ホーム>Ai設計室ブログ>建築に関する話題

免震装置の不正|KYB

KYBによる免震装置の不正

この所、世間を賑わしているKYBによる免震装置の不正。

東洋ゴムの製品の不正の記憶が新しい中、立て続けに起こる不正に不安を感じます。

といいますのも、10年前、Ai設計で設計監理をさせて頂いた「リトリート」は「免震マンション」だからです。

東洋ゴムの不正があった際も、リトリートはTHKだから大丈夫大丈夫、と思っていたら、今度はKYB。

 

一社ならず二社までも・・と憤りを感じます。

リトリートの免震装置はTHK

WORKSにも掲載させて頂いている「リトリート」。

この頃はまだまだ珍しい賃貸で免震マンションです。

リトリートは「THK」の免震装置を採用しました。

 

もう10年も前の事ですが、図面を引っ張り出してきました。

2018102023424.jpg

名古屋市役所の免震レトロフィットの見学へ行ってました。

ちょうどリトリートが免震をやることになったので、名古屋市役所の免震レトロフィットを見学させて頂いた際のブログです。

→■名古屋市役所の免震装置の見学

公表された建物リスト

新聞に掲載された、建物リストです。

名古屋市本庁舎も入っていますが、まだ「顧客と契約した基準に合わない」となっています。

もしかして、10年前に見学した名古屋市合同庁舎も改ざんされていたんだろうか・・

20181020234726.jpg

当時、検査に立ち会った記録<ブログ>

免震装置について、検査等立ち会った記録です。

(今は「神社仏閣ブログ」となっていますが、当初は施工記録として立ち上げたブログです。

こちらのホームページへ移そう移そうと思いつつ、量が多いので、そのままになっています)

 

横浜にて、CLBの検査に立ち会う

免震部分架台検査

栃木にて、RDTの検査に立ち会う

免震装置搬入

免震装置養生

免震装置RDT搬入

免震ピット内初公開

設計段階から、大事に大事に見守ってきた免震装置が、うそっぱちでしたとか言われたら、そりゃショックですわ。

これ以上免震建物の不正が広がらない事を祈ると同時に、

自分が携わった建物は、きっと大丈夫でありますように、ともう祈るしかないです。


 

201761225559.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

 

 

北海道胆振(いぶり)東部地震:液状化

6日の朝、ニュースをみていたら北海道の地震の報道。

6日未明に最大震度7を観測したということで、日に日に被害の大きさが分かり、改めて大きな地震だったのだなと痛感しています。

 

大阪に続き北海道、短期間で立て続けに起こる地震に、不安を感じます。

一体、日本はどうなってしまうのでしょう。

 

今朝の新聞では、停電99%復旧し、新千歳空港の国際線発着も再開したということで、まだまだ大変な状況ではありながら、電気だけでも戻って本当に良かったと思いました。

被災者の皆様が、一日も早く、安心して暮らせる暮らせる日が来ますことを、心よりお祈り申し上げます。

 

201891023159.jpg

4日前は、この山肌が現れた写真に、衝撃を受けました。

201891023749.jpg

 

今朝のテレビの報道で、札幌市清田区の住宅街液状化の被害の大きさが改めて報道されました。

もともと、かつて谷あいの水田を埋め立てた造成地だったところらしく、

谷を埋めた場所と倒壊エリアが一致するらしいです。

家屋の沈下方向は、谷底に向かい引きずられる角度で傾いていたということでした。

今時のお家は、もちろん地盤調査をして地盤補強もしているとは思うのですが、予想以上の地震が来たということでしょうか・・?

改めて、「沢」とか「谷」などを埋め立てた場所への建築は、難しいなと考えさせられたのでした。


201761225559.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

大阪地震|震度6弱

大阪部北部で震度6弱地震

201861822240.jpg

丁度私はこの時間、自宅でテレビを見ながら朝食を取っていました。

と、カタカタ鳴ったような気がして、あれ?地震?と思ったら、結構それと分かるくらいの揺れ。

テレビを見たら、大阪で地震ということで、こりゃ大変と思いました。

私の家は、RCマンションの4階。

耐震2で造ってあるマンションですが、結構揺れました。

お客様からのメッセージ

私が「結構揺れました!」とフェイスブックにアップした所、

お客様からうれしいメッセージを頂きました。

201861822717.jpg

こちらのお客様は、2x4(枠組壁工法)で耐震等級3のお客様です。

やっぱり2x4は同じ耐震3でも余裕度があります。

 

