ホーム>Ai設計室ブログ>2017年4月

採光が必要な居室について

採光が必要な居室について

20174261685.jpg

そもそも、建築基準法でいう「採光」って何?

普通に窓から入ってくる光とは違うの?というご質問にお応えします。


【目次】

1.建築基準法でいう「採光」とは

2.「居室」とは?

3.「居室」にあたらない部屋

4.愛知県の基準はどうか

5.必要な窓の面積

6.採光に有効な窓の計算方法


建築基準法でいう「採光」とは?

「採光」というと、日当たりを想像しますが、実際には太陽光が入るのに、

建築基準法では「採光」に有効な窓とはならない場合があります。

 

ここでいう「採光」は天空光を指していて、北側で一日中日が当たらない窓でも、

条件を満たせば「採光に有効な窓」となります。

 

「居室」とは?

居住・執務・作業などのために、継続的に使用する室のことをいいます。

一般的な具体例として、

  • 住宅のリビング、ダイニング、応接室、寝室、子供室、書斎など
  • 寄宿舎の寝室、リビング、ダイニング
  • 事務所の事務室、会議室、役員室、守衛室
  • 病院の病室、診察室、ナースステーション、待合
  • 物品販売業の売り場、事務所、休憩室
  • 工場の作業室、事務所、研究所、当直室
  • ホテルのロビー、映画館の客席、飲食店の客席

などのことを指します。

「居室」にはあたらない部屋

では逆に、「居室」にはあたらない室にはどのようなものがあるのでしょうか?

具体例として、

  • 住宅の玄関、廊下、ホール、階段、トイレ、洗面室、浴室、納戸
  • 事務所の倉庫、機械室、車庫、更衣室

などが挙げられます。

愛知県の基準はどうか

微妙な言い回しで、判断に迷うことがあります。

愛知県では、このような取り決めをしています。


「居室」の取扱い(平15.10 [改正]平22.12 平29.4)


(1) 「居室」には、居間、寝室、台所、応接室、書斎、店舗の売場、工場の作業所、当直室、会議室、待合室、
観覧席等が含まれるが、次に該当する場合は、建築基準法上の「居室」としては取り扱わない。


① 共同住宅の管理人室で面積が小規模で、防災盤等のみが置かれている場合(住宅若しくは控室が併設され
ている場合又は駐車場の管理が行われる場合は除く。)
② 共同住宅のコインランドリーで居住者のみが利用する場合
③ 診療所(患者の収容施設がないものに限る。)のX線室及びその操作室、暗室。(いずれも小規模なものに限
る)
④ 住宅の台所で次の各号に該当する場合
イ.調理のみに使用し、食事等の用に供しないこと。
ロ.床面積が小さく(4.5畳程度)、他の部分と間仕切等で明確に区画されていること。

⑤ サウナ室で次の各号に該当する場合
イ.浴室やプールの一部分に附属施設として設置される小規模なものであること。
ロ.浴室やプール全体(脱衣室等、用途上一体となった部分を含む。)として、その他の屋内部分と防火区画
されており、避難上支障がないものであること。


(2) 「居室」に該当しないものとしては、玄関、廊下、階段室、便所、手洗所、浴室、物置、納戸等がある。

しかし、公衆浴場の脱衣室、浴室は「居室」に該当する。


【参考】 愛知県建築基準法関係例規集より

 

必要な窓の面積

住宅の居室では、その部屋の床面積の1/7以上の開口部(窓等)が必要になります。

 

例えば6帖の部屋だったら、約9.94㎡/7=1.42㎡

掃き出しの窓が、幅1.6x高さ2mだとして、3.2㎡、 

1.42㎡≦3.2㎡でOK、となります。

 

その「採光に有効な窓」の計算方法に決まりがあって、窓をつければ全て有効になると言うわけでは

ありません。

 

