ホーム>Ai設計室ブログ>刺激を受けたこと>平成最後の仕事

平成最後の仕事

今日で平成は最後ですね。

朝から皇室の特番がテレビで流れ、いよいよ今日で平成は終わりなんだと、実感が沸いてきました。

 

そして平成の最後は、打合せで仕事を終えました。

2019430212923.jpg

平成5年から「設計事務所」に勤め始め、本格的な「設計」という仕事を始めて、早、四半世紀。

 

当時はまだ結婚3年目で、将来、設計の仕事は内職にも出来るかなくらいの、軽い気持ちで始めた仕事です。

最初の頃は定時で帰り、サラリーマンだった元夫の休みにも合わせてもらえたので、土日も休みでした。

 

でも、この仕事、はまるんですよね~

それに、何としてでも私は「手に職」が欲しかった。

 

消費税が3%~5%に上がる際の駆け込み受注が多かった頃から深夜残業が続き、朝5時に帰って、1時間寝て、7時に家を出る。睡眠時間、週で8時間ということもあったなーとか。

 

仕事と家庭のバランスが崩れる中、元夫は何も言わずに仕事をさせてくれた事には、今でも感謝しています。

 

それから資格の取得、27歳からまずはリフォームの設計から任せてもらえるようになり、

29歳の終わりくらい?から新築の設計もやらせてもらえるようになって、一級の試験を受ける頃には、

家の仕事とのバランスは崩れに崩れてしまった(>_<)

 

あの頃は「あとちょっと、あとちょっと」という気持ちで仕事や試験に臨んでましたが、

必死だったから仕方ないけど、周りが見えてなかったかな。

 

そして、平成最後に感銘を受けた言葉「上野千鶴子先生の東大入学式祝辞

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。」

 

この設計という仕事を、商業高校しか出ていない私が四半世紀も続けてこられたのは、「励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれた」環境のお陰だなと、つくづく感じます。

この事を忘れないように、令和も仕事に励みます。

 

ただ令和は、働き方改革も考えて、自分の生活も大事にしていこうと思います。

一人暮らしが長いと、自分の生活が適当になってしまうんですよね~。

気を付けよう。

201943022434.jpg


2019218225826.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の女性建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社

〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

2019219151044.jpg

2019219151110.jpg

2019219151130.jpg

2019219151155.jpg

2019219151224.jpg

2019219151241.jpg

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ai-designroom.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/482