私の家も耐震には気を配って、通常RCの場合、ほとんどが耐震1のところを耐震2まで上げてあるのですが、

(なので倒れるようなことはないはず)

最上階ということもあって、結構揺れました。

ブロック塀撤去の補助金(名古屋市)

朝当番の小学生の女の子が、ブロック塀の下敷きになって、亡くなったそうです。

本当にお気の毒です。

心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

テレビを見る限り、塀は途中で継がれていて配筋も入っていないように見え、控え壁もない状態で、高く積まれていました。

ブロック塀の指導は、名古屋市でも補助金等を配布して、建築基準に達していないものは造り直すように指導をしています。

名古屋市ブロック塀撤去補助金

今回は学校のプールの塀なのに、なんで直してなかったんだろう・・と悔やまれますよね。

ブロック塀のチェックポイント(国土交通省HPより)

201871171817.jpg

国土交通省のホームページより、ブロック塀のチェックポイントをお借りしました。

参考になさってください。

震源は「有馬・高槻断層帯」の東端

日経新聞によると震源は「有馬・高槻断層帯の東端」らしいです。

これからどんどん調査が進んで、色々な事が分かっていくんでしょう。

東海大震災はどうなんだろう

ここの所、各地で頻繁に地震が起きるので、南海トラフ地震はどうなんだろうと心配になってしまいます。

気象庁によると、近い将来発生が予測される南海トラフ地震への影響は「規模と場所から現時点では考えづらい」らしい。

ところが、予言者でジュセリーノという方が「2018年6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10.6の巨大地震が起きる」と予言している。

6月21日~?!

明明後日じゃないか・・

しかもマグニチュード10.6なんて、考えただけでも恐ろしい。

何はともあれ、備えだけはしておかねばと感じました。


201761225559.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

愛知県の大規模建築物|耐震診断の結果が発表されました

大規模建築物の耐震診断結果

2017411211537.jpg

愛知県の大規模建築物について、耐震診断の結果が発表されました。


【目次】

1.愛知県内の大規模建築物の耐震化率

2.新耐震以前の建物が対象

3.耐震診断の結果報告が義務付けられている建築物

4.耐震診断の結果


愛知県内の耐震化率

愛知県内の耐震化率は、公共建物で97%、民間の建物で42%となり、民間の建物は耐震化が遅れているようです。

 

耐震をする為には、工事中休業したり、費用が高額だったりする為、なかなか思うようにいかないようです。

先月3/28、大規模建築物の耐震診断結果が発表されました。

 

耐震化率が低い建物で、行ったことがある建物や、聞き慣れた建物がありました。

 

その全部の建物ではないですが、確かあそこの建物は、間口が飛んでいる割には柱や梁が細かった、というようなことだったり、すごく外壁が汚れていたり、錆びた鉄筋がむき出しになっていたり、またはRC部分にひび割れが見受けられたり、など納得出来る部分があります。

新耐震以前の建物が対象

平成25年の「建築物の耐震改修その促進に関する法律」の改正により、大規模建築物の耐震診断をして、報告することが義務付けられました。

 

新耐震以前とは、昭和56年5月31日以前のことをいい、それより前に新築の工事に着手された建築物のうち、不特定多数の人が利用するような建物が対象になります。

 

20174819268.jpg

(画像はお借りしました)

 

例えば、病院、店舗、ホテル、美術館、小学校、幼稚園、老人ホーム、などで、地震に対する安全性を緊急に確かめる必要がある、大規模なものです。

大規模とは、美術館、病院などは階数3以上かつ5,000㎡以上、老人ホームなどでは、階数2以上かつ5,000㎡以上、小学校では、階数2以上かつ3,000㎡以上が対象になります。

 

そして、現行の建築基準法の耐震規定に適合しない全ての建築物について耐震診断を行い、必要に応じて耐震改修を行うことになりました。

耐震診断の結果報告が義務付けられている建築物

大きく3つに別れています。

1)要緊急安全確認大規模建築物

病院、店舗、ホテルなど不特定多数の人が利用する建築物、学校、老人ホーム等の避難弱者が利用する建築物、危険物貯蔵場のうち、大規模なもの

(診断結果の報告期限|平成27年12月31日)