採光に有効な窓の計算方法

部屋に窓を付けたとしても全て「採光に有効な窓」にはならない、とお話をしました。

必要なのは、隣地境界までの距離です。

簡単に図で説明します。

2017430223445.gif

Dが隣地(または建物)までの距離、Hが窓の中心の高さになります。

用途地域によって採光補正係数というのが決まっており、下記になります。2017430223618.jpg

特に縦に長い土地などで、真ん中部屋を設ける場合、中庭を設けるなどの工夫が必要です。

2017430223831.jpg


201761182325.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

愛知県建築基準法関係例規集|講習会|国際会議場

愛知県建築基準法関係例規集|講習会|国際会議場

2017419232029.jpg

愛知県建築基準法関係例規集 平成29年版 第8版が出まして、名古屋の国際会議場で説明会が行われました。


【目次】

1.平成23年度版からの改定

2.建築(新築、増築、改築、移転)の定義

3.参加人数が減ったような・・


平成23年度版からの改訂

平成15年版以降、建築基準法の改正による構造規定の強化、適判の導入、建築確認審査の厳格化、建築士法の改正、瑕疵担保履行、長期優良住宅などを受け平成23年度版が発刊、6年ぶりの改訂、ということになります。

前回は桜色みたいな色だったので、通称「さくら本」とか言われていたみたいですが、今度は薄いグレーが買った水色です。

「みずいろ本」とか、呼ばれるんだろうか?

2017419233946.jpg

 

 

建築(新築、増築、改築、移転)の定義

内容的にはそれ程大きな改訂は無かったように思います。

印象に残った内容として、

  • 「移転」とは、曳家移転のみを指し、解体移転は原則として移転に該当しない。
  • 建築物を別棟として取り扱う例 
  • 吹抜に面した採光の取扱について(今までは室内窓が無ければ有効だったような気がしたが、基本的にNG)
  • 接道長さの取り方 道路後退部分も含むことや、敷地の二方向に接する場合は、斜めでとる、など

 

参加人数が減ったような・・

20174210048.jpg

この時間帯はまだ早かったので人数もまばらですが、実際に、100人くらいだったかな?

昔、例規集の説明会というと、もう少し人が集まったような気がする。

ただ、そんなに劇的に変わるところもないので、それほどの重要性を感じないのかもしれません。

 


2017313225957.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

家からシェアハウスへ|リノベーション|構造の確認

家からシェアハウスへ|リノベーション

201748134148.jpg

在来木造の住宅をシェアハウスへリノベーション。

既設建物の構造の確認をしてきました。


【目次】

1.昭和53年に新築した建物

2.小屋組の確認

3.2階の床の確認

4.基礎の確認

5.耐震改修の際、参考にした書籍


昭和53年に新築した建物

今回リノベーションをする建物は、昭和53年(1978年)に新築されました。

昭和53年ということは、旧耐震基準になります。

(新耐震基準は昭和56年|1981年に制定)

 

20174819268.jpg

(画像はお借りしました)

 

旧耐震基準の建物は、中地震(震度5強程度)に耐えるように設計されていて、大地震(震度6強から7)に対するチェックはされていません。

 

本当は耐震診断等をして、それ相応の補強をするのが望ましいです。

 

今回はご予算等の関係により耐震補強はせず、現況をチェックして、抜いてはいけない柱等を確認しました。

小屋組の確認

201748161358.jpg

小屋組の様子です。天井を一部開けてもらって、脚立にのって背伸びして確認しました。

 

約40年前の建物にしては、部材もきれいですし、雨漏り等の跡もありません。

 

地鎮祭の際の「棟札」が掲げられています。

この棟札をみると、40年前の建物に携わった方々の「想い」みたいなものを感じます。

 

201748162649.jpg

棟木を支える束の下には、しっかりした松丸太の小屋梁が入っていました。

その松丸太を支える大きな梁が間口一杯に飛んでいて、その下の柱、壁はかなり荷重を受けているようなので、

その下の柱や壁は大切にすることにしました。

2階の床組

20174816473.jpg

1階の天井の一部をめくってもらったので、2階の床組の確認も出来ました。(全体ではありませんが)

上に見えているのが2階の床、下に見えるのは、1階の天井です。

小屋裏からの荷重が2階のどの柱に伝わって、2階の床梁に伝わり、そして1階のどの柱へ

伝わっているかを確認しました。

 

