ホーム>Ai設計室ブログ>山内智恵ブログ>良書のご紹介|インテリアコーディネーターになった人が読む本

良書のご紹介|インテリアコーディネーターになった人が読む本

良書のご紹介です。

「インテリアコーディネーターになった人が読む本」著者:坂野民枝(ばんのたみえ)さんです。

201911230473.jpg

かわいい挿絵のこの本は、どちらかというと「プロ向け」の指南書です。

私もインテリアコーディネーターの資格は持っていますが、「設計」が本職なので、

「インテリア」のご提案の際は、インテリア一本でお仕事をされている方にはかないません。

 

そんな「自己流に今までやってきたけど、これでいいのかな?」とか、

「クロスまでは選ぶけど、カーテンはカーテン屋さんにお任せしてしまったり、

カーテンだけインテリアコーディネーターさんに入って貰ったり」と、

カーテンの提案に今ひとつ自信が持てない、プロのあなた。

 

もしくは、まだインテリアコーディネーターになったばかりで、

教えてくれる先輩が近くにいない、新人のインテリアコーディネーターさん。

 

そんなあなたにきっと役立つ指南書です。

さて、著書の「坂野民枝さん」は、

私が24歳で設計事務所に入った時から知っている方です。

(三井ホームという取引先で、長らく一緒にお仕事をさせて頂きました)

今は沢山のご経験を活かして後輩を育てるべく、力を注いでいらっしゃいます。

 

坂野さんの理念の

「次の世代のインテリアコーディネーターに、私が今持つものを伝えていきたい」

という想いで、書かれています。

 

次の世代を担う、若手のインテリアコーディネーターさん、または

私のような「設計」が本職のインテリアコーディネーターさん、

ぜひ仕事場の傍らにおいて、インテリアに迷ったら手に取ってみてください!

きっとあなたの右腕になること、間違いなしです!(^^)/

 

下記ポチっとすると、アマゾンへ飛びます!


2019112223315.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ai-designroom.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/498