 

2)要安全確認計画記載建築物(沿道建築物)

地方公共団体が指定する沿道建築物で、道路幅員の概ね1/2以上の高さのもの

※名古屋市内は第一次緊急輸送道路が義務付け対象路線に指定されています。

(報告期限は平成31年3月31日です)

沿道建築物イメージ
 
 

 

 

 

 

 

(画像はお借りしました)

 

 

3)要安全確認計画記載建築物(防災拠点建築物)

庁舎や避難所などの防災拠点建築物

耐震診断の結果

Ⅰ:大規模の地震の震動及び、衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険性が高い

Ⅱ:大規模の地震の震動及び、衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険性がある

Ⅲ:大規模の地震の震動及び、衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険性が低い

となっています。

 

「構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性の評価の結果」の「1.0≦Is/Iso」で、「0.3≦CT・SD≦1.25」などその他の規定を満たしていれば、Ⅲになります。(倒壊する危険性が低い)

 

※大規模の地震とは、震度6強から7に達する程度の大規模の地震をいいます。

※いずれの区分に該当しても、違法建築物や劣化が放置されたものでなければ、震度5程度の中規模地震に関しては倒壊するおそれはない

 

このリスト、見ていくと結構おもしろいので、ご紹介します。

(資料は愛知県のHPより、お借りしました)

 

【体育館(一般公共の用に供されるもの)、ボーリング場、スケート場、水泳場その他これらに類する運動施設】

201742221453.jpg

【病院、診療所】

201742221712.jpg

上飯田は、建て替えるまで行かない方がいいかも(>_<)

【劇場、観覧場、映画館、演芸場】

201742221855.jpg

【集会場、公会堂】

201742222050.jpg

名古屋市公会堂は弱いんですね~。耐震改修をするということなので、良かったです。

【百貨店、マーケットその他の物品販売業を営む店舗】

201742222348.jpg

名鉄ビルや近鉄ビル、やっぱり弱いから建替るんですね~

下の写真は、2027年のリニア開通に合わせて作られる予定の完成予想図。

201742223316.jpg

201742223555.jpg

丸栄も弱いですね~。

【ホテル、旅館】

201742223931.jpg

先月行ったばかりの、サンプラザシーズンズも耐震性は低いんですね。これから耐震改修するらしい。

写真撮っておいて、よかった。

【博物館、美術館、図書館】

201742224310.jpg

【飲食店、キャバレー、料理店、ナイトクラブ、ダンスホールその他これらに類するもの】

201742224455.jpg

【理髪店、質屋、貸衣装屋、銀行その他これらに類するサービス業を営む店舗】

201742224652.jpg

よく申請を出しに行く堀内ビルは、まあまあいいみたいです。中日ビルは、弱いから建替るんでしょうね。

【自動車車庫その他の自動車又は自転車の停留又は駐車のための施設】

201742225036.jpg

中央水産ビルの駐車場、以前停めたことあるなあ。確かに古くて危なそうだった。

【保健所、税務署その他これらに類する公益上必要な建築物】

201742225256.jpg

【幼稚園、小学校等】

201742225518.jpg

20174222582.jpg

あの有名な陽明幼稚園、弱いみたいですね。建て替えるんだったら、安心ですね。

20174223059.jpg

20174223247.jpg

【老人ホーム、老人短期入所施設、福祉ホーム、保育所その他これらに類するもの】

20174223446.jpg

【危険物の貯蔵場又は処理場の用途に供する建築物】

20174223624.jpg


2017313225957.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

大地震を起こす可能性がある「主要活断層帯」|今回新たに16箇所追加

日本には約2000の活断層があります

201722302649.jpg

日本の陸地・周辺には約2000の活断層があります。

その中でも、大地震を起こす恐れがあり優先的に調査する必要がある活断層を「主要活断層帯」と呼んでいます。


【目次】

1.「活断層」とは?

2.その中でも「主要活断層帯」とは?

3.今回、新たに「主要活断層帯」が16追加されました

4.愛知県周辺の活断層


活断層とは?