基礎の確認

201748165253.jpg

基礎はブロックではない基礎でしたが、無筋基礎のようです。(人通口の開口より)

住宅基礎が鉄筋コンクリートが主流となったのは、昭和56年の新耐震の翌年、昭和57年の住宅金融公庫の標準仕様の改訂以降からなので、この頃の基礎が無筋基礎というのは、結構普通に見られます。

今回は敷地の外側からみることが全く出来ないので、2箇所ほど床に穴をあけてもらって確認しましたが、

特にひび割れ等は無いように見えました。

20174817284.jpg

土台に関しては防腐防蟻処理がしてあり、居室の床には防湿シートが貼られていました。

なので、床下は比較的乾燥していて、じめじめした感じはありませんでした。

ここの基礎もひび割れ等はしておらず、全体的にきれいでした。

耐震改修の際、参考にした書籍

今回は耐震改修はしませんが、以前、耐震改修をさせて頂いた際に参考した書籍です。

「愛知県木造住宅耐震改修マニュアル」

20174818852.jpg

無筋コンクリート基礎を有筋にする方法もこちらにかかれています。

その他、よくテレビでもやっていますが、アラミド繊維シートや炭素繊維シートを巻く方法もあります。

 

床水平構面を構造用合板に替える方法などは、実際には胴差しへ掛ける必要があるので、

全部めくってしまわないと、なかなか耐震性をアップさせることは難しいです。

 

(こちらの書籍は、愛知県建築士事務所協会にて購入出来ます。)

 

今回は耐震補強はしませんが、必要な柱を取ってしまわないようなチェックをさせて頂きました。

全部めくってしまう訳ではないので、確認にはかなりの時間を要します。

今回も2時間くらいかけて部材を確認し、図面へ落とし込んで、上部構造からの力の流れを確認しました。

 


2017313225957.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

愛知県の大規模建築物|耐震診断の結果が発表されました

大規模建築物の耐震診断結果

2017411211537.jpg

愛知県の大規模建築物について、耐震診断の結果が発表されました。


【目次】

1.愛知県内の大規模建築物の耐震化率

2.新耐震以前の建物が対象

3.耐震診断の結果報告が義務付けられている建築物

4.耐震診断の結果


愛知県内の耐震化率

愛知県内の耐震化率は、公共建物で97%、民間の建物で42%となり、民間の建物は耐震化が遅れているようです。

 

耐震をする為には、工事中休業したり、費用が高額だったりする為、なかなか思うようにいかないようです。

先月3/28、大規模建築物の耐震診断結果が発表されました。

 

耐震化率が低い建物で、行ったことがある建物や、聞き慣れた建物がありました。

 

その全部の建物ではないですが、確かあそこの建物は、間口が飛んでいる割には柱や梁が細かった、というようなことだったり、すごく外壁が汚れていたり、錆びた鉄筋がむき出しになっていたり、またはRC部分にひび割れが見受けられたり、など納得出来る部分があります。

新耐震以前の建物が対象

平成25年の「建築物の耐震改修その促進に関する法律」の改正により、大規模建築物の耐震診断をして、報告することが義務付けられました。

 

新耐震以前とは、昭和56年5月31日以前のことをいい、それより前に新築の工事に着手された建築物のうち、不特定多数の人が利用するような建物が対象になります。

 

20174819268.jpg

(画像はお借りしました)

 

例えば、病院、店舗、ホテル、美術館、小学校、幼稚園、老人ホーム、などで、地震に対する安全性を緊急に確かめる必要がある、大規模なものです。

大規模とは、美術館、病院などは階数3以上かつ5,000㎡以上、老人ホームなどでは、階数2以上かつ5,000㎡以上、小学校では、階数2以上かつ3,000㎡以上が対象になります。

 

そして、現行の建築基準法の耐震規定に適合しない全ての建築物について耐震診断を行い、必要に応じて耐震改修を行うことになりました。

耐震診断の結果報告が義務付けられている建築物

大きく3つに別れています。

1)要緊急安全確認大規模建築物

病院、店舗、ホテルなど不特定多数の人が利用する建築物、学校、老人ホーム等の避難弱者が利用する建築物、危険物貯蔵場のうち、大規模なもの

(診断結果の報告期限|平成27年12月31日)

