ホーム>Ai設計室ブログ>2017年1月

長年住んだお家に、ホームエレベーターを増設する場合|確認申請

家をご新築した当時は想像もつかなかったことだけど、お家を建てて20年、30年経つと

ご家族の状況、お体の状態も変わってきます。

だんだん、2階に上がる階段を昇るのがつらくなってきた。

エレベーターがあると楽なのになあ。

 

何年か経ったお家にエレベーターを付ける際、確認申請関係はどうなるかというお話です。


【目次】

長年住んだお家に、ホームエレベーター(昇降機)を増設するケース

エレベーター(昇降機)の申請は、どうなるか

構造的な補強

懐にやさしい金額になってきてます


長年住んだお家に、ホームエレベーター(昇降機)を増設するケース

20171312038.jpg

元々床があったところへエレベーターを設置するので、「増築」にはなりません。

2階部分は床を抜いて吹抜を造り、昇降路にしますが、この部分は「減築」にはなりません。

床面積に含まれるので、こちらも床面積の増減は無し、ということになります。

ただ、昇降路部分は「容積率の緩和」の対象になるので、マンション等で高層の場合、かなり有利になってきます。

エレベーターの申請は、どうなるか

木造2階建ての住宅のような4号建築物の場合、エレベーターの申請は不要です。(増設の場合)

2号になってくると(例えば、木造の住宅で3階建ての場合など)エレベーターの申請が別途必要になってきます。

4号建築物でも、新築の場合は、エレベーター(昇降機)の確認申請は、併願申請にする必要があります。

構造的な補強

ロープ式の場合、上から吊る形になるので、2階の天井部分へ梁が必要になってきます。

あと、1階の床下のスペースを確認する必要があります。

(通常の床下より、多少高さが必要です)

懐にやさしい金額になってきてます

数年前に比べて、ホームエレベーターはかなり金額的にも「懐にやさしく」なってきてます。

最初にプランする際、「将来のエレベーターの位置」を気にしておくのも、ポイントの一つかもしれません。

ただ実際は、そんなに気にしなくても何とかなってしまうので、問題はありません。

 

201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

既存不適格建築物の制限緩和|建築基準法

2017129231511.jpg

既存不適格建築物の制限緩和の条文について、掘り下げてご説明します。

法86条の7 既存の建築物に対する制限の緩和

条文には、こんな形で書かれています。(一部省略)

 第3条第2項の規定により、

「第20条、第26条、第27条、第28条の2,第30条、第34条第2項、

第47条、第48条第1項から第13項まで、第51条、第52条第1項、第2項若しくは第7項、

第53条第1項若しくは第2項、第54条第1項、第55条第1項、第56条第1項、

第56条の2第1項、第57条の4第1項、第57条の5第1項、第58条、

第59条第1項若しくは第2項、第60条第1項若しくは第2項、第60条の2第1項若しくは第2項、

第61条、第62条第1項、第67条の3第1項若しくは第5項から第7項まで又は

第68条第1項若しくは第2項」

の規定の適用を受けない建築物について政令で定める範囲内において増築、改築、

大規模の修繕又は大規模の模様替(以下、「増築等」という)をする場合

第3条第3項第三号及び第四号の規定にかかわらず、これらの規定は適用しない。

各条文について

適用を受けない建築物について、条文を分かりやすく書きます。

・第20条(構造耐力)→高さが60mを超える建築物、

              木造3階建て以上又は延べ床500㎡超えで高さが13m、軒高9m超えるもの

              木造以外で2階建以上、延べ床200㎡超えで、RC階数4,高さが20mを超えるRC又はSRC

・第26条(防火壁)

・第27条(耐火建築物等としなければならない特殊建築物)

・第28条の2(石綿その他の物質の飛散又は発散に対する衛生上の措置)

・第30条(長屋又は共同住宅の各この界壁)

・第34条 第2項(非常用昇降機)

・第47条(壁面線による建築制限)

・第48条 第1項~第13項まで(用途地域)

・第51条 (卸売市場等の用途に供する特殊建築物の位置)

・第52条 第1項、第2項若しくは第7項(容積率)

・第53条 第1項若しくは第2項 (建ぺい率)

・第54条 第1項(外壁の後退距離)