地面をずっと掘り下げていくと最後は硬い岩の層にぶつかります。

この岩には沢山の割れ目があり、通常はお互いしっかりかみ合っていますが、ここに「大きな力」が加えられると、割れ目が壊れてずれます。

 

この壊れてずれる現象を「断層」活動といい、そのずれた衝撃が震動として地面に伝わったものが「地震」です。

 

そして「断層」のうち、数十万年前以降に繰り返し活動し、将来も活動すると考えられる断層のことを「活断層」といい、日本では約2000箇所、発見されています。

その中でも「主要活断層帯」とは?

その2000近くある活断層の中で、

  • 地上に現れた断層の長さが20キロ以上
  • 地形の特徴などからみて、活断層である可能性が高い
  • 断層の活動の度合いが高いもの

について、「主要活断層帯」と呼び、97箇所指定をしています。

この「主要活断層帯」は、将来「阪神大震災」のような直下型地震を引き起こす恐れがある為、地震が発生する確率を推計する作業などが行われています。

今回、新たに「主要活断層帯」が16箇所が追加されました

97箇所の「主要活断層帯」に今回さらに16箇所が追加され、日本全国の「主要活断層帯」は113箇所となりました。

その位置について、分かりやすい画像をお借りして、添付します。

201722303424.jpg

20172230342.jpg

201722303339.jpg

愛知県には「主要活断層帯」は、元々設定されてないようですね。

東海地方に近い所では、山梨県から静岡県にのびる糸魚川ー静岡構造線断層帯の南側にある「身延断層」でしょうか。

愛知県周辺の活断層

201722316195.jpg

愛知県周辺には「主要活断層帯」はありませんが、「活断層」は、随分沢山あります。(画像をクリックすると、少し拡大されます)

 

 

愛知県内では「主要活断層帯」の指定はされなかったことにホッとしながらも、「地震に強い建物」を造る重要性を、改めて感じました。


無料設計相談.jpg

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

A i 設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

糸魚川の大火を見て|延焼のおそれのある部分|建築基準法

20161223131345.jpg

 

今日の糸魚川の大火は、衝撃でした。映画の「吉原炎上」みたいに、現代でこんなに火災が延焼してしまうこともあるんだ、とびっくりしました。

22日の10時半頃通報があって、結局鎮火したのは、午後の8時50分。10時間近く燃えたって、恐ろしい。

燃えた住宅や商店などは約140棟、約7万5千平方メートルが延焼して、744人の方が避難されたそうです。

(その後の23日の新聞で、焼けた住宅や商店などは約150棟に上ると発表。22日よりも10棟増えた。一方、約7万5千平方メートルとしていた延焼の恐れのある範囲を改めて確認したところ、実際に焼けたのは約4万平方メートルだったと明らかにした)

 

延焼のおそれのある部分(通称:延焼ライン)

建築基準法第2条第6号で、もし火事になっても他の家に燃え広がらないように、建物を建てる際には法律で取り決めがあります。

>隣地境界線、道路中心線又は同一敷地内の2以上の建築物(延べ面積の合計が500㎡以内の建物は、1の建築物とみなす)相互の外壁感の中心線から、1階にあっては3m以下、2階以上にあっては5m以下の距離にある建築物の部分をいう。ただし、防火上有効な公園、広場、川等の空地若しくは水面又は耐火構造の壁その他これらに類するものに面する部分を除く。

※ここでいう「公園」とは、いわゆる「どんぐり広場」のような小さな公園は含まれないので注意。都市公園のような公園だけです。

2016122304452.jpg

(「ここまで使える木材」さんより画像をお借りしました)

名古屋市でいうと第一種低層住居専用地域は法22条なので、延焼ラインにかかっている外壁を「準防火構造」にする必要があり、例えば室内側へ9.5㎜以上の石膏ボードを貼るなど、色々な取り決めがありますが、開口部などは、普通のサッシで問題ありません。延焼ラインにかかっていなければ、外壁を木材などにすることも出来ます。

準防火地域、防火地域は、延焼ラインにかかっていると、準防火地域で、外壁、軒裏は「防火構造」にする必要があり、外壁の開口部で延焼のおそれのある部分には、防火戸その他の政令で定める防火設備を設けなければなりません。網が入っているガラスが、防火設備です。

建築基準法で火災が燃え広がらないように色々取り決めがあるのに、ここまで広がってしまったのは、なぜなんでしょう?

