ホーム>Ai設計室ブログ>2016年6月

アンコールワットへのみち|名古屋市博物館

先日、ぎりぎりになって観に行ってきた「アンコールワットへのみち」のお話です。行こう行こうと思いつつ、すっかり忘れていたのですが、誘ってくれる人がいたので思い出して急いで行ってきました。

20166230726.jpg

石造の展示がメインでした

上の広告のイメージから、世界遺産のアンコール・ワットの展示なのかと思っていたのですが、8世紀以前の小国乱立の時代(プレ・アンコール時代)から、アンコール・ワットが繁栄した時代までを、その彫刻美術を展示することで、たどっていくものでした。「インドシナに咲く神々の楽園」というサブタイトルから、楽園のような展示のイメージしていたので、ちょっと地味だった。

実は、こういうのをイメージしていた。

201662222320.jpg

アンコール・ワット様式は12世紀から

2016622223042.jpg

2016622223151.jpg

9世紀のクレーン様式から始まって、アンコール・ワット様式は12世紀くらいだそうです。意外と新しいんだなという印象です。それにしても、建物と一緒で、やっぱり年代によって、様式があるんですね。

印象に残った彫刻をご紹介します

2016622223212.jpg

プラジュナーパーラミター(般若波羅密多菩薩)10世紀後半|砂岩

ほとんどの像が砂岩で出来ているので、柔らかいせいか、腕はとれてしまっている。「パーラミター」が仏教だと「波羅密多」になるんだ~、と感心。すごくやさしそうな、お姿ですね。

2016622223222.jpg

ガネーシャ

ガネーシャはシヴァとパールヴァティーの息子で、富と知恵、あるいは障害を取り除く神だそうです。なんで象の頭かというと、パールヴァティーがお風呂に入っているところを見張るように言われていたガネーシャは、シヴァが入ろうとしたときに止めたんだとか。その時、ガネーシャはそれがお父さんだとは知らなかったんだそうで。それを激怒したシヴァは、ガネーシャの首を切り落として遠くへ投げ捨ててしまいます。後にそれが自分の息子だったと知って、首を探しにいくのですが見つからず、そこで旅の最初に出会った象の首をくっつけたんだとか。実際にあったとしたら、すごい話だな~と、感心。

 

2016622223229.jpg

シヴァ

こちらがそのシヴァ神。額に第3の目が刻まれている。

2016622223236.jpg

ガルーダ

ヴィシュヌという神様の乗り物。聖鳥ガルーダ。単純に私の干支がトリなので、印象に残った。

2016622223245.jpg

アルダナーリーシュヴァラ

シヴァとパールヴァーティーの合体神。右半分がシヴァ神で、左半分はパールヴァーティー。シヴァ神側には、第3の眼が半分、額に刻まれている。この頃から、プリーツスカートってあったんだなと、変なところに感心。

まとめ

結構沢山の展示で、ひとつひとつ見ていくと時間がかかりました。見に来ている人は、若い女性も多かったのが印象的でした。「アンコールワット」ついての展示は珍しいのでは、と思います。カンボジア方面の歴史に触れることが出来ました。仏教につながっていくところも、興味深かったです。

 

 

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

無料設計相談会に参加します|三井ホーム

無料設計相談会に参加します 
皆様お気軽に会場にお越しください


三井ホーム建築家による

個別設計相談会 
 

開催日:6月12日(日)

時  間:13時~17時(ご予約優先。事前のご予約をお勧めします。)
   
  ご予約、お問い合わせは下記フリーダイアルまで!   



●お問い合わせはコチラまで●

 TEL : 0120-40-6131
 
 

「決算書の見方」|2回目|経営者の集まり:同友会

先々週参加させて頂いた、「決算書の見方」学習会の、本日は2回目の講義についてです。

一回目の記事はこちら→「決算書の見方を勉強してきました

20166523833.jpg

今日の内容は、「主要数値の把握、資金について」です。

自己資本比率

自己資本/負債・資本合計で出します。会社がつぶれやすいかどうかがこの数値で分かるそうです。

どうも売上をあげればいいというものではなく、利益もきちんと出すようにしないと、いけないそうです。当たり前のようで、難しいのかも。

流動比率

流動資産/流動負債で出します。会社の短期的な支払い能力を見るんだそうです。

回収出来ない売掛金がないかどうか、チェックが必要。

売上高経常利益率

経常利益/売上高で出します。

だんだん、訳が分からなくなってきて、何だか気分が悪くなってきた・・・

総資本経常利益率

経常利益/総資産で出します。

Ai設計は点数悪いし、だんだん疲れてくる。

その他

収益フロー、経常利益増加率、自己資本額、売上高、債務償還年数、について、学びました。

この数字を出したところで、今後どうしていけばいいのか分からず、何だかめまいがしてきた。

何となく、部屋の空気が淀んでいるように感じる。

まとめ

Ai設計の顧問税理士さんは「とにかく売上を上げることだけ考えていればいい」とおっしゃるのですが、どうもそうではなさそうです。

一番会社のお金を分かっているのは、顧問税理士さんなので、色々質問するといいですよ、との事です。今度、突っ込んで聞いてみようと思います。思ったような回答が得られなかったら、税理士さん変えたほうがいいと、セミナーでは教えられました。

「遠慮は貧乏のモト」だそうで、どんどん聞いた方がいい。

「数字に興味を持つ」領収書の管理も、税理士さんに渡す前に自分で整理しているので、これだけでも結構手間がかかります。その上で、全体を把握しなければいけないんですね・・・

色々な方からご指導を頂く内容としては、とにかく利益が出ないように、色々と、する訳です。あ、脱税ではないですよ。きちんと必要な物を買ったりして、調整するんだけど、結局、そうすると、財務の「成績」が悪くなってしまう。Ai設計、点数つけたら、ほとんど0点で、どうしたらいいのか、訳が分からなくなりました。

100万利益が出たら、目安として、税金30万だそうです。

やっぱり、もったいないよね。。。

それに、私達の仕事は「夢」を形にする仕事なので、あんまり売上売上っていうのもどうかと思ったりします。

今度、顧問税理士さんに、今後どうしたらよいのか聞いてみよう。

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵

経済センサス・活動調査|インターネットで回答しました

今回で2回目となる「経済センサス・活動調査」の回答をしました。(平成24年が第1回)

2016630028.jpg

対象者

全ての事業所、企業が対象になります。

大企業だけではなくて、うちのような零細企業もぜーんぶ対象になります。

回答の方法は

調査員さんが、事務所まで「調査票」を持ってきてくれるので、その用紙に回答してもいいのですが、「インターネット」での回答も可能なので、私はインターネットにしました。

2年前は、うっかりインターネット回答の時期を逃してしまって、調査票に記入する形で回答しました。調査票に回答した場合は、回答した頃を見計らって来てくれる調査員さんに手渡すのですが、やっぱり情報漏洩が気になるので、今年は、しっかりインターネットで回答しました。(情報が漏れることは絶対ないそうですが)

(インターネットの回答は、6/7までです。)

昨年度の売上額や経費等、きちんと入力しないといけないので、ここでも「決算報告書」を見ながら、回答しました。

何に使われるのか

パンフレットによると「あなたの暮らしや身近な地域、そして日本の「未来」のために役立てられます。」

とあります。

しっかり売上の額や、従業員数なども記入するので、どの業種が儲かっていて、雇用が増えているとか、そんな事が分かるんでしょうかね。

 

平成29年に結果が出るらしいです。アベノミクスの効果なども分かるかもしれません。建築業界全体としては、どんな結果になっているのか、楽しみですね。

 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計*山内智恵