 

2)要安全確認計画記載建築物(沿道建築物)

地方公共団体が指定する沿道建築物で、道路幅員の概ね1/2以上の高さのもの

※名古屋市内は第一次緊急輸送道路が義務付け対象路線に指定されています。

(報告期限は平成31年3月31日です)

沿道建築物イメージ
 
 

 

 

 

 

 

(画像はお借りしました)

 

 

3)要安全確認計画記載建築物(防災拠点建築物)

庁舎や避難所などの防災拠点建築物

耐震診断の結果

Ⅰ:大規模の地震の震動及び、衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険性が高い

Ⅱ:大規模の地震の震動及び、衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険性がある

Ⅲ:大規模の地震の震動及び、衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険性が低い

となっています。

 

「構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性の評価の結果」の「1.0≦Is/Iso」で、「0.3≦CT・SD≦1.25」などその他の規定を満たしていれば、Ⅲになります。(倒壊する危険性が低い)

 

※大規模の地震とは、震度6強から7に達する程度の大規模の地震をいいます。

※いずれの区分に該当しても、違法建築物や劣化が放置されたものでなければ、震度5程度の中規模地震に関しては倒壊するおそれはない

 

このリスト、見ていくと結構おもしろいので、ご紹介します。

(資料は愛知県のHPより、お借りしました)

 

【体育館(一般公共の用に供されるもの)、ボーリング場、スケート場、水泳場その他これらに類する運動施設】

201742221453.jpg

【病院、診療所】

201742221712.jpg

上飯田は、建て替えるまで行かない方がいいかも(>_<)

【劇場、観覧場、映画館、演芸場】

201742221855.jpg

【集会場、公会堂】

201742222050.jpg

名古屋市公会堂は弱いんですね~。耐震改修をするということなので、良かったです。

【百貨店、マーケットその他の物品販売業を営む店舗】

201742222348.jpg

名鉄ビルや近鉄ビル、やっぱり弱いから建替るんですね~

下の写真は、2027年のリニア開通に合わせて作られる予定の完成予想図。

201742223316.jpg

201742223555.jpg

丸栄も弱いですね~。

【ホテル、旅館】

201742223931.jpg

先月行ったばかりの、サンプラザシーズンズも耐震性は低いんですね。これから耐震改修するらしい。

写真撮っておいて、よかった。

【博物館、美術館、図書館】

201742224310.jpg

【飲食店、キャバレー、料理店、ナイトクラブ、ダンスホールその他これらに類するもの】

201742224455.jpg

【理髪店、質屋、貸衣装屋、銀行その他これらに類するサービス業を営む店舗】

201742224652.jpg

よく申請を出しに行く堀内ビルは、まあまあいいみたいです。中日ビルは、弱いから建替るんでしょうね。

【自動車車庫その他の自動車又は自転車の停留又は駐車のための施設】

201742225036.jpg

中央水産ビルの駐車場、以前停めたことあるなあ。確かに古くて危なそうだった。

【保健所、税務署その他これらに類する公益上必要な建築物】

201742225256.jpg

【幼稚園、小学校等】

201742225518.jpg

20174222582.jpg

あの有名な陽明幼稚園、弱いみたいですね。建て替えるんだったら、安心ですね。

20174223059.jpg

20174223247.jpg

【老人ホーム、老人短期入所施設、福祉ホーム、保育所その他これらに類するもの】

20174223446.jpg

【危険物の貯蔵場又は処理場の用途に供する建築物】

20174223624.jpg


2017313225957.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg

 

今日から4月です|今年度も宜しくお願い致します。

201741122536.jpg

 

今日から新年度ですね~(^^)/

1年経つのは早いっ!

今年度はもう少し仕事の幅を広げて、色々なことにチャレンジしたいと思います。

引き続き、宜しくお願い致します。


 

2017313225957.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai設計室株式会社 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

201741020016.jpg

20174102072.jpg

201741020818.jpg

201741020945.jpg

2017410201018.jpg