.jpg

下屋付きのこういうお家、よく見かけますよね。

2階の柱の下に柱がないのは、実は本当は危ないのです。梁等で受けることも出来ますが、変形量が大きくなるので、出来れば耐力壁等できちんと区切りたいです。

セットバック等

2018524112438.jpg

実は2x4の場合は、左の図のようなセットバックの直下に開口を設けるのは禁止されているので、私達も最初からそういうプランニングはしません。右側の2方向セットバックも絶対しないです。

でも昔の家をイメージすると、右側の家のようなプラン、よく見かけますよね。

確かお友達の家もこんなようなプランだったような気がします。

在来木造は基準がないし、法的な縛りもないけど、実際にはきちんと勉強する必要があると感じました。

柱直下率算出

2018524112456.jpg

実際に柱の直下率を計算しました。

全体的には50%超えていて柱直下率は良いということになりますが、外壁側を除いて計算すると50%を切る形となり、2階の床は不陸につながる可能性があります。

偏心率の検討

その他、建物の重心位置と剛心の位置を出して、偏心率を出しました。

剛心を重心に近づけて、バランスの良い建物を計画することが重要です。

講師の先生のご紹介です。

構造の講習会というと小難しいイメージがありますが、佐藤先生はユーモアも交えながら、とても分かりやすく教えて頂けます。(こちらの講座はプロ向け講座です)

今大人気の講座で、全国にどんどん広がっています。

設計者の方、工務店の方にオススメの講習です!一緒に学んで、地震で倒壊しない建物造りをしましょう!

株式会社M's(エムズ)構造設計
エムズ構造設計事務所

2018523231351.jpg


 

201761225559.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

 

中小企業家同友会 連載記念! 『プレジデント』特別年間購読のご案内

201859233120.jpg

中小企業家同友会の会員さんは「プレジデント」がお得に買えます。

今日出席したチーム会で「プレジデント」がお得に買えると聞きました。

首を治して貰った「中小企業家同友会」の連載記念だそうです。→首が治った記事はこちら

20185100133.JPG

早速、私も注文しました。

→https://presidentstore.jp/doyu/


 

201761225559.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

日本フィスバ|新商品発表会

日本フィスバさんの新商品発表会

日頃は設計業務が主で、大抵コーディネーターさんがついてくれるので、あまりカーテンを提案することはありません。

が、これからはリフォームや工務店さんのお仕事などをお手伝いする際、知識を広げておかなければと、日本フィスバさんの新商品発表会があるよと教えて頂いたので、訪れました。

201858225437.jpg

素敵すぎるカーテン

もう日本フィスバさんのカーテンを見たら、他のカーテンは選べません!

というくらい素敵でした。

このレース、かわいい~!

201858225639.jpg

こちらは壁紙です。素敵すぎる。

201858225712.jpg

 

壁紙とお揃いのベッドリネン、シーツだけでは8万円だそうです!

一体、どこのお姫様が寝るんだろう・・・

201858225758.jpg

良い目の保養をさせて頂きました。

マナ・トレーディングさんのショールーム

すぐお隣のビルなので、マナさんへも寄ってみました。

やっぱりインテリアによって、お部屋の雰囲気は変わりますね~

 

201858231256.jpg

201858231332.jpg

201858231416.jpg

201858231610.jpg

インテリアは奥が深いですね。

色々なものを見ておく事も、大切だと感じました。



 

201761225559.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

トミタ HANA Ⅴ新作発表会|ツカサディザインコマースさん

トミタ 「HANA Ⅴ」新作発表会

 

201857223735.jpg

日頃は設計業務が主なのですが、これからリフォームや工務店さんの仕事なども増えてくると、クロスも勉強する必要があると感じ、ツカサディザインコマースさんの創立50周年記念のトミタ新作発表会へ行ってきました。

会場へ着くと、いかにも「インテリアコーディネーターです!」という感じのきれいな人ばかりで、何だか場違いな場所に来た~(>_<)と、違和感半端ない。

最初は前から三列目ほどに座ってましたが、どんどんきれいなインテリアコーディネーターさんが入ってくるので、最後尾に移動。

端っこからイベントを覗かせて頂きました。

トミタさんの社長とツカサさんの社長

201857224514.jpg

お二人共、先代からの古いおつきあいなんですね。(左がトミタ社長、右がツカサ社長です)