・第55条 第1項(建築物の高さの限度)

・第56条 第1項(建築物の各部分の高さ)

・第56条の2 第1項(日影)

・第57条の4 第1項(特例容積率適用築内における建築物の高さの限度)

・第57条の5 第1項(高層住居誘導地区)

・第58条(高度地区)

・第59条第1項 若しくは 第2項(高度利用地区)

・第60条第1項 若しくは 第2項(特定街区)

・第60条の2 第1項 若しくは 第2項(都市再生特別地区)

・第61条(防火地域内の建築物)

・第62条第1項(準防火地域内の建築物)(外壁及び軒裏)

・第67条の3 第1項 若しくは 第5項から第7項まで(特定防災街区整備地区)

・第68条第1項若しくは第2項(景観地区)

の適用を受けない建築物について、「増築等」をする場合、これらの規定は適用しない。

既存不適格建築物と違反建築物の違い|建築基準法

【目次】


・既存不適格建築物とは?

・そのまま、使っていいの?

・違反建築物とは?

・どんな時に適合させるのか?

・既存不適格建築物に対する制限緩和の条文について

・建築基準法 第3条(適用の除外)第2項

・建築基準法 第86条の7(既存の建築物に対する制限の緩和)


既存不適格建築物とは?

元々建っていた建物を、ちょっとリフォームしたり、増築したりする場合、法律的にどうなの?と迷う事があると思います。

まず、昔のお家(建物)は、適法になるかどうか、というお話です。

既存不適格建築物とは、現に存する、又は工事中は適法だったが、その後の法改正やによって、現在の法律に適合しなくなってしまった建築物のことです。(建築当時、確認申請が通って完了検査を受け検査済証が発行されている建物が該当します)

※改正前の従前の規定に適合していなかったものは違反建築物として取り扱われます

2017122192229.jpg

既存不適格建築物は、そのまま使っていいの?

既存不適格建築物を、そのまま継続して利用する場合は、特に問題ありません。(合致させる必要はない)

例えば、クロスを張り替えたり、古くなったキッチン・浴室・洗面などを入れ替えるだけの場合、

継続して利用する、に該当します。

違反建築物とは?

違反建築物は、既に建てた当初から当時の法律に適法していない場合と、建てた時は適法していたのに、その後の増築等で違反となった場合があります。

「違反建築物でない状態」を確認する方法は、建物を建てた当時の「確認済証」と「完了検査済証」が必要になります。

昔は、確認申請だけを通して、完了検査を受けていない建物が多くありました。完了検査を受けていない建築物は既存不適格ではなく、確認申請した図面と異なる建物を造っている可能性があり、それはすなわち、違反建築物である可能性が高いと言えます。

違反建築物は既存不適格と違い、現在の法令に適合していないことはもとより、建てた当時の法律にも適合していない建物になります。そうすると、現行法規に適合していないことは勿論、建てた当初から当時の法律にも適合していない建物になります。従ってこの種の建物はこの状態のままでは、増改築の申請はできません。

こういった様々な問題を解決するためには、建物を「違法ではない状態」にする必要があります。

「違法ではない状態」というのは、建物を建設したときの法律に適合している、あるいは現行法規に適合しているということを、法的に証明されている状態のことをいい、一般的に完了検査済証が必要になります。違法建築の物件を、違法ではない状態にしなければならなくなったときには、その時点での現行法規に則った改修を行うことが必要になります。

どんな時に適合させるのか?

1.既存不適格状態にある建築物について、増築、改築、大規模修繕・大規模模様替等を実施する場合

  →原則として建築物全体を現行規定に適合させることが必要です。(原則既存部分も遡及適用されます)

   しかし、遡及しなければいけない部分は計画の内容によって様々な緩和があります。

2.既存不適格状態にある建築について、一定の用途変更を実施する場合

  →法令で定められた規定について現行規定に適合させることが必要です。

    現行の法令に全て適用する必要もなく、それについて、法87条で取り決めています。

既存不適格建築物に対する制限緩和の条文について

・法第3条第2項 (適用の除外)

・法第86条の7 第1項~第3項 (既存の建築物に対する制限の緩和)

・法第87条 (用途の変更に対するこの法律の準用)

・令第137条~137条の15 (既存の建築物に対する制限の緩和等)

