ホーム>Ai設計室ブログ>2015年1月

0131:プチリフォーム

ねこたちのブーイングの中、やっと天井を塗り始めました
ちょこっとリフォームするだけで、大変です

34



帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!
名古屋の建築家はAi設計

0116:プチリフォーム

プチリフォームのはずが、プチでは無くなってきて、
湯沸かし室も塗り直すことに

 


居場所がないうちのスタッフ
P1140607blog



帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

 

名古屋の建築家はAi設計

0113:プチリフォーム

先日から少しづつ、事務所のプチリフォーム中です。

築26年の建物なので、クロスもはがれてくるし、なんとなく黒ずんでいる・・・

まずは壁の塗り直しから!
写真は、クロスを一部剥がしているところです。

家具を動かすだけでもかなり大変です。


1週間後をお楽しみに~

P1140542bぉg



帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!名古屋の建築家はAi設計

0107:住宅着工戸数

建築士会からの情報誌より。

「新設住宅の着工戸数」

平成26年10月 対前年同月比で分譲住宅(27.1%減、1076戸)、貸家(12.8%減、1907戸)、持家(31.4%減、1718戸)はいずれも減少し、全体では23.0%の4753戸になりました。

ということです。

確かに、秋頃から仕事がガクンと減ってきたなあ・・・

アベノミクスで、早く景気が回復しないかなあと願う、今日この頃です。

P1140441blog


帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計

0105:初えびす

今年も、名古屋の熱田神宮にある、上知我麻神社(かまちかまじんじゃ)の「初えびす」に行ってきました
今年は、仕事始めと初えびすが重なったからか、会社関係の方が特に多かったような気がします
本当は夜中の零時に行くのが一番御利益があるらしいんですが、相当混むらしいので、午前中の早めの時間に行ってきました。

まずは熱田神宮で中まで入れて頂いて、参拝してきました。

その後のおみくじでは、「小吉」 なんと2か月前に引いたおみくじと全く同じ5番。「・・・待てば海路の日和あり」だそうな。

その後、初えびすに

こちらのおみくじは「末吉」。「・・・石の上にも3年」
だいたい毎年「中吉」を引くことが多いんですが、今年のおみくじは、どうもあまり良くない

これはまずい。運気を上げなければ

毎年「福熊手」だけ買うんですが、これだけだと、福をかき集めるだけらしい

IMG_57082blog
と、いうことで、今年は奮発して、「福箕(ふくみ)」も買ってみました。
IMG_57083blog

福熊手で福をかき寄せ、福箕で福をすくい上げます おお、完璧じゃないですか
IMG_57081blog

これで、今年は商売繁盛間違いなし


帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計

0104:木造マンション

今後、マンションも木造の時代が来るかもしれません
林野庁が「CLT工法」というものを、普及させようとしているらしいです。
CLT工法とは、どうも柱が無い、パネル工法のようなものみたいです。90~210mm程度の厚みで、断熱性に優れ、それ自体が構造体になるようです。
確かにパネルを組み立てれば良いだけなので、熟練工でなくても施工しやすいのかもしれません。
2016年度中に住宅メーカーでも建てられるようにする計画らしいので、一戸建てにも対応出来るようにするのかもしれません。ただ、どのくらい設計の自由度があるのかは、疑問ですが・・・
RCのマンションもかっこいいですが、木造のマンションというのも、暖かみがあって住みやすそうです。
林野庁が取り組んでいるので、どんどん普及するかもしれませんね。


以下、中日新聞より(参考URL→4、5階建ての木造ビル普及 新技術で林業再生へ

「林野庁は二〇一六年度から、マンションなど四、五階建て木造ビルの普及に乗り出す。現在は施工例が少ないが、CLT工法と呼ばれる新たな建築技術を活用すれば、鉄筋コンクリート造りと同等の丈夫なビルを建てられるという。国産材の需要を増やし、林業再生につなげる狙いだ。

 建築着工統計調査によると、一三年に新築された一~三階建ての建物約五十六万棟のうち、八割は木造だ。だが四、五階建てでは約五千棟のうちわずか四棟で、六階以上になるとゼロだった。林野庁担当者は「中高層ビルの木造化は技術的に難しく、これまでは国産材の利用先として想定してこなかった」と話す。

 CLT工法は一九九〇年代に欧州で誕生した。層ごとに板の繊維の向きが交差するよう重ねて接着し、分厚いパネルを生産。これを組み合わせて床や壁にする。欧州では九階建てマンションなどの建築実績を重ねている。施工が簡単で工期が短縮できるほか、断熱性も高いため林野庁は国内でも普及するとみている。

 現在はCLT工法での建築は原則として認められていないが、林野庁は解禁に向け、研究施設で強度や防火性能などをテストしている。福島県などに実験棟を建て、施工ノウハウも蓄積している。国土交通省と協力して建築基準を整え、一六年度中に住宅メーカーや建設会社が建てられるようにする計画だ。

普及に乗り出す背景には、国産材の利用が減り、森林が樹木の量に換算して毎年約一億立米増えていることがある。8秒ごとに木造2階建て住宅1棟分が増えている計算だ。林野庁は木造ビル普及で、伐採量を年間130立米増やしたい考えだ。普及への課題はコストだ。現在は木造パネルを生産出来る国内工場が3ヶ所しか無く、1立米辺りの単価は鉄筋コンクリートの約2倍の15万円。安い外国産木材との競争も予想されることから、量産体制を整え、価格を下げる方針だ。」

CLT工法のイメージです。(画像 中日新聞より)

PK2015010402100027_size0


※CLTとは、Cross Laminated Timber(クロス・ラミネイティド・ティンバー)の略で、欧州で開発された工法です。CLTは板の層を各層で互いに直交するように積層接着した厚型パネルのことです。平成25年12月20日に日本農林規格(JAS)として、直交集成板の名称により制定され、平成26年1月19日に施行されました。
 

帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!

名古屋の建築家はAi設計

0101:謹賀新年

IMG_5685blog
(熱田神宮より)

あけましておめでとうございます
本年もどうぞ宜しくお願い致します   






  帰り際にポチッとしてもらえると励みになります!