「トミタ」さんは創業当時、襖紙や掛け軸の表装に使用する布地の会社さんだったそうです。トミタさんの深い歴史を知ることが出来、イベントに参加して良かったです。

和モダンな壁紙たち

これらの壁紙の作成秘話なども聞くことが出来ました。トミタの社長の壁紙への熱意が伝わってきます。

やはり思い入れのある方の壁紙は違うなーと改めて思ったのでした。

20185722492.jpg

このツバキは本当に素敵でした。

201857225035.jpg


 

201761225559.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

 

最新家具の情報|ミラノサローネ|講演会

ミラノサローネの講演会

2017626144417.jpg


【目次】

1.ミラノサローネとは

2.沢山の家具屋さんやデザイナーの作品が展示されます。

3.その他に身近な家具屋さんの情報


「ミラノサローネ国際家具見本市」とは?

毎年4月にイタリアのミラノで開催される、世界最大規模の家具見本市のことです。

レポートをしてきて下さる方の講演会では、最新の家具情報を画像や語りで紹介してくれます。

私は設計が主なのですが、家具も勉強しておこうと思い、参加しました。

沢山の家具屋さんやデザイナーの作品が紹介されます。

すごい数を紹介して頂くので、メモを取るのが大変です。

その中で、ドリアデさんのヴィーナス像に棚がくっついているものは、面白かったです。(写真はないです(>_<))

201762615334.png

http://www.driade.com/

zanottaさんはテーマがファミリーだったり、色使いや素材感など、へえ~、こういうものが今年の流行なんだ!と勉強になります。

その他に身近な家具屋さんの展示もされました。

20176242336.jpg

こんな感じのフローリングは、住宅で結構出ます。

2017626151455.jpg

こちらの「ミラーコンシェルジュ」は面白かったです。

201762615162.jpg

ミラーにネットの情報が映し出されます。

タッチは出来ないみたいですが、声に反応するそうです。

講師はこちらの方です。

2017626151850.jpg

ゼロファーストデザインの方は、色々なところで講演をされているようです。

いつも軽快な語り口で、とても沢山の情報をお持ちでいらっしゃいます。

 

また機会があったら、聴きに来たいと思います。


201761225559.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

愛知県建築基準法関係例規集|講習会|国際会議場

愛知県建築基準法関係例規集|講習会|国際会議場

2017419232029.jpg

愛知県建築基準法関係例規集 平成29年版 第8版が出まして、名古屋の国際会議場で説明会が行われました。


【目次】

1.平成23年度版からの改定

2.建築(新築、増築、改築、移転)の定義

3.参加人数が減ったような・・


平成23年度版からの改訂

平成15年版以降、建築基準法の改正による構造規定の強化、適判の導入、建築確認審査の厳格化、建築士法の改正、瑕疵担保履行、長期優良住宅などを受け平成23年度版が発刊、6年ぶりの改訂、ということになります。

前回は桜色みたいな色だったので、通称「さくら本」とか言われていたみたいですが、今度は薄いグレーが買った水色です。

「みずいろ本」とか、呼ばれるんだろうか?

2017419233946.jpg

 

 

建築(新築、増築、改築、移転)の定義

内容的にはそれ程大きな改訂は無かったように思います。

印象に残った内容として、

  • 「移転」とは、曳家移転のみを指し、解体移転は原則として移転に該当しない。
  • 建築物を別棟として取り扱う例 
  • 吹抜に面した採光の取扱について(今までは室内窓が無ければ有効だったような気がしたが、基本的にNG)
  • 接道長さの取り方 道路後退部分も含むことや、敷地の二方向に接する場合は、斜めでとる、など

 

参加人数が減ったような・・

20174210048.jpg

この時間帯はまだ早かったので人数もまばらですが、実際に、100人くらいだったかな?

昔、例規集の説明会というと、もう少し人が集まったような気がする。

ただ、そんなに劇的に変わるところもないので、それほどの重要性を感じないのかもしれません。

 


2017313225957.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg