ホーム>Ai設計室ブログ>2019年6月

「寄り添う家」オープンハウスを開催します。

201962464917.jpg

●場    所         愛知県日進市
●開催日          2019/06/27(木)、06/28(金)
●開催時間      10:00~17:00


このたび、お客様やそのご家族の温かいご理解とご協力により、オープンハウスを開催させて頂く事になりました。

特に、敏腕の職人さん方のお仕事ぶりが、素晴らしい家になっています。

お引き渡し前のオープンハウスになります。
ご興味のある方は是非ご覧になってください。


「寄り添う家」
母屋の庭に寄り添うように建てられた、ご夫婦と育ち盛りの男の子3人の家。
敷地の南にある都市公園を取り込んで、限られた敷地を目一杯使い、お互いの生活を気遣えるような
距離感をイメージしました。


母屋の「和」と公園の「緑」に溶け込むような、しっくいの壁と天然木の素材を使いました。
カフェテイストのインテリアでまとめた内装は、奥様が好きな淡いカラーでまとめています。
サッシは断熱性、防犯性にも優れた、樹脂サッシ(APW330)を使用。
地震に強い2x4構造を採用し、耐震等級3および長期優良住宅を取得。


限られた敷地を有効利用した、設計事務所と工務店のコラボだからこそ出来る家造りを、
この機会にぜひご覧下さい。


※ご見学は完全予約制とさせていただきます 。

   ご来場をご希望の方は、下記連絡先までお願い致します。


施工:株式会社 未来工務店
0120-26-0358


設計監理:Ai設計室株式会社
担当:山内
tel: 080-3618-3611

mail:chie@ai-designroom.co.jp


2019218225826.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の女性建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社

〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

2019219151044.jpg

2019219151110.jpg

2019219151130.jpg

2019219151155.jpg

2019219151224.jpg

2019219151241.jpg

「日本ツーバイフォー協会」の機関誌に掲載して頂きました。

日本ツーバイフォー建築協会の機関誌に、掲載して頂きました。

201969194711.jpg

201969194739.jpg

 


2019218225826.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の女性建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社

〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

2019219151044.jpg

2019219151110.jpg

2019219151130.jpg

2019219151155.jpg

2019219151224.jpg

2019219151241.jpg

 

wallstat編セミナーと【省エネ塾】|構造塾(5/18)

先日、いつも通っている「構造塾」、wallstat編セミナーと【省エネ塾】の体験受講の為、大阪へ行ってきました。

20196122849.jpg

今よくテレビやネットで流れている実物大の耐震実験(Eーディフェンスというんだそうです)は今後、wallstatにとって代わられていくらしいです。

今後?リフォームでも使えるらしいし、無料でダウンロード出来るので、覚えておいて損はないと思います。

ただ使いこなすのに知識が必要な為、こういう講習会などを利用する必要があります。

 

下はwallstatを動かしている様子です。

うまく動くかな?

201951864235.MOV

 

五重塔の解析も出来ます。

上の方が揺れているだけで、思った程揺れなかったのは面白い。

201951864611.JPG

続いて午後は省エネ塾です。

まずは基本的な事からです。

むかーし昔、試験を受ける際に覚えましたが、遠い記憶です。

2019526221059.jpg

実際に熱貫流率の計算をします。

201952622129.jpg

防蟻防腐剤が注入された胴縁を使用する場合、界面活性剤が溶け出し、透湿防水シートに影響を与えるらしいので、注意が必要だというお話。→

2019526221254.jpg

その他に、今回「寄り添う家」で迷いに迷った屋根の通気層。

屋根を充填断熱にして、室内側へベーパーバリアを施工した場合、屋根の外の通気層は不要と聞いていたけど、外壁と同じで通気層は取った方が良いとの事。

確かに、外壁より屋根面の方が太陽の熱の影響を受けやすい為、外壁でやっているなら屋根も必要というお話に、納得。

まだ瓦の場合は桟木があるのでマシだけど、特にガルバの屋根などはスキマがないので、通気層は必須だそうです。

(下記、一点鎖線はベーパーバリア)

201961215944.jpg

今回はお試しコースへの参加でしたがとても勉強になり、充実した一日でした。

今年はちょっと無理ですが、本格的コースも検討中です。

 


2019218225826.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の女性建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社

〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

2019219151044.jpg

2019219151110.jpg

2019219151130.jpg

2019219151155.jpg

2019219151224.jpg

2019219151241.jpg