ホーム>Ai設計室ブログ>設計監理記録(施工日誌)>寄り添う家(仮)|造作テレビボードと階段下収納|0427

寄り添う家(仮)|造作テレビボードと階段下収納|0427

さてさて、今日からいよいよ巷では10連休です。

巷では10連休ですが、小さな設計事務所はそうも言っていられないので、馬車馬のように働きます。

今日はお天気は良好ですが、風が異常に強くて、春物の服では寒い寒い。

事務所から現場へ行く道中のハナミズキ、きれいに咲いていますが、風にあおられて大きくしなってました。

2019427201128.jpg

寄り添う家、現場へは出来る限り通っていますが、ブログはついつい後回しになってしまうので、急に現場が進んだようなイメージに見えると思います。

また連休の合間を縫って、少しずつ遡ってアップしていきます。

 

今日は造作のテレビボードの打合せでした。

ご主人が遠方に単身赴任中なので、なるべくラインで詰めておいて(グループライン、超便利です)それから打合せを進めていますが、やはり対面だと色々ご要望が出てきます。

これで対面2回目ですが、やっと今日でまとまりました。

2019427201550.jpg

私はJWWで下絵を描いて、これを元に打合せをして、家具屋さんに本格的な図面を起こしてもらってます。

こうすると、比較的齟齬がなく、スムーズに進むと思います。

 

そして、今日は階段がほぼ出来上がっていました!

大工さんが座っている所は、本当は塞ぐ予定でしたが、お客様からぜひ有効利用したいということで、

ここもスペースとして使うことになりました。

箱階段は見た目は普通ですが、階段下を有効利用出来るので、人気が高いです。

2019427201756.jpg

階段の高い部分はもともと有効利用するつもりでしたが、そこの壁を吊るのに、大工さんが1トンまで持つ在来用の金物を使って、うまく吊ってくれました。

2019427202014.jpg

ヘェ~、こんなのあるんだね、と写真をぱちり。

寄り添う家の大工さん、まだお若い大工さんですが、手が早いので、あっという間に出来上がっていきます。

うかっとしてると、見逃し満載なので、なるべく通ってます。

 

この連休中も前半はお仕事してくれるそうで、「私達は回遊魚みたいに、常に動いてないと、死んじゃうもんね~」といいながら、現場を後にしました。


2019218225826.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の女性建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社

〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

2019219151044.jpg

2019219151110.jpg

2019219151130.jpg

2019219151155.jpg

2019219151224.jpg

2019219151241.jpg

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ai-designroom.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/481