建築基準法 第3条(適用の除外)第2項

(条文を引用します)

この法律又はこれに基づく名利若しくは条例の規定の施行又は適用の際

現に存する建築物若しくはその敷地又は現に建築、修繕、若しくは模様替えの

工事中の建築物若しくはその敷地がこれらの規定に適合せず、又はこれらの

規定に適合しない部分を有する場合においては、当該建築物、建築物の敷地、

又は建築物若しくはその敷地の部分に対しては、当該規定は適用しない。

(要するに、建築基準法令の規定を受けない建築物をいう)

→内容については、後日詳しく書きます。

建築基準法 第86条の7(既存の建築物に対する制限の緩和)

法86条の7は、法第3条第2項の規定を適用しない「範囲」を定めたものです。
→こちらも内容については、後日詳しく書きます。

 


201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこち

後悔しない!土地探しのポイント|目次

2017224123349.jpg

2017224123414.jpg

2017224123436.jpg

2017224123459.jpg

2017224123521.jpg

後悔しない!土地探しのポイント|その5|東海湖の上にある名古屋市

【目次】


  1. 650万年前~500万年前まで、名古屋は湖の中にあった
  2. 東海湖の変遷
  3. 名古屋台地の出現
  4. 名古屋城は名古屋台地に
  5. 大名古屋ビルヂングの地盤補強
  6. 東海湖は地震が起きたらどうなるか
  7. まとめ

      (全体の目次へ戻る)


201712003728.jpg

名古屋市~知多半島、四日市、伊勢湾にかけて、「東海湖」という大きな湖の中にあったというお話です。

1.650万年前から500万年前まで、名古屋市は湖の中にあった

後悔しない!土地探しのポイント|その4|古代の海岸線」の記事で、

6000年前は、現在の大垣市付近まで、海だったんですよ~、というお話をしました。

更にもっと歴史を遡って、650万年前から500万年前くらいまでは「東海湖」というとても大きな湖がありました。

その大きさは、名古屋市がすっぽり入ってしまうような大きさです。

今では、全く想像もつかないですね。

その後の地殻変動などで、現在のような地形になりました。

2.東海湖の変遷

20171212032.jpg

「東海湖」が最も大きかったのは、矢田川期の500年前~300年前で、現在の琵琶湖の5倍近い大きさだったことが分かっています。それから、徐々に徐々に移動して、80万年前に三重県の桑名の西の方に、残骸を残して消えていったようです。

では、現在の琵琶湖はというと、伊賀上野の小さな湖が、どんどん北上して現在の位置になり、現在も北上を続けているので、50万年後には日本海へ抜けていくという説もあります。

そのぐらい、地殻はどんどん変わっていくんですね。

3.名古屋台地の出現

2017121202546.jpg

その後東海湖に土が堆積したり、一部が隆起し(東海層群)、更にその「東海層群」の上に、「海部・弥富累層」が重なり、「熱田層」が重なります。その上に「沖積層」が重なって、現在のような形になっています。

201712123657.jpg

「沖積層」とは、最終氷期最盛期以降に堆積した、約2万年前の比較的新しい地層で、あまり強い地盤とは言えません。

4.名古屋城は名古屋台地に

名古屋城は、地盤が丈夫な「名古屋台地」に建てられています。

織田信長が造った清洲城を、徳川家康の時代に名古屋へ移したのは(清須越し)、清須は木曽川や海に囲まれているので、治水に悩まされていたことからだと言われています。1586年の天正地震の際にも、清洲城はかなりの被害を受けたそうです。

5.大名古屋ビルヂングの地盤補強

上部の地図でも分かるように、名古屋駅周辺は沖積層の上にあり、都市開発が進んでいます。

どんどん「背の高いビル」が建っていますが、大丈夫なんでしょうか?