今日の糸魚川の火災も、「ガラスがパン!と割れた」と言っていました。築80年くらいの古い建物が多かったようなので、建築基準法適用前の建物が多かったのかもしれませんね。

飛び火により広がった

20161223160.jpg

所々、燃えていない鉄筋コンクリート造の建物があり、そこで延焼が止まっているかといえばそうでもなく、今日の糸魚川周辺は、南から日本海へ向かう風がかなり強かった為、「飛び火」により、延焼が広がったようです。「飛び火」って怖いですね。

建築基準法では、火災が発生した場合、火の粉により火災が広がらないように、防火の規定があります。

防火と耐火の違い

※屋根の防火性能→外側からの火を防ぐ

→近隣の火災による火の粉などで、炎が室内に達するような亀裂や燃え抜けが生じないこと。延焼のおそれがある火災が生じないこと。

※耐火性能→建物の内部で発生した火災を、一定時間外部へ出さないこと。その建物が倒壊しないこと。

飛び火認定

防火地域、準防火地域、法22条地域ともに、屋根は不燃材料で葺いてあれば問題ありません。

ある一定の基準を満たさない場合、飛び火認定をとっている材料を使う必要があります。大屋根は、彩色スレート板(通称カラーベスト)や瓦などの不燃材料を使う事が多いので、大抵問題ありませんが、例えばルーフバルコニーなど下に部屋があるバルコニーの床は屋根扱いになるので、「飛び火認定」を受けている材料を使う必要があります。(DR認定。DRで始まる品番)

結構、建物が密集していて、かつ前面道路もあまり広くは無かったようなので火が移りやすく、古い建物が多かったので、今の規準を満たさない建物が多かったんですかね?

避難するように言われて、まさか自宅が全部焼け落ちてしまうとは思っていないので、カバン一つ持って避難所へ向かった方もいらっしゃるようです。ぜーんぶ、燃えてしまったなんて、これからどうされるんだろう・・政府から補助でも出ないと、生活出来ないですよね。

電気やガスも止まってしまったらしいです。

一日でも早く復旧することを、心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

京都市美術館|設計者:前田健二郎

先日訪れた、京都市美術館について調べてみました

201612601721.jpg

【京都市美術館】

京都市京都府の岡崎公園にある美術館で、すぐ前に「平安神宮」があります。

201612921956.jpg

20161277161.jpg

1933年(昭和8年)開館。1928年(昭和3年)に京都で行われた昭和天皇即位の礼を記念して計画が始まったため、当初は大礼記念京都美術館という名称だったそうです。

建築概要

  本館 別館
敷地面積 24,331m2
構造 鉄筋コンクリート2階建 鉄筋コンクリート一部鉄骨
建築面積 4,657m2 892m2
延床面積 9,349m2 1,967m2
陳列面積 5,039m2 916m2
展示室数 24室 2室
総壁面長 1,832m 372m

 

  収蔵庫 事務別棟 美術教室
建築面積 1,465m2 274m2

377m2

  ※ロームシアター京都の敷地内にあるため算定不能

 

内部の様子

内部は撮影禁止なので、入口の扉の写真を一枚。装飾が見事です。

20161292223.jpg

正面入口を入った所のイメージは、丁度、名古屋市役所の内部に似ていると思いました。

201612922237.jpg←名古屋市役所内部

トイレ入口ホール前の写真

天井の装飾が見事で、近くにあったソファに座って、しばらく見とれてしまいました。

201612922742.jpg

20161292299.jpg

201612922934.jpg

 

設計者は前田健二郎さんです

前田健二郎(まえだけんじろう) 

明治25年福島生まれ、昭和50年83歳で逝去

東京美術学校出身の建築家で、はじめは逓信省に勤務。戦前の数々のコンペに入選し「コンペの前健さん」の異名を取る。
戦後もモダニズムとは一線を画した作品を造る。紫綬褒章、日本芸術院賞、勲三等瑞宝章受賞

というすごい方です。

京都市美術館は「日本趣味を基調とすること」というコンセプトでコンペが行われ、一等をとった前田健二郎の設計図案を基に造られました。(京都市営繕課と共同)

岡田信一郎の教え子で、岡田の弟・捷五郎とコンビを組んで、 神戸市公会堂および早稲田大学大隈記念講堂のコンペでも1等入選を果たしています。(両方とも実施はされていないようです。)