そこで、最近出来たばかりの「大名古屋ビルヂング」の地盤補強について調べてみました。

201712123753.jpg

これをみると、高層部の支持杭底面は、地盤面より70m下の「東海層群」のすぐ上に堆積した、「海部・弥富累層」という頑丈な地盤へ打ち込まれていることが分かります。70mの杭って、相当深いですね。ビルにすると23階建てくらい。

硬い支持層に届くように支持杭を打ち込んでいるので、大名古屋ビルヂングは、多分大丈夫なんでしょうね。

6.東海湖は地震が起きたらどうなるか

名古屋大学の福和教授のお話です。

「500万年ぐらい昔、名古屋の辺りは全部が湖でした。馬鹿でかい東海湖と呼ばれる湖でした。この湖の中に溜まった泥の上に私たちは今住んでいます。そのため名古屋では地震が起きた時にとても怖いことがあります。それは揺れ始めたら止まらないということです。ちょうど東海湖というたらいの中にある水と同じです。たらいの中の水は1回揺れたら止まりません。だから揺れ続けるのです。揺れ続けて困るのは超高層ビルです。とても強く、何10分間も揺れ続けることになります。」

 

7.まとめ

台地の部分も昔は東海湖の底でしたが、特に揺れるのは、台地より西側にある沖積層の部分だろうと想像出来ます。

そこで私たち設計者に出来ることは、「揺れに強い」建物を造る、ということだと思います。


【後悔しない!土地探しのポイントの目次】

  1. 後悔しない!土地探しのポイント|その1|全体の流れ
  2. 後悔しない!土地探しのポイント|その2|自分達の生活をイメージする
  3. 後悔しない!土地探しのポイント|その3|土地の歴史
  4. 後悔しない!土地探しのポイント|その4|古代の海岸線
  5. 後悔しない!土地探しのポイント|その5|東海湖の上にある名古屋市

 



 

201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

後悔しない!土地探しのポイント|その4|古代の海岸線

【目次】


  1. 名古屋標高マップを読む
  2. 古代の海岸線
  3. まとめ

      (全体の目次へ戻る)


2017224124417.jpg

1.名古屋標高マップを読む

先日アップした「名古屋標高マップ」、熱田台地より西側はかなり低くなっていることが分かると思います。

201711015027.jpgのサムネイル画像

 なぜかというと、6000年くらい前まで、この辺りは海だったからです。

2.古代の海岸線

以前訪れた、「海津歴史民俗資料館より引用です。」

 

「海に面していない海岸線に、なぜ海の貝や魚を中心とした庭田貝塚や

河口部の貝や魚を中心とした羽沢貝塚があるのでしょうか。

 実は、縄文時代の初め頃は気温が高く、海面も現在より高くなっていて、

海が内陸にまで入り込んでいました。これを縄文海進と呼び、最も海面が

高くなったのは、約6000年前の縄文時代前期で、東海地方では伊勢湾が

現在の大垣市付近にまで入り込んでいたのです。

 その後、伊勢湾は後退していき、現在の海岸線が出来ますが、この海岸線

の移動をはっきりとしめしているのが、庭田貝塚や羽沢貝塚の存在なのです。」

2017116233826.jpg

3.まとめ

元々台地だったところと、海岸線が移動して出来たところは、随分高低差が違うと思います。

貝塚があるってことは、大昔はこの辺りまで海だったのね~と考えると、色々な想像が出来ますね。


【後悔しない!土地探しのポイントの目次】

  1. 後悔しない!土地探しのポイント|その1|全体の流れ
  2. 後悔しない!土地探しのポイント|その2|自分達の生活をイメージする
  3. 後悔しない!土地探しのポイント|その3|土地の歴史
  4. 後悔しない!土地探しのポイント|その4|古代の海岸線
  5. 後悔しない!土地探しのポイント|その5|東海湖の上にある名古屋市

 



 

201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

後悔しない!土地探しのポイント|その3|土地の歴史

【目次】


  1. 地盤の簡単なチェック
  2. 古地図をみる
  3. 地名をみる
  4. 遺跡をみる
  5. 活断層をみる
  6. 名古屋標高マップ
  7. まとめ
  8. 外部参考リンク

      (全体の目次へ戻る)


1.地盤の簡単なチェック

日本は、いつどこで地震が起こるか分かりません。

 

そこで今回は「地震」に的を絞って土地選びをするポイントを、建築士の観点からお伝えします。

 

特にこの東海地方は、東海地震がいつ起きてもおかしくないと言われています。

その為、地盤の強い土地を選ぶ事や、地盤に応じた建物の対策をとることは、とても重要です。

 

実際に建物を建てる前には、地盤調査を行う事が当たり前の時代になっていますが、

候補地全ての土地を地盤調査する訳にもいかないので、一般的な知識として、

簡単にチェックできる方法をご紹介します。

2.古地図をみる

201719225514.jpg

名古屋市でいいますと、昭和初期の地図をインターネットで見ることができます。

それより前の地図ですと、図書館などで調べる方法があります。

下記は、愛知県付近の江戸時代の地図です。

おおざっぱな地図ですが、海の位置や川の位置は大体分かります。

 

Ai設計は「御器所」にあるのですが、「御器所台地」の中央にあり、川や海で無いことが分かります。

熱田神宮の南側は海だったことが分かります。

やはり元々「海」だったところや「川」だったところは、地盤が弱いです。

お城は地盤が丈夫なところへ造ることが多いので、この地図を見ても、それが分かります。

 

3.地名をみる

地名には、古い歴史が隠されている事が多いです。

最近は町の統廃合や大規模開発などにより、古い地名が失われてしまう場合もありますが、

地名により、その土地の由来の手掛かりにはなります。

 

例えば、Ai設計がある「御器所」。

「御器所」は熱田神宮に献ずる土器を造っていたところから「御器所」という地名がつけられたそうです。

ということは、あまり水とは関係がないようです。

 

地盤が弱いところというのは、低地を埋め立てたような所、例えば「窪」「谷」「溝」などの地名がつく

ところや水を連想させる「さんずい」が付く地名「沢」「河」「池」は、弱い可能性が高いです。

4.遺跡をみる

例えば先程お話しした「城」があるような場所というのは、地盤が強い場所が多いです。

昔の人はよく知っていて、名古屋城は平地にありますが、すぐに水につかったり、地震で

壊れたりするような場所にお城は建てません。

 

その他には笠寺観音のある「見晴台遺跡」。ここは太古の昔から人々が暮らしているので

約2万年前の石器や、縄文時代、弥生時代のものまで出土しています。

と、いうことは、昔から海ではなく、台地だったことが分かります。

 

この辺りを車で通ると、坂道のてっぺんに笠寺観音があって、さらに北へ行くと、

新瑞橋の方に向けて下っていきます。

昔の地図をみると、笠寺観音附近は島状になっているので、そこからも現在の土地の形状について

納得がいくのです。

5.活断層をみる

まだまだ発見されていない活断層もありますが、新しい活断層がどんどん発見されています。

現在検討されている土地が、活断層の上にないかどうか、調べておきましょう。

真上の土地だと、やはりリスクが高いですよね。

6.名古屋の標高マップ

これをみると、昔どこが台地だったか、よく分かります。名古屋駅周辺も、低いですね。

 

201711015027.jpg

 

7.まとめ

「土地選びのポイント:土地の歴史」はいかがでしたでしょうか。

土地の歴史について、他にもまだまだありますので、引き続きご紹介します。

8.外部参考リンク

今昔マップ(全国)

今昔マップ(中部圏)  ← 昔、海だったのか川だったのか分かります。

活断層(名古屋) ← 名古屋市内の活断層。2,3年前に発見されたものです。

 名古屋高速の下を活断層が通っていることが分かり(全部ではありませんが)衝撃でした。

活断層(国土地理院)


【後悔しない!土地探しのポイントの目次】

  1. 後悔しない!土地探しのポイント|その1|全体の流れ
  2. 後悔しない!土地探しのポイント|その2|自分達の生活をイメージする
  3. 後悔しない!土地探しのポイント|その3|土地の歴史
  4. 後悔しない!土地探しのポイント|その4|古代の海岸線
  5. 後悔しない!土地探しのポイント|その5|東海湖の上にある名古屋市

201711322843.jpg

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

伊勢神宮参拝|安倍総理|蓮舫民進党代表

お伊勢さんの参拝に行って参りました。

201714212547.jpg

(めずらしく写真撮って貰ったので、小さくアップ。ほっぺたに手をあてているのは、相変わらず首が痛い為)

伊勢神宮の近くに行く程、警察の方の警備が重々しい雰囲気。今日は、内閣総理大臣の伊勢神宮参拝の日らしい。全く知らずに、たまたま遭遇)

外宮|蓮舫民進党代表

最初外宮へ寄った所、沢山の人だかりが!すると、ナントSPに囲まれた蓮舫さんがいらっしゃるではありませんか!