【主な作品】
武州銀行浦和支店(1927、埼玉)、資生堂化粧品部・パーラー(1928、銀座)、資生堂本社(1929、銀座)、風雲堂本社(1931、東京)、日本生命台北支店(1933、台湾)、高島屋日本橋店(1933、東京)京都市美術館(1933、京都) 野依辰治邸(1934、東京)、共立講堂(1934、東京)( 実施されなかった大隈講堂コンペ案に手を加えたものらしい)、日興証券本社(1937、東京)、武州銀行川越支店(1938、埼玉) 川越市商工会議所、熱海富士屋ホテル(1951、静岡)、共立女子学園(1953)、共立講堂改修(1953)(火災後)、私学研修福祉会館(1958、東京)、自転車会館新館(1961、東京)、千疋屋(1961、銀座)、黒沢ビル(1963、銀座)、妙本寺釈迦堂(1964、鎌倉)、正則学院総合体育館(1965、東京)

当時の設計図です。

「京都市美術館」の掲示板へ貼られていた設計図書の一部です。現在、建物図面はそのほとんどをCADで描くことが多いのですが、昔の図面は手描きです。この図面から、当時の建物に対する熱意が伝わってきます。

201612923122.jpg

この図面を描くのは、きっと楽しかったに違いありません。

 

 

 

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

ミサワホームを子会社化|トヨタホーム|中日新聞より

ミサワ+トヨタが、業界2位になるらしい。

20161123192159.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建てのお問い合わせはこちら

博多駅前の道路陥没|ホントに怖いですね~

今日は朝から、テレビで信じられないような映像が流れていた。

道路が大きく陥没して、そこへ吸い込まれるように、電柱や標識、信号が呑み込まれていく。

映画のワンシーンか、はたまた海外の映像かと一瞬頭をよぎったが、「博多駅前」と聞いてびっくり、本当に驚いた。

朝、早かったので、けが人が出なかった事は、奇跡に近いと思います。

 

セブンイレブンが入っているビルは大丈夫なんだろうか

基礎や杭が見えてるけど、建物は大丈夫なんだろうか?

杭は、摩擦杭でないことを祈る。

20161181519.jpg

今地震がきたら、と思うと怖いですね。

 

しばらくすると、水が溜まって池みたいになっていて、街中にある光景とはとても思えない。

すると、ポンプ車みたいなのが登場して、水たまりに何かを入れ出した。

2016118234247.JPG

細い管が2本。土にスレートって言ったかな?(セメントの聞き間違いでした)を混ぜた物を入れているらしい。

 

この様子を見て、「暖簾に腕押し?・・・ぬかに釘?・・・沼に杭?」

気が遠くなるような作業に思いますが、時間かければ固まるんですかね?

 

古地図によると

この辺りは、古地図によると、川に挟まれた田畑で、湿地帯だったとか。

元々、地盤が弱かったらしいです。

 

地下鉄の延伸工事が原因との事です。

土木の事はよく分かりませんが、陥没したところは、シールド工法という部分とナトム工法という部分のつなぎ目のところらしいです。

延伸工事自体は、大成建設さんと他数社のJVらしい。今回のことで大成建設さんの株が急落してるとか・・

(実際にはどこが工事したのかはまだ分かってない)

名古屋は大丈夫なんだろうか?

名古屋も地下街や地下鉄が沢山あるので、大丈夫なんだろうか、と不安になりますよね~

夕方のニュースでは、名古屋もナント!年間500件くらい、陥没が発生しているらしい。

え~?!そうなの?!

しばらく地下街に行くのは、やめておこうかな・・

 

とにかく、これだけ大きな陥没で、けがをされた方がいなくて、本当に良かったです。

 

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建てのお問い合わせはこちら

12年前の設計|新築マンション|HERMITAGE2005

12年前に設計をした、新築マンションの施工例を書き直しました。

最近、ちょっと入居者様離れが進んでいる!とオーナーさんからお聞きしたので、多少でもお力になれれば!という思いです。

少しずつ、この建物の魅力をお伝えしたいと思います。

 

とりあえず、少し分かりやすく記事を書き直したので、見てやって下さい(^^)/

 

downwardright 画像をポチッとお願いします。

2016118095.jpg

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

 

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建てのお問い合わせはこちら