このときは、前の方に行けなかったので、遠目から写真を撮る。皆さんと握手をされていました!

201714213751.jpg

内宮|行き|蓮舫民進党代表

内宮へ行くときにも、ちょうどお帰りになられる蓮舫さんに、ばったり遭遇!

こんどは近くへ行くことが出来たので、右手でハイタッチ!してもらいました。

蓮舫さん、小さくて、細くて、おきれいでした~(右手、洗わんとこ)

201714214122.jpg

内宮|帰り|宇治橋|安部内閣総理大臣

午後からは総理大臣がいらっしゃるとは聞いていましたが、多分時間的にお会い出来ないだろうと思っていたら、ちょうど宇治橋のところで、いらっしゃるところでした。

蓮舫さんの時とは少し雰囲気が違っていて、マスコミのカメラの数も半端ない。警備もきちんと縄を張られてしまったので、とてもハイタッチが出来る雰囲気ではない。

でも、ホントにすぐ近くを通られたので、「安部さ~ん」と声援を送ったら、こちらを向いて、手を振ってくださいました!

いや、絶対私の方を見た!と思いたい!

いや、安部さんかっこいいわ~♡すっかり興奮気味。

201714214725.jpg

伊勢神宮参拝後の会見

その後のyahooニュースより、引用。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4日午後、伊勢神宮参拝を終えた安倍総理が年頭の会見を開いた。

 安倍総理は、今年の干支である「酉」について、「郵政解散」があった2005年、55年体制が崩壊、自身も初当選した1993年、佐藤栄作総理が“沖縄解散“に打って出た1969年、終戦の年である1945年を引き合いに「(酉年は)しばしば政治の大きな転換点となってきた」と指摘。今年は世界で大きな変化が起きることが予想されるとして「先の見えない時代、大切なことはぶれないこと。これまでの軸をしっかりと貫いていくことだ」と述べた。

 その上で、「経済最優先で、鳥が大空が翔けるように颯爽と、デフレ脱却に向け金融政策、財政政策、成長戦略の三本の矢を撃ち続ける」「鳥の目のように世界地図全体を俯瞰して積極的な外交を展開する」とした。

 また、一生のうちに200万キロ以上を飛ぶ渡り鳥もいることを紹介。「渡り鳥は誰に助けてもらうわけでもなく、自分たちの力で飛ぶ。私たちの未来もまた、人から与えられるものではない。子や孫の代のため、日本人自らの手で、未来を切り拓いていくその気概が今こそ求められてる」として、「デフレ、少子高齢化、安全保障環境などに、困難な課題から目を背けることは出来ない。(日本国憲法が公布された)70年前の先人たちに倣って、今を生きる私たちも課題に真正面から立ち向かう。未来に向かって“新しい国づくり“を始める時」「安倍内閣は“新しい国づくり“を本格的に始動してまいります。20日から始まる通常国会は“未来を拓く国会“。この国の未来を拓く1年とすることを強く決意した」と訴えた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「渡り鳥は誰に助けてもらうわけでもなく、自分たちの力で飛ぶ。私たちの未来もまた、人から与えられるものではない」の

お言葉に、感動~~!

ハイ、ハ~イ!私、酉年生まれ、年女で~す!頑張りま~す!みたいな。

 

いや~、今日は感動的な一日でした。伊勢神宮に行ったのに、伊勢神宮の写真がほとんど無くて、すみませんでした。

 

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom

住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

謹賀新年・2

201712124650.JPG

 

謹賀新年!

今年は年女なので、酉の小物が増えました。

中央の「開運」の干支の飾りを頂きました~(^^)/

皆様にとってケッコーな一年になりますように!

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら

謹賀新年

新年、あけましておめでとうございます。

本年も、どうぞお願い致します。

2016122901756.jpg

(伊藤若冲:日出鳳凰図)

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

Ai designroom 住所:〒466-0006 愛知県名古屋市昭和区北山町3-12

電話:052-731-3317 FAX:052-731-9353

新築マンション、新築戸建、リノベーションのお問い合わせはこちら

施工記録や日常を綴ったブログはこちら